1. 「何からエイジングケアを始めればいいかわからない」その声に! 土台を鍛えるエイジングケア [PR]

2017.10.23

「何からエイジングケアを始めればいいかわからない」その声に! 土台を鍛えるエイジングケア [PR]

抱える悩みはひとつではなく複数。しかも、ストレスの状況や季節によって微妙に異なる。そんなサインをヒシヒシと感じ始めたアラサー肌が取り組むべきお手入れを、エイジングケアに詳しい岡部美代治さんとともに紐解く。

「何からエイジングケアを始めればいいかわからない」その声に! 土台を鍛えるエイジングケア [PR]
編集チーム
VOCE
by 編集チーム

Image title

Q.20代と30代の違いはどういうところに現れる?

A.「すべての代謝活動が下がります。まず、皮脂量が減り、細胞の生まれ変わりのリズムが少しずつ乱れて、角層を形成する角質細胞が生まれる時にもミスが起こり、バリア機能が衰えます。さらに保水成分セラミドの生成にかかわる肌内の酵素の働きが悪くなり、セラミド量も減少。20代に比べて肌を構成する材料が少なくなり、それを構築したり、生成するのに必要な酵素=働き手も衰えるため、肌の防御力や保湿力が低下します」

Q.そもそも肌の土台とはどこのこと?

A.土台というと真皮など肌の深層と思いがちだけど、実はもっと肌全体にかかわること。
「細胞の生まれ変わりやエネルギー産生、NMF(天然保湿因子)産生、抗酸化などが正しく行われるための"代謝力"、それを支える栄養と酸素を行き渡らせる"血管力"、トラブルがあったときに治す"回復力"の3つこそが、肌の土台。これらがきちんと働いて支え合うことで、肌を構成する部品同士の調和がとれて連携し、健やかで美しい肌に」

Q.土台を鍛えるためには、どんなケアをすればいい?

A.「肌の中で働き、健康で若々しい状態を保つためにバランスをとっているのが酵素。この酵素が働きやすい環境をつくることが代謝アップに繋がります」
ここで注目されているのがHSP(ヒートショックプロテイン)。ダメージをうけた酵素を修復する。
逆境にあったときに回復スイッチを入れるのがHSP。代謝力アップが期待できます」

Q.それぞれの肌悩みで化粧品は替えなくてはならないの?

A.「シミ、シワ、たるみと悩みが明確に絞られているなら、それぞれに特化した化粧品を使うのも手ですが、複数の悩みを抱える人がほとんど。肌本来の機能アップに着目し、さまざまな悩みにオールマイティに応えるタイプから肌に合うものを選べば、必ずしも替える必要なし

Q.何をどのくらい続けると結果が出始めるの?

A.今日、明日、1週間と短期間で結論を出すのはナンセンス。
「化粧水や美容液など各ブランドの主力アイテムを1本使い切ったうえで判断する"1本勝負"が正解。1~3ヵ月が目安で、その頃までに"今までとは何かが違う!"という手ごたえがあれば、効いている証拠。感触がなれない場合は継続使用が難しく、途中で挫折しがちなので、1本使い切れた時点で少なくともあなたの肌や嗜好とは合っていると判断して」

Q.とにかく保湿を頑張っているのに、効かないのはなぜ?

A.保湿をしているつもりでも正しくできていない可能性大!
「保湿というと水分補給だけを考えがちだけど、それでは不十分。与えた水分を肌の中にキープする成分が必要で、うるおいを逃さないことが大切です」

Q.世代によってエイジングケアは変えるべき?

A.「化粧品で叶うエイジングケアはあくまでも予防がメイン。早くから始めたほうがベターであり、保湿、抗酸化、抗炎症、UVケアが予防の手段と考えると皮膚科学的にはどの世代も同じ。ただし、ターゲットを設定してつくられているものは、その世代に合わせた成分の構成や理論が採用され、心地よい使用感を追求されているため"私の肌に合う"という実感が得られやすいのが魅力」

今も未来もキレイを叶えるために酵素に着目!
土台を鍛えると、美肌6要素が整う

私たちの肌に寄り添うスキンケア、オルビスユー。酵素に着目することで、ひとりひとりの肌に合わせた効果を発揮し、本来の美しさとみずみずしさを引き出すという、その秘密に迫る。

エイジングケアには6つの美肌要素の改善が必要!!

だからこそ肌に合わせて効果を変えてくれる化粧品なら、ひとつでエイジングケアが叶う!!

それには酵素活性が必須!!

Image title

角層中の酵素4種の活性と肌の見た目の指標を解析した結果がこちら。酵素活性が高いほど凹凸や目立つ毛穴、シワの数が少ない。つまり酵素活性を高めることが美肌のカギに!

対症的なケアではなく、根本から立て直し!

私たちは化粧品を選ぶ時、肌悩みをひとつの指標にする。ところがアラサー肌の悩みは多岐にわたるため、何を使えばいいか迷いがちだし、何をしても効きがイマイチという状況に陥りがちだ。そこで、オルビスは、肌本来の美しさを引き出す酵素に着目。透明感、なめらかさ、バリア、うるおい、キメ、ハリといった肌の見た目に重要な6つの美肌要素に深くかかわる酵素がきちんと働けるように環境を整えて土台から立て直す。そうすれば、個々の肌に合わせて化粧品が効果を変えることができ、エイジングケアまでできるから、美肌を目指せるのだ。

HSP(ヒートショックプロテイン)※配合のオルビスユーで今日から"自在"エイジングケア

オルビスユー,ブライトニングジュレウォッシュ,モイストアップローション,デイメモリーモイスチャー,ナイトメモリーモイスチャー

肌がしぼんでいるときにはハリを、くすみが気になるときには透明感を。さまざまな肌悩みの原因となる〝弱っている要素〞を見つけて、その要素に"自在"に働きかけるHSPをオルビスユーは配合。毎日のお手入れを心地よくできるようテクスチャーにもこだわり、シンプルながら肌の土台を美しく整えてエイジングケアまで。美肌要素を次々とクリアにするから、日に日に健やかに美しく。
※HSP含有酵母エキス=保湿成分

写真右から)

澄んだ肌へとやさしく磨き上げるジュレ洗顔

オルビスユー ブライトニングジュレウォッシュ 
泡立たない洗顔料は肌にやさしくフィットするジュレタイプ。蓄積した古い角質を取り除きつつもうるおいはきちんとキープし、後肌はつるんと明るくなめらかに。120g ¥1800

うるおい実感力が高くふっくらとした肌に

オルビスユー モイストアップローション
独自の高保湿成分と低分子ヒアルロン酸を配合。とろっとしたテクスチャーの液が、乾燥してゴワつく肌に吸い込まれるようになじみ、濃密なうるおいをチャージ。180ml ¥2800

保湿&UVケアの日中用2in1!

オルビスユー デイメモリーモイスチャー
日中紫外線からしっかり肌を守り、紫外線による乾燥ダメージには保湿成分、エクトインで対応。しっとりと広がり、夕方までうるおいキープ。SPF20/PA++ 30g ¥2700

形状記憶ジェルが夜の肌をホールド

オルビスユー ナイトメモリーモイスチャー
ぷるんぷるんのジェルは肌にのばすとするーっとほどけて、なじんだ後にはネットを形成。ハリ感を与え、朝までうるおいを放出し続けることで翌日の肌はもっちり。30g ¥3000

協力/オルビス 0120・050050
www.orbis.co.jp

撮影/吉田健一、デザイン/ma-hgra、取材・文/楢崎裕美

編集チーム
編集チーム

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 1月号

1月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら