1. 【イガリシノブさんが教える】ブラウンメイクで地味にならない方法

2017.10.27

【イガリシノブさんが教える】ブラウンメイクで地味にならない方法

素敵なコンサバメイクを目指して定番ブラウンを塗っているつもりでも、なんだか地味な印象になってしまう……。そんな現象を回避するべく、イガリさんがブラウンでも華やかコンサバ顔になれる秘訣を教えてくれました!

【イガリシノブさんが教える】ブラウンメイクで地味にならない方法

ブラウンアイシャドウで地味顔になっている女子へ

教えてくれるのは

Image title

◆メイクの強弱が足りていません

私たちヘアメイクも「失敗したな」と思うときは、メイクに強弱が足りないとき。衣装を着たときに「メリハリがない!」とハッと気がついたりすることもあります。

Image title

◆肌は画用紙みたいな白ではありません!あくまで“肌色”なんです

白い画用紙に塗るのとは違って、黄みのある肌にブラウンを塗ると顔がくぼんで見えてしまうので、地味顔になってしまうという落とし穴が!

Image title

◆ブラウンだけで完成させようと思わないこと

「定番のブラウンを使っていれば安心」という感じなのか、ブラウンだけでメイクを終わらせてしまって、顔に華やぎが足りていない人がとても多い。赤茶リップでボリュームを出したり、黒ラインで締めたり……といった1テクをプラスすると、ブラウンの魅力を最大限に生かせるし、華やかでメリハリのあるブラウンメイクになるんです。定番色こそ工夫して使いましょう!

Image title

撮影/菊地泰久(vale.) ヘアメイク/イガリシノブ(BEAUTRIUM) スタイリング/川﨑加織 モデル/琉花 取材・文・構成/鬼木朋子