1. 【秋のおすすめリップは?】最旬赤リップはチェリーレッド

2017.10.27

【秋のおすすめリップは?】最旬赤リップはチェリーレッド

今季のリップは、いい意味で顔への影響力が抜群。「私にはこの色しか似合わない」なんて固定観念を捨てて、新たな色に挑戦すれば、ドラマティックに変わる自分の顔、ぐっと高まるキレイに、もうワクワクが止まらない!

【秋のおすすめリップは?】最旬赤リップはチェリーレッド
鏡 ゆうこ
VOCEエディター
by 鏡 ゆうこ

個性が際立つ、効かせリップ【チェリーレッド】

特別な日のものではなく、デイリーに塗る色としてようやく認知された赤リップ。だからこそ、誰とも似ていない個性を引きだす色みで差をつけよう。

見惚れさせる唇になる究極のスターレッド☆<モデル使用色>

シャネル ルージュ アリュール ヴェルヴェット

シャネル ルージュ アリュール ヴェルヴェット 2 ¥4300(11/3限定発売)

Image title

塗った瞬間、顔がパッと垢抜ける特別な赤。モデルのように下唇だけ若干オーバーに、ラウンドぎみに塗ると可愛い!

こちらもオススメ!ダークプラムリップ♥

マークで塗り方をチェック!

Image title

唇の形を生かすきちんと塗りは、リップブラシを使って丁寧に。ほんのりぼかしを加えるポンポン塗りは、ラフに直塗りした後、指で軽くたたきこんで。直塗りは、その名の通り、唇に直接リップやグロスを塗って仕上げる。

朝から夜まで顔色万全毎日頼れる鮮やかリップ

カラーハイビジョンルージュ

カラーハイビジョンルージュ RD-1 ¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品

Image title

肌映えをよくする効果は天下一品!ナチュラルに見せたい日はポンポン塗りをプラスして唇と一体化を。

ジューシィなつやめきでちょいセクシーにキメる

Image title

DAZZSHOP ルージュ ザ フュージョニスト 02 ¥3000

Image title

ほどよく大人の色気が香り立つ、みずみずしいツヤが自慢の赤。コンタクトレンズのように薄膜で、つけている感がゼロなのも高得点。

リッチなムードがでる濡れツヤ満点リップ

Image title

ポール & ジョー ボーテ リップスティック N 301 レフィル ¥2000ケース N ¥1000

Image title

とろけるようになじんで濃密に発色。唇に潤いをホールドし、なめらかさを維持するから、秋冬も乾き知らず。

顔がイキイキ見える超マットな鮮烈レッド

Image title

メイベリン カラーセンセーショナル リップスティック C RD642 ¥1200/メイベリン ニューヨーク

Image title

従来より多くマットパウダーを配合した、パキッと発色する赤は、唇を主役にしたい日のメイクにもってこい。

まわりをハッとさせるローズみをたたえた赤

シャネル ルージュ アリュール ヴェルヴェット

シャネル ルージュ アリュール ヴェルヴェット 63 ¥4200

Image title

塗った前と後で、顔の見栄えがガラリと変わるミラクルレッド。パサつき感なくしっとりフィットする、ソフトマット感もクセになる。

万人ウケする可愛さをほわっとふっくら唇で

Image title

エスティ ローダー ピュア カラー エンヴィ シアー マット リップスティック 08 ¥4000

Image title

あえてラフに塗り、ほわっと発色させて、マットならではのふんわりとした仕上がりと、シアーな透け感を楽しもう。

ヘアメイクアップアーティスト GEORGEさんの 【+α アドバイス】

鮮やかな冒険カラーを塗るときこそ下地ケアを
「鮮やかな赤いリップを美しくつけこなすためには、ベースのコンディションを整えておくことが大切。潤いを補給してカサつきを防ぐだけでなく、素の唇のくすみを払っておくのも忘れずに!」

リアルフィニッシュ ブライトニング リップ エッセンス

リアルフィニッシュ ブライトニング リップ エッセンス SPF15/PA++ 全3色 各¥2800/カバーマーク

≪こちらもチェック!≫

【甘くなりすぎないのに可愛い】秋冬の最強モテリップ♥ローズパープルを塗り比べ
【秋冬に狙うべきピンクリップはコレ!】ネオンピンクを塗り比べ
秋冬新作リップはダークプラム!とにかく肌色がキレイに見えるんです♥【おすすめ7本塗り比べ】

撮影/押尾健太郎(人物)、金栄珠(静物) ヘアメイク/George スタイリング/MAIKO モデル/宮田聡子 取材・文/橋本日登美 構成/鏡裕子

鏡 ゆうこ
鏡 ゆうこ
VOCEビューティエディター&ライター。編集部イチのトレンドキャッチ力を誇るオシャレ番長。学生時代からVOCE編集チームでアシスタント経験を積んだ後、VOCEウェブサイトのエディターを経て現在は本誌エディターとして活動。主に、メイクやヘアページを担当。頬骨あたりがやけに乾燥する混合肌。