1. 【秋のセクシーリップ】ショコラブラウンの唇で見違える

2017.10.31

【秋のセクシーリップ】ショコラブラウンの唇で見違える

今季のリップは、いい意味で顔への影響力が抜群。「私にはこの色しか似合わない」なんて固定観念を捨てて、新たな色に挑戦すれば、ドラマティックに変わる自分の顔、ぐっと高まるキレイに、もうワクワクが止まらない!

【秋のセクシーリップ】ショコラブラウンの唇で見違える
鏡 ゆうこ
VOCEエディター
by 鏡 ゆうこ

モダンでセクシーな最旬色ショコラブラウン

こっくりブラウンは、今季最大のトピックカラー。一見、尻込みしそうな濃厚な色も、意外や意外、肌と調和し、劇的に表情が変わるので要チェック!

センスのよさが光る秋冬の最前線カラー<モデル使用色>

Image title

NARS オーデイシャスリップスティック 2832 ¥3700/NARS JAPAN(限定発売)

Image title

ボリューム感を与える成分を配合。輪郭より若干オーバーぎみに、丸みをつけるように塗って女らしさを添えるのが旬! 

Georgeさんの+αアドバイス

トレンドカラーのブラウンはシアーなタイプからトライ!
モード感を漂わせながらも色気も纏えるブラウンは今季のトレンドカラー。濃い色のリップをつけるのに抵抗がある人は、キャンメイクなどのシアーなタイプから試してみれば徐々に秋冬顔へ!(ヘアメイクアップアーティスト Georgeさん)

マークで塗り方をチェック!

Image title

唇の形を生かすきちんと塗りは、リップブラシを使って丁寧に。ほんのりぼかしを加えるポンポン塗りは、ラフに直塗りした後、指で軽くたたきこんで。直塗りは、その名の通り、唇に直接リップやグロスを塗って仕上げる。

ヌード感のある色みで気にさせる美人な唇に

ディオール ルージュ ディオール リキッド 614

ディオール ルージュ ディオール リキッド 614 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオール ルージュ ディオール リキッド 614

クリアな発色を12時間守るベルベット質感のやわらかな色みは、ナチュラルメイクの新定番。

深い色×マット質感はこなれ感をだすお宝色

NARS パワーマットリップピグメント 2775

NARS パワーマットリップピグメント 2775 ¥3300/NARS JAPAN

NARS パワーマットリップピグメント 2775

唇の形がパキッと出るスーパーディープなカラーは、アプリケーターで輪郭を丁寧に描いて、品のよさをアピール。

意志的な表情をつくる2色のグラデーション

Image title

ディオール ルージュ ディオール ダブル 510 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール

ディオール ルージュ ディオール ダブル 510

メタリックなライトピンクの芯と輝きを抱いたマットブラウンが重なり、強くも優しい口もとに。

さりげなくトレンドを取り入れたいならコレ

キャンメイク ステイオンバームルージュ T04

キャンメイク ステイオンバームルージュ T04 ¥580/井田ラボラトリーズ

キャンメイク ステイオンバームルージュ T04


唇が透けて見える発色で、流行のブラウンニュアンスをほんのり感じさせるバーム系。ラフに直塗りが、可愛い。

イイ女とウワサされる赤みをたたえたブラウン

資生堂 ルージュ ルージュ BR322

資生堂 ルージュ ルージュ BR322 ¥3600/資生堂インターナショナル

資生堂 ルージュ ルージュ BR322

洗練度UPの一本。吸いつくようになめらかに密着する質感をポンポン塗りで生かして、ふんわりマット唇に。

抜群の肌なじみで華やかさをアップ

NARS オーディシャスリップスティック 2829

NARS オーディシャスリップスティック 2829 ¥3700/NARS JAPAN(限定発売)

NARS オーディシャスリップスティック 2829

日本人の肌と相性のいい、鮮やか発色のキャラメル系。直塗り後、輪郭を指で軽くなじませるのがオススメ。

撮影/押尾健太郎(人物)、金栄珠(静物) ヘアメイク/George スタイリング/MAIKO モデル/宮田聡子 取材・文/橋本日登美 構成/鏡裕子

こちらもチェック♥【リップ塗り比べ】

Image title

秋冬新作リップはダークプラム!とにかく肌色がキレイに見えるんです♥【おすすめ7本塗り比べ】

Image title

【甘くなりすぎないのに可愛い】秋冬の最強モテリップ♥ローズパープルを塗り比べ

鏡 ゆうこ
鏡 ゆうこ
VOCEビューティエディター&ライター。編集部イチのトレンドキャッチ力を誇るオシャレ番長。学生時代からVOCE編集チームでアシスタント経験を積んだ後、VOCEウェブサイトのエディターを経て現在は本誌エディターとして活動。主に、メイクやヘアページを担当。頬骨あたりがやけに乾燥する混合肌。