1. 【一重、奥二重】お悩み完全解決!|劇的に印象が変わる|美人アイメイクテク公開中!

2018.08.27

【一重、奥二重】お悩み完全解決!|劇的に印象が変わる|美人アイメイクテク公開中!

雑誌を見ながらアイメイクしても、今ひとつビシッとキマらない......。それは”目のカタチ”が違うから。ならばカタチ別テクを徹底追及。コレでお悩みはすべて解決!

【一重、奥二重】お悩み完全解決!|劇的に印象が変わる|美人アイメイクテク公開中!

目ガタチ別のアイメイクを身に着ければ、印象操作は自由自在

「目のカタチはいろいろなのに、雑誌で見るアイメイクのハウツーはキレイな二重幅のモデルさんばかり。自分はどうしたらいいんだろうと悩む方は、私のメイクレッスンでも多くいらっしゃいます」と長井かおりさん。多くの悩める子羊ちゃんを見てきたという長井かおりさんは「二重至上主義はもう卒業してもいいと思う」とキッパリ!「二重じゃなくてもキレイな女優さんっていっぱいいらっしゃるでしょ。それは周囲がその人の魅力を見つけてくれているんです。コレって、私たちだってできることですよね。自分の目のカタチをきちんと見極めて、それを最大限生かす方法でアイメイクにトライする。それだけで印象はグッと変わるし、今まで出会ったことのない自分に会えるチャンス。“二重じゃないとダメなんだ”という思い込みは一切捨てて、一緒にベストなアイメイクを探していきましょう!」

あなたはどのタイプ?

大きく分けて日本女性の目のカタチには6種類があると思います。この中で、自分の目はどれに近いのかを、鏡とにらめっこしながら見極めてください。トライ&エラーは必須なので、何度も練習することも大切です!

【奥二重さんのお悩み解決】

Image title

✔目に力を入れると目が小さく見えてしまう
✔眉下からまつ毛までの距離も長く見える


日本人にとても多いタイプ。二重幅がほんのり見えるが、その上のまぶたの腫れぼったさを感じがち。彫りをつくるのが重要。目尻側は比較的まぶたがかぶりにくいため、目尻メイクが重要に。

お悩みNo.1【奥二重さん】が今っぽい顔になるには?

Image title

クリームシャドウで彫り感を狙いつつ、目幅は長めのラインで横へと拡大して!
入り込んでしまう二重ラインを気にせずメイクできるように、クリームシャドウは必須!ほぼグルリと囲んでも、幅広二重さんみたいにイケイケにならないのが強みでもあるので、囲み&長めラインにも積極的にトライを。

POINT!長めのラインがセクシーでカッコいい!

Image title

奥に入り込んだ部分が逆にミステリアス。クリームシャドウは必須アイテム!

このメイクに使ったのはコレ!

Image title

【A】グラマラスなオレンジ系ブラウンのセット
ケイト ブラウンシェードアイズN BR-5 ¥1200(編集部調べ)/カネボウ化粧品

ディオールショウ メタライザー

【B】目元にも唇にも使用可能
ディオールショウ メタライザー 498 ¥3100(限定発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール

Image title

【C】インクのようなリッチな発色で目元を強調
資生堂 インクストローク アイライナー GY902 ¥3500(ブラシ付き)/資生堂インターナショナル

HOW TO MAKE-UP

Image title

1.ヨレが生じにくいクリームタイプで
クリームタイプのBを一旦手の甲に出し、濃さを調整しながらアイホールに影感を出すように彫る。途中で目を開けて、好みの濃さに整えて。

Image title

2.目頭には明るい色でハイライトを!
下まぶたはAの左上を目頭側1/5にオン。目頭にもくの字に入れ、上まぶたと繋げるイメージ。これも目を開け閉めしながら描いて。

Image title

3.躊躇せずにグルッと囲んで大丈夫!
Aの右上の締め色カラーも下まぶたに。下まぶたにうっすら存在する色素沈着も活かしつつ、目尻から4/5にガッツリと塗って!

◆解説◆ まつ毛の上げ方

Image title

まつ毛の根元を0合目、毛先の方を10合目とした場合、何合目の部分にアイラッシュカーラーを使い、まつ毛を上げるかを表します!

Image title

4.ラインは目を開けたまま!
目を開けたまま、指で目尻を外&上方向に軽く引っ張りながら、アイラインをジェルで5mm長く描く。かなり思い切って描いてもOK。

Image title

5.最後は目尻側から内に向けて埋める
今度は目を閉じてラインをフィニッシュ。目尻をハネさせたことでできた隙間を、目尻から黒目方向に向かって埋めるように描いて。

重たく見えがちな【奥二重さん】が色で遊ぶなら?

Image title

引っ込んでしまうと諦めず、目尻と下まぶたの敷地を有効利用して色を遊ぶ!
奥に引っ込んでしまう上まぶたの目頭は捨てエリア。無駄に手間暇をかけるより、それ以外のところに注力を。さらに、下まぶたの敷地もしっかり借りて、色はそっちで披露するのが勝ちルール!

POINT!下を使えば入り込みに悩む心配はナシ!

ブルーは上の目尻だけでなく、下にものせることでかなり印象がクッキリ。奥二重を感じさせないほどのスッキリ感。

このメイクに使ったのはコレ!

デザイニングカラー アイズ

【A】鮮やかなシーグリーンはブルーにもグリーンにも見える絶妙なカラー。洗練された色みのセット。
デザイニングカラー アイズ 07 ¥6800/SUQQU

Image title

【B】なめらかな描き心地でぼかしも思いのまま。
オイユヴルール ズウルウ ¥5500/クリスチャン ルブタン

Image title

【C】パール入りのラベンダーブルー。透明感のある目元に。
キャンメイク アイシャドウベース RB ¥500/井田ラボラトリーズ

HOW TO MAKE-UP

Image title

1.アイシャドウベースはマストで塗って!
奥二重さんは二重ラインがヨレやすいので、C のアイベースを先に仕込んで。眉下まで広めに塗っておくと、ムラになるのを防げる。

Image title

2.彫り感仕込みは思うより広めに塗っても大丈夫
アイホールはAの右上で彫り、影感を仕込む。奥二重さんは彫りが飲まれてしまいがちなので、アイホールをオーバーするくらいまで。

Image title

3.まつ毛の隙間に下から点打ちを!
アイラインは目頭1/5を外し、残りの4/5に。まつ毛の間を下から“点で打って埋める”イメージで。ぼかさずそのままでOK!

Image title

4.圧をかけながら色を“置く”
Aの左下を細チップに取り、二重幅にぺチぺチと圧をかけながら置く。目を閉じたときに色移りしがちな目頭の1/5は捨てエリア。塗らずにクリアなままで。

Image title

5.下まぶたこそ色を効かせるエリア!
下まぶたはA の右上を涙袋に入れたあと、左下のブルーをオン。目尻側1/4にチップでぺチペチと圧をかけるように置く。

【一重さんのお悩み解決】

Image title

✔シャープでスッキリとクールな印象に見える
✔独特の雰囲気があるから、それを個性にするべき


黒目はあまり見えないことも多いが、目尻を伸ばしたり、下まぶたのメイクをすれば、目を大きく見せるのは可能。上に太いラインを引く人もいるが、目を閉じたときに怖くなるのでNG。

クールな印象が強い【一重さん】がオシャレ顔になるには?

Image title

徹底的な彫り感づくりで平たいまぶたに奥行きを。色はやはり下で魅せて!
腫れぼったい印象の一重さんは上まぶたでできる仕込みはすべてやること。基本は“彫り感づくり”。ノーズまで忘れずに彫り込む!色を効かせて見せるのは下まぶたで。どんなアイシャドウも下で見せると決めると吉!

POINT!下の色使いが新鮮。どんな印象も自在に

Image title

一重の人は、上は彫り感づくり&下まぶたは色で遊ぶ、というのを徹底すると楽しさ倍増♡ コケティッシュに。

このメイクに使ったのはコレ!

パレット エサンシエル

【A】コンシーラー、ハイライター、リップ&チークがセットに。
パレット エサンシエル 170 ¥7000(限定発売)/シャネル

ケイト デザイニング アイブロウ3D

【B】グラデ眉&ノーズの彫りが自在に。
ケイト デザイニング アイブロウ3D EX-5 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品

ヴィセ アヴァン シングルアイカラー

【C】マットなマスタード色。
ヴィセ アヴァン シングルアイカラー 024 ¥800(編集部調べ)/コーセー

キャットアイライナー

【D】リキッドライナーとアイシャドウがWエンドでペアに。
キャットアイライナー 02 ¥4600/バーバリー

HOW TO MAKE-UP

Image title

1.上まぶたの仕込みはベージュでの彫り感
Aの右下を指でアイホールをややオーバーするまでオン。一重さんはやりすぎるとわざとらしくなるので、ほんのり曖昧に彫るくらいでOK。

Image title

2.魅せエリアの下をきちんと整える
Aの上のハイライターを涙袋にオン。目頭~目尻にサッと指をすべらせるようなイメージで塗って。上品なパール感があるものが◎。

◆解説◆まつ毛の上げ方

Image title

まつ毛の根元を0合目、毛先の方を10合目とした場合、何合目の部分にアイラッシュカーラーを使い、まつ毛を上げるかを表します!

Image title

3.目頭は捨て、目尻のみ攻める
Dのリキッドライナーで上下目尻1/3にラインを。一重さんは目頭がほぼ見えないので目尻だけでOK。目を開けたまま引くのがコツ。

Image title

4.ブラウンシャドウは上下にぼかす
上下のラインに重ねるようにDのシャドウの方を目尻1/3にのせてぼかす。上のラインはブラシで上方向に、下ラインは綿棒で下方向に軽くぼかして。

Image title

5.キレイ色は下まぶたで存分に
下まぶたの黒目よりやや外側にキレイな発色のCをオン。一重の人は下まぶたこそ色遊びができるエリアなので、色を使いたいときは下で!

Image title

6.徹底的に“彫る”ことで立体感を
最後にBの下2色を混ぜ眉頭下のくぼみに影感を仕込んで。一重さんは上まぶたが広く見えがちなので、できる影はすべて彫っておく。

【左右差二重さんのお悩み解決】

Image title

✔かなり多いタイプ。諦めないことがとにかく大事
✔コツをつかみさえすれば、調整&錯覚させるのは簡単


かなり多くの女性に見られる目のカタチ。まずは両目に同じようにアイラインを入れ、鏡を見ながら小さく見える方にラインを足し、確認していく作業が必要。お肉かぶりが原因の場合も。

Image title

左右差はシャドウラインを丁寧に重ねていき、クリア!
左右差を目立たなくさせるにはペンシルやリキッドではなく、ライン的に使えるアイシャドウがマスト。何度もチェックを。

POINT!シャドウラインが左右差をココまで解消

Image title

このメイクに使ったのはコレ!

Image title

グレーにプラチナ、シルバーの美しい煌めき。
サンク クルール 077 ¥7600(限定発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール

HOW TO MAKE-UP

Image title

パレットの右上でアイホールを彫る。左右同時に進めることで、バランスを調整。

【左右差二重さんさん】まつ毛はここで上げる

Image title

幅広側は0合目から、幅狭側は1合目からまつ毛を上げて。

◆解説◆

Image title

まつ毛の根元を0合目、毛先の方を10合目とした場合、何合目の部分にアイラッシュカーラーを使い、まつ毛を上げるかを表します!

Image title

右下のグレーを細いチップの先端に取り、まつ毛の間を狙って点打ち。両目とも行って。

Image title

両目を開いて左右差をチェック。向かって左は幅広二重なので、さらに締め色を重ねる。

Image title

シャドウの締め色はぼかしつつの調整に最適。ペンシルやリキッドより差を埋めやすい。

Image title

目をつぶるとシャドウラインの幅の違いは一目瞭然。目を開けたときの印象を大切に!

【幅広二重さんのお悩み解決】

Image title

✔あらゆるアイメイクを自在に楽しめるのがメリット
✔間延びした顔に見えることも。抜け感づくりがやや困難


カラーライナーや淡いカラーも、目の大きさを保ったまま自在に楽しめるタイプ。ただし、太めのアイラインや、濃いめのシャドウを幅広に入れてしまうと、抜け感がなくなってしまいがち。

派手な印象になりやすい【幅広二重さん】の鉄板メイク

Image title

盛りすぎずに“抜く”方向を目指して美少女仕上げ!
狙うは“国民的美少女”風味。盛りすぎない勇気を持つことで、生まれついての美人に見えるからそのバランスをターゲットに!

POINT!あえて締めずに淡色で、抜け感に注力を。

Image title

このメイクに使ったのはコレ!

Image title

【A】秋を感じさせる絶妙なバランスのブラウングラデ。
プレディア ライナー in アイシャドウ S-11 ¥2800/コーセー

Image title

【B】和紙からインスパイアされた透け感のあるマットなクリームアイカラー。柔らかいオレンジ。
資生堂 ペーパーライト クリームアイカラー OR707 ¥3000/資生堂インターナショナル

Image title

【C】黒目が引き立つ、使いやすいブラウン。
マジョリカ マジョルカ ラインマニア BR666 ¥950/資生堂

HOW TO MAKE-UP

Image title

【1】Aの一番上のパール入りオフホワイトを眉下~まぶた全体にオン。パールをこぼさないようにしたいので、圧をかけながら“置く”。

Image title

【2】A中央のカラーを涙袋に。パールをこぼさないようチップでぺチぺチと圧をかけてオン。

◆解説◆ まつ毛の上げ方

Image title

まつ毛の根元を0合目、毛先の方を10合目とした場合、何合目の部分にアイラッシュカーラーを使い、まつ毛を上げるかを表します!

Image title

Image title

【3】Cのブラウン極細ジェルでまつ毛の隙間を下から点を打つように埋め、引かないのがコツ。

Image title

【4】練りタイプのBをチップでライン的に。目を開けたときに二重幅になるように入れて。

【幅狭二重さんのお悩み解決】

Image title

✔奥二重さんと似ている目の形なので、よく見極めて
✔このタイプのアイラインは細く点打ちするのがベスト

奥二重ととても似ているタイプで、下から覗くように目に力を入れると、ほぼ奥二重と変わらない。二重幅が狭く、まぶたが重く見えることがあるため、まぶたの彫りも重要。

奥二重にも間違われる!?【幅狭二重さん】の鉄板メイク

Image title

広く見えがちな上まぶたを彫る&眉下操作で距離縮めを
のっぺりしたまぶたの印象を彫り深に見せるのが一番の改善策。上下まぶたをブラウンで彫り、さらに眉下を描いてまぶたの範囲を狭めて!

POINT!眉と目の間を狭めて、彫り深感を演出して。

Image title

このメイクに使ったのはコレ!

Image title

【A】目元以外のコントゥアリングにも最適。
ケイト スリムクリエイトパウダー N EX-2 ¥1300(編集部調べ)/カネボウ化粧品

Image title

【B】明るさと輝きを湛えたラベンダー色。
シマリングカラーヴェールステートメント 16 ¥3500(限定発売)/THREE

Image title

【C】スルスルとのびる柔らかい芯。ウォータープルーフ。
エスプリーク ジェルペンシル アイライナー BK001 ¥2100(編集部調べ)/コーセー

Image title

【D】ツヤのあるリキッド。漆黒ブラックはどんなメイクとも相性◎。
シニャチュール ドゥ シャネル 10 ¥4300(8/25発売)/シャネル

Image title

【E】薙刀形の先端で繊細な眉毛を描き足せる。
スティロ スルスィル ウォータープルーフ 810 ¥4500/シャネル

HOW TO MAKE-UP

Image title

【1】Aの右で上まぶたをアイホールまで彫ったら、下まぶたの色素沈着を活かすように目頭1/5を残し、小さめの平筆で同じ色を重ねる。

Image title

【2】仕込んだ彫り感の上からパープルのBを重ねて質感をチェンジ。キラキラをプラスして。

まつ毛の上げ方はこちら!

Image title

Image title

【3】Cでまつ毛の間を下から打つ感じで埋める。目尻はDのリキッドで長めに幅出しを。

Image title

【4】Eで眉下側を描き足し、まぶたの範囲を狭めて。目との距離を縮めることで、二重を印象的に。

【末広二重さんのお悩み解決】

Image title

✔目頭はかぶって重たいけど、目尻側はしっかりと二重
✔効率よく目ヂカラを狙うには二重部分にのみ注力を


目尻のみに二重幅を感じるが、それ以外が重たく見えがちなタイプ。目尻のまつ毛をどうはみ出させるか、またはアイラインの角度で、ツリ目やタレ目印象も自由自在に楽しめる。

目頭側がカブってる!【末広二重さん】の鉄板メイク!

Image title

注力するのは黒目より外側。目頭は捨てエリアとしてOK
末広二重さんが重要視するべきは、目尻側の二重の開放感!! 黒目~目尻をしっかりと気にかけるのがコツで、目頭は攻めずに放置!

POINT!二重全体にこだわらず、目尻に注力を

Image title

このメイクに使ったのはコレ!

Image title

【A】カリフォルニアの美しい街の灯りをアイシャドウの中に再現
レ キャトル オンブル 286(限定発売) ¥6900/シャネル

Image title

【B】スルスルと描けて、きちんとフィックス
ケイト スムースアイライナーペンシル BK ¥600(編集部調べ)/カネボウ化粧品

HOW TO MAKE-UP

Image title

Aの右上をアイホールと涙袋にオン。上は指でサラリと広めに塗って。

Image title

涙袋に置くのはチップを使って。ぺチぺチと色をのせていくようにすると、ベスト!

Image title

二重幅にAの左上のミディアムブラウンを。黒目~目尻のきちんと色が見えればOK。

【末広二重さん】まつ毛はここで上げる

Image title

目頭は触らず、残りのまつ毛を根元からUP。

◆解説◆

Image title

まつ毛の根元を0合目、毛先の方を10合目とした場合、何合目の部分にアイラッシュカーラーを使い、まつ毛を上げるかを表します!

Image title

上のアイラインはCで黒目~まつ毛ギワを点打ち。下は目尻1/5だけAの左下を。

撮影/岩谷優一(vale./人物)、武藤誠(静物) ヘアメイク/長井かおり スタイリング/川﨑加織 モデル/福田明子、谷口蘭、工藤陽美、静麻波、山下永夏、田辺かほ(VOCE専属) 取材・文/前田美保 構成/河津美咲

※本企画はVOCE10月号(2017年08/23発売)に掲載されたものです。限定品は発売終了している可能性がございます。