1. ルナソル、マキアージュ、シャネルの人気ブラウンアイパレでつくる!デカ目メイク【paku☆chanが伝授!】

2017.11.14

ルナソル、マキアージュ、シャネルの人気ブラウンアイパレでつくる!デカ目メイク【paku☆chanが伝授!】

目元コンシャスなメイクが戻ってきた。とはいえ、数年前と同じがっつりラインに盛り盛りグラデでは古めかしいから、最新版にアップデートを。そのキーワードは“引き算”と語るpaku☆chanが二重や奥二重など目の形も考慮してレクチャー!

ルナソル、マキアージュ、シャネルの人気ブラウンアイパレでつくる!デカ目メイク【paku☆chanが伝授!】
藤平 奈那子
VOCEエディター
by 藤平 奈那子

なぜ今、デカ目は引き算なのか?

過剰な黒さやライン感、キラキラと潔く決別を!
ひと昔前はまぶたもまつげも目のキワも、それぞれ100%盛って濃厚な影色やキラキラを強く効かせてデカ目を目指していたけど、実はそれらで埋め尽くすほど抜け感がなくなり目が小さく見えがち。すべてのパーツを合わせて100%になるようにバランスをとる方が有効で、抜け感メイクのトレンドとも絶妙にマッチ。濃厚な影色やキラキラの分量を大幅カットして素材を際立せるのが正解です!

今までの盛りデカ目イク

Image title

正解の引き算デカ目イク

Image title

【がっつり囲み目→目頭&目尻を引き算!】囲みきらないNEO囲み目

Image title

「ぐるっと囲むと目の範囲が決まるため、実はデカ目効果は弱め。ライナーではなく締め色シャドウで軽さを保ちつつ、目尻側で繋げず横幅をワイドに。二重は派手さ、一重ははれぼったさを防ぎ、小粒にはマストな抜けを確保!」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】一重さん、二重さん、小粒さん

HOW TO

Image title

上下ともに目尻側は真横にのばし、抜けゾーンをつくる
上下まぶたのアイシャドウは真横にのばすこと。まずアイホール全体にaを塗り、上まぶたのキワに先に締め色のcを塗ってからbを重ねてぼかす。逆順塗りで色の境目をなくす。下まぶたはaとbを混ぜて全体に。最後に目尻の端から真横にdを入れて抜け感アップ。

使ったのはコレ!

マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ

今ドキのブラウンは断然、黄みより赤み!
瞳の色に溶け込むようになじみ、瞳を大きく見せる効果が。透明度が高く上品なきらめきで、仕上がりはナチュラル。
マキアージュ ドラマティックスタイリングアイズ BE303 ¥2800(編集部調べ)/資生堂

資生堂 インクストローク アイライナー

インサイドにするする描けてフィット感抜群
ラインは上まぶたのまつげの間を埋めるのみでOK。涙、汗、皮脂に強いからよれ&薄れ知らず。
資生堂 インクストローク アイライナー BK901 ¥3500/資生堂インターナショナル

マスカラ ディオールショウ パンプ&ボリューム

縦幅アップはボリュームまつげで叶える
上下まつげにサラリとまとうだけで漆黒化&ボリュームアップが完了。
マスカラ ディオールショウ パンプ&ボリューム 090 ¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール

【関連】【OLのポーチを比較】人に会う機会の多いOLがメイクポーチにいれているもの

【4色濃淡アイシャドウ→グラデを引き算!】4色混ぜて1色シャドウ

Image title

「グラデカラーは塗る位置をずらすのではなく、同じ位置に重ねていくノーグラデを採用。濃い色でキワを締めると目元が重く小さく見えがちなタイプにオススメで、単色では表現できない深みを演出。幅広く入れるとより立体感も」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】一重さん、奥二重さん、小粒さん

HOW TO

Image title

上まぶたはくぼみまで、下まぶたは色濃いめに
aをアイホールまでのばし、bとcを指で混ぜながら同じ位置に重ねづけ。下まぶたはキワに沿ってaをのせて、チップでdを重ねて濃いめに。まるで長いまつげが密集して生えているかのような影感を演出し、縦幅を出す。

使ったのはコレ!

ルナソル シャインフォールアイズ

トレンド感満載のニュートラルなブラウンなら自然な3Dアイづくりが簡単。
ルナソル シャインフォールアイズ 01 ¥5000/カネボウ化粧品

リキッドアイライナー WP

グラデにしないぶん、自然なブラウンラインでも目元が際立つのがこのテクの強み。
リキッドアイライナー WP ブラウン ¥1000/エテュセ

【トレンド色は諦めてブラウン→鮮やかさを引き算!】トレンド色×ブラウンミックス

Image title

「旬なはずなのに古臭くなりがちなのが鮮やかに色づくトレンドカラー。でも、ブラウンを混ぜれば、色がマイルドになって肌から浮かず、トレンド感が出るうえ、ブラウンならではのデカ目効果まで♡」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】どんな目のタイプもOK!

HOW TO

Image title

手の甲でaの淡いブラウンとbのダークグリーンをブラシで先に混ぜてからアイホール全体にオン。広く大胆に塗ってワントーンに仕上げても肌になじみ、グリーンのニュアンスもまとえて爽やかな目元に。下まぶたは上まぶたとの相性を考えてaをキワ全体に塗る。

使ったのはコレ!

トレ ドゥ キャラクテール

深いエメラルドグリーンなど秋冬にまといたいダークカラーのセット。
トレ ドゥ キャラクテール ¥7500/シャネル(11/3限定発売)

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん
マニアックに独自のメイク道を歩むアーティスト。簡単&効果抜群でしかもオシャレに仕上がるテクが大好評!

撮影/神戸健太郎(人物)、伊東泰寛(静物) ヘアメイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリング/西野メンコ モデル/大川藍、花梨 取材・文/楢﨑裕美

藤平 奈那子
藤平 奈那子
インナードライのオイリー肌なのでスキンケアは保湿と油分のバランスに注力しつつ、根っからの小麦肌ゆえ、健康美肌道を模索&邁進中。メイクはファッションに合わせてリップの色で遊ぶのが好き。海外旅行とアウトドア、街歩きが好きなアクティブ派。

記事ランキング

あなたにオススメの記事

この記事に登場したコスメ

最新号

VOCE 1月号

1月号を立ち読みする!

最新号の内容を見る

VOCEアプリ

VOCE APP

記事をサクサクCHECK!

ダウンロードはこちら