1. 【囲み目もキャットラインも古い!】目ヂカラの出るアイラインの引き方【paku☆chan発】

2017.11.15

【囲み目もキャットラインも古い!】目ヂカラの出るアイラインの引き方【paku☆chan発】

目元コンシャスなメイクが戻ってきた。とはいえ、数年前と同じがっつりラインに盛り盛りグラデでは古めかしいから、最新版にアップデートを。そのキーワードは“引き算”と語るpaku☆chanが二重や奥二重など目の形も考慮してレクチャー!

【囲み目もキャットラインも古い!】目ヂカラの出るアイラインの引き方【paku☆chan発】
藤平 奈那子
VOCEエディター
by 藤平 奈那子

今ドキアイメイクの正解は……

Image title

過剰な黒さやライン感、キラキラと潔く決別を!
ひと昔前はまぶたもまつげも目のキワも、それぞれ100%盛って濃厚な影色やキラキラを強く効かせてデカ目を目指していたけど、実はそれらで埋め尽くすほど抜け感がなくなり目が小さく見えがち。すべてのパーツを合わせて100%になるようにバランスをとる方が有効で、抜け感メイクのトレンドとも絶妙にマッチ。濃厚な影色やキラキラの分量を大幅カットして素材を際立せるのが正解です!

【長~いキャットライン→インパクトを引き算!】シースルーロングライン

Image title

「目を大きく見せるべくラインを長く描くのは有効だけど、そのままだとデカ目効果より“描いてます”感ばかりが悪目立ち。描き終わりが自然に消えるようにするのがコツでオススメは薄墨系リキッド。笑いジワに沿うよう描いて」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】一重さん、奥二重さん、小粒さん

HOW TO

Image title

目尻長め、色は軽めでパーツごとに太さを微調整
目頭から目尻に向かって段々太くなるように上まぶたのキワに薄墨系リキッドでラインを描く。二重幅がラインで塗りつぶされないように意識し、目尻から先は、笑顔をつくって、できたシワをなぞるようにスーッと真横にのばせば失敗なく、キレイにフェードアウト。

使ったのはコレ!

ライナーの新定番!影と同化するグレイブラウン
透ける発色で、ラインというよりは目のキワの影を偽装。自然に目を大きく見せて印象的に。
マキアージュ シークレットシェーディングライナー ¥2500(編集部調べ)/資生堂

<その他のアイテム>

オンリーミネラル ミネラルピグメント

繊細なパールを含むミネラル100%のカラーパウダーは、目元のほかチークやリップにも。今回はアイホール全体にふんわりと。
オンリーミネラル ミネラルピグメント ハニーピーチ ¥1800/ヤーマン(限定発売中)

モテマスカラ NATURAL3

ほどよいボリューム&ロングまつげに導き、ブラウンの色みで柔らかな印象に。ラインを引き立てて、デカ目効果を絶妙アシスト。
モテマスカラ NATURAL3 ¥1800/フローフシ

【関連】【大人のカラコン選び】なりたい印象別!最適カラコンはこちら♡

【漆黒見せアイライン→見せ色を引き算!】隠しブラック×見せブラウン

Image title

「黒だけでインもアウトも仕上げると抜けがなく今っぽさがダウン。そこでインは黒で締めつつも見えるアウトラインは茶色にすることで目をぱっちりと。二重幅が埋まりがちな奥二重や小粒の人はぜひ」(paku☆chanさん)
【このタイプにオススメ!】奥二重さん、小粒さん

HOW TO

Image title

インとアウトで色を使い分け
Bの黒リキッドで上のまつげとまつげの隙間を埋めながらインサイド全体に引く。次にキワにAで細くラインを描くとブラウンらしい優しげな印象とともにブラウンでは再現不可のくっきり感が得られる。

使ったのはコレ!

ケイト スーパーシャープライナーEX

極細ラインが自在に描ける。
ケイト スーパーシャープライナーEX 20th BR-1 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品(11/1限定発売)

シニャチュール ドゥ シャネル

速乾でウォーター&スマッジプルーフ。
シニャチュール ドゥ シャネル 10 ¥4300/シャネル

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト paku☆chanさん
マニアックに独自のメイク道を歩むアーティスト。簡単&効果抜群でしかもオシャレに仕上がるテクが大好評!

撮影/神戸健太郎(人物)、伊東泰寛(静物) ヘアメイク/paku☆chan(Three PEACE) スタイリング/西野メンコ モデル/野崎智子 取材・文/楢﨑裕美

こちらもチェック!

ルナソル、マキアージュ、シャネルの人気ブラウンアイパレでつくる!デカ目メイク【paku☆chanが伝授!】

藤平 奈那子
藤平 奈那子
インナードライのオイリー肌なのでスキンケアは保湿と油分のバランスに注力しつつ、根っからの小麦肌ゆえ、健康美肌道を模索&邁進中。メイクはファッションに合わせてリップの色で遊ぶのが好き。海外旅行とアウトドア、街歩きが好きなアクティブ派。