1. 「女に厳しいのは、実は女だけなの」植松晃士が世のダイエット事情をメッタ切り!

2018.01.24

「女に厳しいのは、実は女だけなの」植松晃士が世のダイエット事情をメッタ切り!

あと3㎏の壁に挑むべくあの手この手で闘い続ける。それが女という生き物! そんな 女子目線を、今年も植松室長がメッタ切り!

「女に厳しいのは、実は女だけなの」植松晃士が世のダイエット事情をメッタ切り!

世のダイエット事情を調査!

Image title

植松晃士 Koji Uematsu

VOCEアントワネット部室長。おモテ&おブス研究の第一人者として大人女子育成に尽力。

Image title

「室長の秘書、VOCE藤平(アラサー)です。世の声を室長にぶつけます!」

藤平:年が明けたかと思ったら、あっという間に1月も後半ですね。

植松:早いね〜。お正月ってつい美味しいものを食べすぎちゃうから、あっちもこっちもいろいろ調整が大変だよね。

藤平:そう思って、今月は世のダイエット事情を探ってきました。

植松:タイムリー!実は僕も本当にダイエットはいろいろ試してきたから、一家言あるの!

藤平:さすが室長!なんと現在もダイエット中という人が過半数を占めるほど、部員の皆さんも気にしているようです。

Image title

植松:どんなダイエットが人気?

藤平:まず「食事の量をセーブする」がトップで、以下「筋トレ」「ながらダイエット」「糖質オフ」……ですね。

Image title

植松:筋トレブームに乗って、糖質制限もしつつ、無理せずできるくらいの運動もして……でも結局は、食事を減らす!っていうダイレクトな方法が一番人気ってことね〜(笑)。確かに、生きているだけで消費されるカロリー=基礎代謝量は年々減っていくし、みんな昔より太りやすくなっている自分にも気づいてるみたいね?

藤平:はい、筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がることもわかっているようですよ。

植松:早いコは、すでにアメリカで流行っている、穀物系たんぱく質を断つグルテンフリーも取り入れているようね。優秀、優秀。

Image title

すべてを無にする努力はマイナス!

植松:ただダイエットって、やっぱり気をつけなくちゃいけないこともあるじゃない?

藤平:〝やりすぎ〞ですね!

植松:Oui! 日本人って〝努力は美徳〞みたいなところがあるから、ついやりすぎちゃう。例えば糖質だって身体には必要なものだから、完全オフしちゃうと頭が働かなくなったり、思考が悲観的になったりするよね。そんな時にせっかくのチャンスが突然来ても、気がつかなくてうっかり逃がしちゃうわけよ。そこまで行っちゃうと、心身ともにむしろマイナスだし。

藤平:確かに前のめりすぎるとちょっとコワいです……。

植松:アラサー世代はまだ若いし、大きい筋肉を鍛える程度のトレーニングだって立派な筋肉貯金になるんだから、筋トレも含め、何でもストイックにのめり込みすぎないことが大事!

Image title

藤平:ガリガリでも、まだ太ってると言い張る女子もいますからね。

植松既製服が着られるなら大丈夫、くらいの気持ちでいいんじゃない? ぽっちゃりさんってだいたい自分でキャラ設定が必要だと思い込んで、どこか自虐的になったり面白キャラになろうとするけど、むしろ愛されキャラにだってなれるわけだし。

藤平:優しいっ!

植松女に厳しいのは、実は女だけなの。ただね、スキンケアと同じく口に入れるものは質のいいものにするべきね。ジャンク食いは諸悪の根源。ダイエットの基本は、悪食を絶つことだからね!

藤平:響きます〜。

植松:トレジョリー、お励みなさい!

Image title

今月のアントワネットコスメ「"ながら"提案」

ダイエットを成功させるには、楽しみながら続けられることを探すこと。食を、マッサージを、温めを楽しんで!

Image title

「普段の食事で炭水化物やたんぱく質を減らしつつこのオイルを摂ると〝ケトン体代謝〞効果で脂肪が燃えるんだって!」
MCTオイルドレッシング 熟成しょうが 100ml ¥550/仙台勝山館ココイル

Image title

遠赤外線熱エネルギーとつまみ出す動きで、細胞を活性化する美容ローラー。「ボディの引き締めにも効果的」
本体、スタンド、クリーンクロス付き。MDNA SKIN オニキスブラック ¥32000/MTG

Image title

「低体温で代謝も悪化した現代女子には日々の美味しい体温アップドリンクを」水かお湯に溶かして飲めばすっきりシルエット!
ダマイ サーマル スリム 3g×30袋 ¥7800/ダマイ オンラインストア

植松室長のおすすめは「●●●●ダイエット」!動画もチェック!

撮影/恩田亮一(人物)、金栄珠(静物)、ヘアメイク/宮本菜見子(アンベリール)、スタイリング/曽我部将人(人物)、坂下志穂(静物)、取材・文/田中あか音

《楽しく読んで女子力あがる!植松さんの『アントワネット美容のススメ』♡》
【大人のトレンドメイク事情】赤マットリップ……カサつく前にツヤを足すべし!【植松晃士のアントワネット美容】

体のセンターラインはニオイが出やすい!?【植松晃士オススメ消臭グッズ3】