1. 【人気足ツボ師・Mattyさんの「足ツボで女性のお悩み改善」 】過剰な食欲を抑えて、食べ過ぎを防ぐ魔法の足ツボ

2017.12.18

【人気足ツボ師・Mattyさんの「足ツボで女性のお悩み改善」 】過剰な食欲を抑えて、食べ過ぎを防ぐ魔法の足ツボ

食事をとったばかりなのに、すぐに何か食べたくなったり、間食がやめられなかったり・・・・・・。そんな人におすすめなのが、食べ過ぎを抑える効果のある足ツボマッサージ。余計な食欲は、実は足ツボマッサージで抑えられるのです! その方法を、人気足ツボ師のMattyさんに教えていただきました。

【人気足ツボ師・Mattyさんの「足ツボで女性のお悩み改善」 】過剰な食欲を抑えて、食べ過ぎを防ぐ魔法の足ツボ
和田 美穂
ボディ&ヘルスケアライター
by 和田 美穂

食欲を抑えるには、胃、十二指腸、小腸、大脳、自律神経のツボの刺激が効果的

「過剰な食欲を抑えるのに効果的なのは、消化吸収に関わる胃と、十二指腸と、小腸のツボです。普段から食べ過ぎていたり、ストレスなどがあったりして、これらの器官の機能が乱れると、過剰な食欲が出やすくなるので、これらのツボを刺激して機能を整えるのがおすすめです。また、過剰な食欲はイライラしたときや、ストレスがあるときにも生じやすいので、これを防ぐため、自律神経や大脳のツボも刺激しましょう。自律神経のツボは、リバウンドを防ぐのにも効果があります」(Mattyさん)
Matty式足ツボマッサージでは、まず、解毒力を高める腎臓と膀胱のツボから始めるのが基本。
「①腎臓・膀胱のツボ→②大脳のツボ→③自律神経のツボ→④胃のツボ→⑤十二指腸のツボ→⑥小腸のツボという順番で、左足から①~⑥まで行ったら、次に右足の①~⑥を行いましょう」(Mattyさん)

Matty式足ツボマッサージを行うときの注意点

また、足ツボを行うときにはこんな注意点が。
「足ツボマッサージは必ずボディクリームやフットクリームを塗って、すべりをよくして行いましょう。角質を柔軟にする効果のある尿素20%以上配合されたものが特におすすめ。食後すぐには行わず、30分以上あけてから行いましょう。足ツボ後は老廃物をなるべく早く尿として排出させるため、必ず体温程度の白湯を200cc以上飲んでください。1時間たっても尿が出ない場合は、もう1杯飲みましょう。ただし、体調により水分制限のある人は、必ず医師に相談のうえ、指示に従って飲むようにしてください」(Mattyさん)

腎臓のツボ

①腎臓のツボ

Matty式足ツボマッサージは必ず左足から行います。腎臓のツボは、指を抜かした足裏の長さのちょうど真ん中にあります。ここに手の親指の第1関節から上を、指を真横にして当て、3秒押して離すを繰り返します。これを10回。この腎臓のツボから下方向に向かって指を押し滑らせると、かかとの盛り上がりの手前で自然と指がJの字に曲がって、内くるぶしの下にたどりつきます。常に押した状態で押しすべらせるのがコツ。

膀胱のツボ

②膀胱のツボ

腎臓のツボを押し滑らせてたどりついた部分の、内くるぶしの下の半円の骨の内側のくぼみが膀胱のツボ。かかとに手の親指を引っ掛けて、人差し指と中指を曲げて第1関節をできるだけ遠くに押し当て、かかと方向に、熊手をかくように押しすべらせます。これを10回。

大脳のツボ

③大脳のツボ

大脳のツボは、親指の腹にあります。ここに人差し指の第2関節を当て、上から下へと10回押しすべらせます。親指の腹を縦に4ブロックに分け、それぞれ同じ要領で押しすべらせましょう。

自律神経のツボ

④自律神経のツボ

自律神経のツボは、親指以外の4本の足指の腹にあります。まず、人差し指の第2関節を、足の人差し指の腹に当て、上から下へと10回押しすべらせます。指の腹を縦に3ブロックに分け、それぞれ同様に行います。中指、薬指、小指も同じ要領で行いましょう。自律神経のバランスを整えて、イライラやストレスからくる過食を防ぎます。

胃のツボ

⑤胃のツボ

胃のツボは、左右の足の土踏まずにあります。親指の付け根の骨のすぐ下からがツボなので、まずここに人差し指と中指の第2関節を押し当て、そこから土踏まずの一番下まで押し下げます。これを10回繰り返します。十二指腸のツボ、小腸のツボとともに、これらの器官の働きを正常にして、過剰な食欲を防ぎます。

十二指腸のツボ

⑥十二指腸のツボ

指を抜かした足裏の長さの上から4分の3のゾーンを、中指の延長線上で半分に分け、その内側半分(親指側)が十二指腸のツボ。ここに親指と人差し指の第2関節を当て、かかとの硬い部分の手前まで10回押し流します。

小腸のツボ

⑦小腸のツボ

⑥と同じ、指を抜かした足裏の長さの上から4分の3のゾーンを、中指の延長線上で半分に分け、外側半分(小指側)が小腸のツボ。ここに親指と人差し指の第2関節を当て、かかとの硬い部分の手前まで10回押し流します。

この①~⑦の足ツボを左足から行い、終わったら右側も①~⑦まで行いましょう。

「終わったら体温程度の白湯を200cc飲みましょう。“最近食べ過ぎているな”と感じたときや、ムダ食いをしそうになったときに、この足ツボマッサージを行って、秋太りを防いでください」(Mattyさん)

Mattyさん

教えてくれたのは・・・
Mattyさん

足ツボ師。自身の体調不良を台湾式足ツボで治療した経験をもとに足ツボ師に。現代人の不調に応じた即効性の高い「Matty式足ツボ」を確立し、20年以上のキャリアを誇る。著名人の顧客も多数。話題の著書『Matty式マッサージが自宅でできる!脂肪とり!むくみとり!こりとり!解毒棒』(講談社)に続き、10月に『Matty式解毒こぶし』(主婦の友社)を発売。

和田 美穂
和田 美穂
美容雑誌、女性誌、生活情報誌、広告媒体、書籍などで、健康、ダイエット、ボディケアなどの記事の編集・執筆を担当。これまでに取材した医師、治療家、ダイエット・エクササイズ指導者、美容家などは1000人以上。試してみた健康法、ダイエット法なども多数。