1. 【ベスコス】頭皮ケアが高まりを見せる【ヘアケア・スタイリング部門】

2017.12.07

【ベスコス】頭皮ケアが高まりを見せる【ヘアケア・スタイリング部門】

2017年下半期、美容界を賑わしたコスメの頂点がついに決定!3位には頭皮のエイジングケア始めにぴったりの一本がランクイン。そして2位と1位は、セルフでも満足の美髪仕上がりになるダメージリペア系のあのアイテムだった!

【ベスコス】頭皮ケアが高まりを見せる【ヘアケア・スタイリング部門】
鏡 ゆうこ
VOCEエディター
by 鏡 ゆうこ

◆第3位◆ザ・ヘアケア フューチャーサブライム ボリュームセラム 125ml ¥3800 /資生堂プロフェッショナル

ザ・ヘアケア フューチャーサブライム ボリュームセラム

頭皮と髪、ダブルアプローチでふんわり
資生堂の育毛研究の成果がぎゅーっと凝縮された美容液。育毛成分アデノシンをメインにハリ、コシを与えてボリュームアップを図り、毛穴をキュッと引き締めるスキンケア成分により、地盤を強化。きちんと根元から立ち上がり、美フォルムが決まりやすくなるので、頭皮ケアはまだという人もスタイリング剤感覚でぜひ。この商品の詳細はこちら。

審査員も大絶賛!

Image title

Image title

「ペッタリしやすい髪が根元からふわっ。美ヘアの鉄則、ひし形シルエットが簡単に叶う!」

Image title

「頭皮がキュッと引き締まる気持ちよさ♡髪の毛がふわっと立ち上がる嬉しさ♡」

◆第2位◆TSUBAKI プレミアム リペアマスク 180g ¥1180(編集部調べ)/資生堂

TSUBAKI プレミアム リペアマスク

待ち時間ゼロでサロン仕上げ!
ダメージによって狭まる髪内部の美容成分の通り道を広げるデュアルアミノ酸を配合。さらにすべての美容成分を通過できるサイズにすることで髪の内部へぐいぐい注入し、キューティクルのはがれを瞬間補修。さらに成分の流出を防いで密封とプチプラながら超ハイテク。よって、すぐに洗い流してもつるんつるんに!この商品の詳細はこちら。

審査員も大絶賛!

Image title

Image title

「少量で髪全体にのび広がり、時短で驚くほどのリペア力!とにかく『すごい!!』の一言です」

Image title

「待ち時間0秒という浸透スピードが本当にありがたい。さらっさらの“いい髪”が手に入って幸せ」

◆第1位◆ロクシタン ファイブハーブス ディープダメージケアシャンプー 300ml ¥2400、500ml ¥3600、ディープダメージケア コンディショナー 250ml ¥2400、500ml ¥4200/ロクシタンジャポン

ロクシタン ファイブハーブス ディープダメージケアシャンプー、

頭皮ケアも毛先補修も叶うハイスペックぶりに満足
肌がストレスに苛まれるように、髪も繰り返すカラーや毎日のスタイリングでストレスフル。そんな事実を踏まえ、南仏の由緒正しきオリーブオイルをロクシタンが専属契約し、ヘアケアに初配合。頭皮クレンジングやパックまでできるクリーミィな2品で触れてほしくなるような髪になれると感動の声、続々!この商品の詳細はこちらこちら

審査員も大絶賛!

Image title

Image title

「フレッシュで華やかな香りを楽しみながら、地肌をスッキリさせ自信の持てるツヤ髪に導く」

Image title

「希少なオリーブオイルのパワーで髪そのものにコシが生まれ、しなやかな指通りに感動」

【ベスコスってどうやって選んでいるの?】
対象商品:2017年7~12月発売のコスメすべて
審査員:55名
選考方法:2017年7~12月に発売された限定品を除くコスメを対象に、部門ごとに3品選出。ジャーナリスト、スペシャリスト、エディター、ライター、編集部員はスキンケア部門(10)とメイク部門(18)を審査し、ヘアメイクアップアーティストはメイク部門のみを審査する。1品につき10点満点で投票を行ったうえで合計点を算出し、部門賞を決定。さらにメイク部門とスキンケア部門の中で、獲得点数が多かった上位2つのコスメが最優秀賞、優秀賞に選出される。

≪プチプラ部門もチェック≫
【プチプラ】だけど超優秀!お買い得スキンケア3選【ベストコスメ】

Image title

2017下半期ベストコスメをチェック♥
https://i-voce.jp/cosme/bestcosme/2017aw.html

撮影/菊地泰久(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/岡田知子(TRON)、George、paku☆chan(ThreePEACE) スタイリング/川﨑加織 モデル/藤野有理 取材・文/楢﨑裕美、宮下弘江、小池菜奈子 構成/鬼木朋子、与儀昇平

鏡 ゆうこ
鏡 ゆうこ
VOCEビューティエディター&ライター。編集部イチのトレンドキャッチ力を誇るオシャレ番長。学生時代からVOCE編集チームでアシスタント経験を積んだ後、VOCEウェブサイトのエディターを経て現在は本誌エディターとして活動。主に、メイクやヘアページを担当。頬骨あたりがやけに乾燥する混合肌。