1. 【祝!!AAA宇野ちゃん】宇野実彩子さんJALホノルルマラソン完走[PR]

2017.12.12

【祝!!AAA宇野ちゃん】宇野実彩子さんJALホノルルマラソン完走[PR]

5月にスタートした「スポ美ランプロジェクト」。マラソン未経験者のAAA宇野ちゃんこと宇野実彩子さんが、ホノルルマラソン2017にチャレンジするというこのプロジェクトもいよいよ本番! 数キロしか走ったことのなかった彼女が、たった半年でフルマラソンを走り切ることは果たして可能なのか?その結果を現地からレポートします!

【祝!!AAA宇野ちゃん】宇野実彩子さんJALホノルルマラソン完走[PR]
大木 光
VOCEエディター
by 大木 光

プロジェクトが始動してすぐ、ツアーや撮影といった超多忙なスケジュールの合間をぬって本格的なトレーニングを始めた宇野ちゃん。単に“走る”だけでなく、長距離を走りぬくために最適なランニングフォームやランニングで体を傷めないためのストレッチ方法、シューズを始めとしたランニンググッズの選び方、当日の朝の過ごし方など、42.195kmもの長い距離を完走するために必要なノウハウも同時に学んできました。そんな日々の中、宇野ちゃんが最も大切にしてきたのは「楽しく走りきる」ということ。マラソン経験ゼロの超初心者な宇野ちゃんが、ホノルルマラソン完走という挑戦を楽しんで行うことで、それを見たVOCE読者の背中を押したい、そして勇気づけられて欲しいという“想い”があったからなのです。

ここでおさらいホノルルマラソンとは……

map

今年で45回目を迎える世界的なビッグレース。42.195kmを走るフルマラソンのほか、気軽に参加できる10kmの「10K ラン&ウォーク」もあり。大会は毎年12月の第2日曜日に開催され、参加人数は約3万人! 日本人ランナーの参加も多く、今回の大会も11388人の日本人が参加しました。参加資格は7歳以上なら誰でもOK。抽選もなく応募すれば必ず走ることができ、しかも“何時間以内に完走しないと失格”といった時間制限もなし。初心者でも参加しやすいレースとしても有名です。コースはアラモアナ公園をスタートした後、ホノルルのダウンタウンを抜けてワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッド、ハワイカイなどをめぐり、ハイウエイを通ってカピオラニ公園まで。ハワイらしい美しい景色を堪能できるのも魅力です。

ドキドキのスタート

Image title

スタートは早朝5時。まだ暗い中、約3万人のランナー達が続々とスタート地点に集まってきました。ウォーミングアップのため、宿泊しているホテルから30分かけて徒歩で現地入りした宇野ちゃんも、あまりの人の多さにびっくり! ドキドキしながらスタートを待ちます。そんな中突然、大きな音と共に空に大きな花火が! ランナーや観客の歓声に包まれて、おのずとテンションも上がります。

前半は快調なペース!

スタート地点ではあまりの人の多さに少しペースを乱されましたが、走り始めて2時間後、7時頃には宇野ちゃんは早くも18km地点のカハラエリアに到着。ここまではなんと1kmを約6分半で走り抜くという快調なペース! 体も特に痛む箇所などもなく、体調も万全。晴れていますが心配していた気温もそれほど上がらず、沿道からの声援に笑顔で応える余裕も! 携帯していた飴やゼリー飲料などでエネルギー補給を図った後、コースの一部であるハイウエイへと軽快に走り出しました。しかし……

まさかの“寒くて辛い”を乗り越えて

Image title

25kmを過ぎたあたりで雨が降り出しました。すぐ止むかに思えたその雨はその後も30km付近まで降り続き、ウエアもびしょ濡れ。体もすっかり冷えてしまい、ペースも1km/12分ペースとかなりダウン。ハワイで走るということで暑さは覚悟をしていたし、それなりに対策もしていたけど、まさか寒さに苦しめられることになるとは……。そのせいで脚に痛みが出てしまい、急速にペースダウン。痛む箇所をかばいながら走るので、全身に痛みが出て本当に辛そう。それでも弱音を吐かず、ゆっくりながらも進み続ける宇野ちゃん。そうするうちにやがて雨も上がり、空には大きな虹が!この辺りからペースもだんだんと持ち直し、ゴールに向かって進みます。

Image title

2時間10分前後でゴールする世界トップクラスのエリートランナーから、7〜8時間もかけてんのんびり完走を目指す人まで、多種多様なランナーがいるホノルルマラソン。ビーチ横など景色のキレイなコースではスマホで写真を撮る人も続出! このように“何でもアリ”なゆるい雰囲気もまた、この大会の魅力なのです。

5時間54分45秒でゴール!

寒さや脚の痛みを乗り越えて、笑顔でゴール! 

Image title

「ずっとトレーニングを続けてきたけど、やっぱりトレーニングと本番は全然違いますね。正直何度も“もう無理!”って思っちゃいました。特に突然の雨に降られた25km〜30km付近ではもう、寒いし全身がめちゃめちゃ痛いしで、ゴールになんか永遠に到着できないような気がして辛かった……。だけど、この半年間ずっと応援してくださった方たち、そして今日、沿道で声援を送ってくださった方たち。その応援がすごく背中を押してくれたし、パワーをもらうことができました。また、“こんなに応援してもらってるのだから、絶対に成果を出さなくちゃ”というプレッシャーもかなりのものだったので、無事ゴールできて本当にホッとしています。そういえばホノルルマラソンって、水やスポーツドリンクを配るオフィシャルな給水所のほか、沿道で一般の人たちがそれぞれドリンクや食べ物を配っているんですよね。疲れてヘロヘロになったときにもらったおにぎり、すっごく美味しかったな〜。パワーが出ました。小さなカップに入れたそうめん&麺つゆを配っている人までいて、面白かったですね。ゴール直後の今、一番強く実感してるのは「限界を超えた〜!」ってこと。今までしたことない挑戦をやり遂げたことは、私の“これから”にすごく力をくれると思うしすごく嬉しい。だけど今はとにかく疲れ果てていて、来年も挑戦したい?って聞かれても、即座に「YES!」とは正直まだ言えません(笑)。今は、ゴールができた、みんなの応援に応えることができた嬉しさで頭がいっぱいだけど、これからじわじわ、いろんな感動が増してくる気がしています」

スポーツビューティ×VOCE

宇野ちゃんの42.195kmを
守った#スポ美

Image title


「途中で雨が降りましたがハワイは基本、日差しが強い。それに走っている間は塗りなおす余裕がないので、ゴールする頃には絶対真っ黒になってると思ってたんです(笑)。でもほら、全然大丈夫でしょ? 今回はスポーツビューティ UVウェア(スーパーハード)Nを使っていたのですが、塗った部分が白くならないしサラサラしていて気持ちいい! 走ってる途中に汗をぬぐっても、強烈な紫外線から私の肌をしっかり守ってくれました❤ 42.195kmを走り終えて明日は絶対、全身が筋肉痛になっちゃって辛いだろうけど、おかげで“日やけでヒリヒリ”の辛さは免れることができて、ハッピーです!」

カピオラニ公園のスポ美ブースも大盛況!

Image title

フィニッシュエリアとなっているカピオラニ公園内には、パッケージと同じ鮮やかなイエローがひときわ目立つスポ美ブースが!ブース内ではオリジナルビーチバッグのプレゼント、ダイヤモンドヘッドと一緒に写真が撮れるフォトスポットが設置されており、ハッシュタグ「#スポ美」、「#スポーツビューティ」、「#sportsbeauty」のどれかをつけてインスタグラムに投稿すれば、全員に投稿した写真をプリントしたオリジナルステッカーをプレゼントしてもらえるのです。このサービス、日本からの参加者だけでなく海外のランナーにも大人気で、常に長蛇の列ができていました。完走後の宇野ちゃんももちろん、フォトスポットで撮影。“スポ美カラー”のウエアとの相性もバッチリ。このスポ美ブースは毎年設置されているので、ホノルルマラソンに参加される際にはぜひチェックしてみて。

街でもランでも海でも。どんな時でも守ってくれる充実のラインナップ

Image title

左から、軽やかでみずみずしいテクスチャーで人気のジェルタイプがパワーアップ。のばすとピタリと密着して、後肌はさらり。洋服でこすれても、汗をたっぷりかいても、紫外線から肌をガードしてくれます。スポーツビューティ UVウェア ジェル EX 60g ¥1800(編集部調べ・2/16発売予定)、髪や頭皮にも使いやすいスプレータイプもジェル同様にパワーアップして登場。パワフルな紫外線ブロック機能はジェルと同レベル! また、スプレーすると瞬時にジェルに変化するのでムラなくのばせて、ひんやり−5°Cタッチで気持ちいい! 同 ジェル スプレー EX 70g ¥1500(編集部調べ・2/16発売予定)、軽いミルクタイプのテクスチャーは肌に塗った瞬間、サラサラに! 不快なベタつきを回避できるスムースな使用感が魅力。まら、高い紫外線ブロック効果だけでなく、体温が上がるとさらに強く肌をガードするヒートリアクション成分配合※1。同 (スーパースムース) 50ml ¥2000(編集部調べ)、海や山、アウトドアやスポーツにも大活躍。汗や皮脂、水だけでなく激しい動きやこすれにも強いUVミルク。こちらもヒートプロテクションリアクション成分配合※1。同 (スーパーハード) N 50ml ¥2000(編集部調べ)すべてコーセー

※1:(PPG-12/SMDI)コポリマー・ポロキサマー407

協力/コーセー
0120・526・311
http://www.kose.co.jp/sportsbeauty/

#スポーツビューティ #スポ美
Instagram kose-sportsbeauty

大木 光
大木 光
オイリー肌。連載『ゆうこのべっぴん道』を担当。リッチでアガるスキンケアが大好物。三度の飯と旅行が好きで、隙あればどこかに行きたい自称“ぽっちゃりさん”。