1. 【冷え性女子必見!】スープジャーで楽しむ、ビューティスープ【内臓温めダイエット】

2018.01.04

【冷え性女子必見!】スープジャーで楽しむ、ビューティスープ【内臓温めダイエット】

冷え性&お弁当女子の寒い季節の救世主・スープジャー。消化のいいスープは、冷えたおなかを温め、美容やダイエットにも効果も大!料理家、前谷玲子さんに、簡単なスープジャーレシピを教えてもらいました!

【冷え性女子必見!】スープジャーで楽しむ、ビューティスープ【内臓温めダイエット】

あったかいスープ、なぜダイエットに効果的なの?

“内臓温めダイエット”という言葉を聞いたことがあると思います。このダイエットは、温かい食べ物や飲み物、湯たんぽを使って内臓を冷やさないようにし、やせ体質にしていくというダイエット法。内臓は消化器官を司る大切な器官。冷えると消化吸収機能が弱まり、基礎代謝が下がってしまうため、太りやすくなってしまうんですね。だから常に温めて基礎代謝を上げ、やせやすい体にしましょうという考え方。でも内臓を温めることで得られる効果は、ダイエットだけじゃないんですね。血行が良くなるので冷え性や便秘も改善されるんです。

保温効果抜群のスープジャーをもっと活用して!

スープジャーとは、保温性に優れたスープ用魔法瓶のこと。温かいまま持ち運べ、調理もできるということから、2013年頃からブームに。そのため今や、美容意識が高い女子の間で“夏はスムージー・冬はスープジャー”が定番化。さまざまなデザインや機能を持つスープジャーを見かけるようになりました。

スープジャーの一番の魅力は保温性を生かした調理ができること。
「まずスープジャー本体を湯で温め、そこへ具とスープ(または湯)を入れるだけ。3時間後には食べごろになっているので、朝仕込んで出かければちょうどランチの頃に食べごろになっているというわけです。鍋を使わずとも、スープジャーだけで調理ができるのは、便利ですよね。また、朝など1からスープを作るのが面倒というときは、前の晩の残りのお味噌汁やスープを入れてもっていくだけでもOK。たとえおにぎりやサンドイッチはコンビニで買ったものでも、1つ家から持ってきた手作りスープがあると、満足感が全然違いますからね」

作ってみよう、スープジャーレシピ

スープジャーレシピで、重宝する食材はなんと言っても乾物。何しろ安く、季節を問わず価格も安定。保存も常温可能なのが便利でらくちんです。

「乾物は日に当てて乾燥させることで、うまみや香り、栄養がたっぷり含まれた食材。たとえば切干し大根などは、生の大根に比べて食物繊維が10倍ほどあり、ビタミンDやB2、鉄分にカルシウムなども豊富。しかも不溶性食物繊維なので、美肌作りにひと役買ってくれます。そしてもう1つ、美肌効果が高いといわれている乾物が干ししいたけ。干ししいたけはビタミンDが豊富なため、肌の免疫力を高め、乾燥から肌を守ってくれます。だからこそ、ぜひストックしてスープに使ってみてください。スープジャーレシピに乾物を使えば、これらの栄養分が湯に溶け出すうえ、いいだし代わりになるんです」

1◆ごま豆腐のみそスープ

ごま豆腐のみそスープ

ごま豆腐を使うことで、手軽にビタミン豊富なごま、そして栄養豊富で体を温める葛を摂れるのがうれしい!また、ほうれん草はごまと一緒に撮ると免疫力アップに効果があると言われています。みそ味にして、イソフラボンも摂取。

【材料】
・ごま豆腐 1パック
・みそ 大さじ1
・冷凍ほうれん草 ひとつまみ(5g)
・ラー油 適宜
・湯 200ml

【作り方】
(1)スープジャーに湯を入れ、温める。温まったら捨てる。
(2)(1)の温まったスープジャーに材料をすべて入れ、ふたをする。

2◆鮭入りコーンスープ

鮭入りコーンスープ

とうもろこしに含まれる、疲労回復効果の高いアスパラギン酸と抗酸化作用を多く含む鮭を合わせて、美容効果の高いスープに。

【材料】
・コーンクリーム缶(小) 1缶
・鮭フレーク 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1
・湯 200ml

【作り方】
(1)スープジャーに湯を入れ、温める。温まったら捨てる。
(2)(1)の温まったスープジャーに材料をすべて入れ、ふたをする。

3◆切り干し大根と干しえび入りきのこスープ

Image title

整腸作用のあるえのきと、植物繊維が豊富で少量で満腹感を得られる切干し大根を合わせたダイエットサポートスープ。干しえびと切干し大根の乾物W使いで、だしのうまみも堪能できます。

【材料】
・切り干し大根 ひとつかみ(10g)
・干しえび 小さじ1(5粒)
・市販のなめたけ 大さじ1
・湯 200ml

【作り方】
(1)スープジャーに湯を入れ、温める。温まったら捨てる。
(2)(1)の温まったスープジャーに材料をすべて入れ、ふたをする。

教えてくれたのは…

Image title

料理家・アンチエイジングジュニアフードマイスター 前谷玲子さん
東京都出身。湘南に移り住み、鵠沼にて料理教室「LIFE BOX cookingを主宰。料理教室を始め、セミナー講師、企業レシピ考案、商品開発、料理動画サイトなどで活躍。飲んだり、食べたりが大好きで、そこから発展したレシピは簡単で手早く作れるものばかりである。