1. 【まるで施術を受けたようにスッキリ!】体の歪みを正す1・2・3テク

2018.01.06

【まるで施術を受けたようにスッキリ!】体の歪みを正す1・2・3テク

O脚、ダイエット、骨盤の歪みやゆるみなど、年間2000人もの悩める女性を救う、骨盤矯正パーソナルトレーナー・中村奈緒子さんが提唱する、中村式メソッド。今回は自力ながら、人に施術してもらったような効果を得られる体リセット方法を伝授します!

【まるで施術を受けたようにスッキリ!】体の歪みを正す1・2・3テク
中村 奈緒子
骨盤矯正パーソナルトレーナー
by 中村 奈緒子

あなたは、【健康】と【キレイ】を手に入れるため、
自分で色々なことをやる派ですか?
それとも、人にしてもらいたい派ですか?

Image title

実は、その両方とも大事なんです!
きれいになるためにも、ボディメンテナンスにも自力と他力を組み合わせるのが、一番即効性のある方法です。なぜならば、客観的な見た目の歪みと、本人の感覚が同じであるとは、限らないからです。それについては、前回の記事
美姿勢をおしりから手にいれる!【かんたん・自分で歪みチェック&矯正法】
でもお伝えしましたね。

Image title

・見た目には、左右の足上げの角度が明らかに違うのに、ご自身では、両方同じ高さに、上げているつもり。
・見た目には、右に傾いて、右重心で動いているのに、ご自身では、真ん中で平行をたもっているつもり。

こういった「つもり」は、かなり多く見られる現象。この状態で、自分の力だけでメンテナンス、またキレイになろうと思っても、なかなか歪みもとれないし、そもそも「キレイ」になることを妨げている悪い癖って無意識に定着したものなので、なかなか自分で解消することは難しいんです。

健康とキレイを得るための手段は、自力と他力の2つに分けられます。エステや、接骨院、鍼灸でキレイになる、改善する……というのは、【他力】ですね。 自分だけでは、どうしても出来ないことってあるから、他力=人にお任せしてやってもらうということは、健康美への近道になります。ただ、それだけに頼ってしまうのは、もったいないのです!自力を高めることで、美も健康ももっとあなたの手元に早く近づいてくるのだから!!
【自力=自分で出来る事】といえば、ヨガやピラティス、その他運動を習慣的にしたり、食べ物に気をつけたり、日常生活や環境を見直したり。私は、一つの手技に偏り過ぎることはもったいないとの考えがベースにあるため、整体施術の他力の効果と、パーソナルトレーニングで自力をつけてもらうことの両方で、サポートしています。ひとつに偏るのではなく、2、3つのメソッドを組み合わせ、掛け算することで相乗効果が生まれてくるのです。

Image title

とはいえ、すぐに人に任せる環境に身を置くことは、難しいため、今回は、
施術を受けているような、他力を加えた相乗効果を、自分で得られるように
お伝えしていきますね!

意識としては、【おしりを土台にして行う】と、メンテナンスが早いです。どの動きでも、おしりを安定させ体を元のベストな状態にリセットしましょう。おしりが土台、背骨が支柱の考え方で動かすと、他力の矯正施術に近い効果も生まれ、健康美への近道となります。

① 【他力:ねじり整体】

Image title

仰向けになり、足をそろえて、左右にねじり、施術者の手は対角線上に、肩あたりに向かって肩や腰が痛くならない程度に、ゆっくり床に近づかせる。他力=施術者の力のベクトルは、骨盤と、肩の両方に、対角線上にのばしていきます。必ず逆ベクトルが働くように施術し、この時、吐く息に合わせて圧をかけましょう。これを左右両方行い、やりにくい方があればそちらを多めにとります。

さぁ、これを下記の方法で、自力でやってみましょう!

② 【他力→自力に移行:ねじりストレッチ】

Image title

肩が浮かない程度に、足を床に近づけます。上記の整体のように、圧を加えられているイメージをもって伸ばし、腰が反りすぎないように、しっかり呼吸を繰り返しましょう。肩が浮きそうになりますが、そこをできる限り「床に重く」とイメージします。

Image title

次に、お腹にしっかりと腹圧をかけて、腰が反りすぎないように、肋骨上から順に、床に背骨を吐く息とともに押していきます。その腹圧の力で、あしを戻し、反対側へ。

Image title

この時、腰が反りすぎないように、しっかり息を吐きながら、背骨上から下すイメージを持つと、かなりお腹の芯部分に効いてくるのが実感できますよ。

③ 【自力のパワーをさらにつける:ねじり体幹トレーニング】

この動きにさらに、腹筋トレーニングを加えていきます。できる方のみ、トライ!

Image title

足を伸ばし、移動する時に、浮いた肋骨を上から下すイメージでおしりをキュッとしめ、尾てい骨を重く、お腹の力で足を移動させます。このイメージがないと、腰が反りやすく、お腹に効いてきません。

②と③を、合わせて3往復から始めてみましょう。きつかったら、②の動きに戻って、小さな動作から行ってくださいね。

今回のポイントは、腹圧をかけ、おしりを正しく使ってあげること。尾てい骨を重く、腰が反りすぎないようにしましょうね。おしりを土台に安定させると、体のメンテナンスが早くなります。


今回のセルフケア方法では、施術を受けているような他力の効果まで得られる自力メソッドをお伝えしました。ぜひ実践してみて下さいね!

【関連記事】
ウエスト10センチダウンも夢じゃない!【おしり土台呼吸法】って?

ダイエット&肌質改善が一気に叶う!おしりリセットメソッドって?

中村 奈緒子
中村 奈緒子
ナオコボディワークス主宰。骨盤矯正パーソナルトレーナーとして延べ8000人以上もの女性の悩みを解決。現在は4か月先まで予約待ち。妊娠前よりも「美尻もくびれも手に入れられるメソッド」が好評を博している。