1. 【ベースのムラには理由がある!】チーク&ベースメイクで美肌を作るテク

2017.12.24

【ベースのムラには理由がある!】チーク&ベースメイクで美肌を作るテク

指紋や足跡など、犯行の手掛かりとなる証拠を現場で採集。事件を解決に導く鑑識者のごとく、メイクにまつわる審美眼を持っている長井かおりさんが、時にはツール、時には顔面まで検証。失敗メイクの原因をひもとき、解決策を提示します!

【ベースのムラには理由がある!】チーク&ベースメイクで美肌を作るテク

教えてくれるのは

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
美人になりたい女子の気持ちに真摯に応えてくれる、真似しやすい旬メイク提案が大人気。今回は話題のメイクレッスンで、参加者の数々の失敗を暴き、正してきた、その観察眼を誌面で存分に発揮。

Image title

八木「ベースメイクがムラになるんです……」

Image title

長井「どれどれ、ポーチをチェックしましょうか」

Image title

長井「うわっっ!なんじゃこりゃ!!」

Image title

失敗の原因アイテム、押収!!

事件の証拠を発見!

Image title

【NG!】ダメチークの原因!
スポンジの角を使うと、小さくちょこちょこ塗ることになるので、のせた色同士がうまく繋がらず、隙間が。塗る回数もおのずと増えるので力加減も統一されず、発色にムラが出る。

Image title

チークがムラっぽくて広すぎ
角を使ってのちょこちょこ塗りだと範囲も把握しにくく、つい塗りすぎてしまいがち。結果、赤ら顔のようになってしまう恐れも……。

Image title

【NG!】ムラづきの理由はこれ!
チークと同じ理由で、先端部分のみの使用では均一にフィットさせるのは不可能。スペースの広い肌は、なおさらムラになりがちなので要注意。先端は、小鼻脇など細部に活用を。

Image title

【NG!】カチカチパフも失敗のもと!
スキンケア直後の肌や、浮き出た皮脂を取らずにメイクをすると、スポンジが濡れてファンデの粉が必要以上に密着。洗わず乾かすを繰り返すと硬くなり、ファンデがつきにくく。

Image title

ファンデーションがムラになって固まっている
狭い範囲で何度も塗ると、部分的に重なりができてファンデが溜まり、時間が経つと固まることに。カチカチスポンジはノリにムラが。

ベースメイク上手のカギ、清潔なスポンジにあり!

鑑識・長井かおりのメイク事件簿、最初の検証は“ベースメイクの仕上がりがムラになる”という、共感者が多いであろう問題。事実、長井かおりさんが定期的に開催しているメイクレッスンの参加者にも、同じようなトラブルを訴えてくる人が目立つのだそう。

「ムラになると言う人の大半は“ファンデが合わないんでしょうか?”と、コスメに罪をなすりつけるような供述をする。その都度、口罪ってこうして起こるんだなと感じます(笑)。でも、今の商品はどれも優秀。ファンデのせいではない確証があります」

原因は“塗り方。すなわちツールの使い方にある”と長井かおりさんは考察。「ムラになると言われると、私はまず、スポンジを見ます。原因が隠れているからです。そこで目撃するの は揚げパンのような茶に変色したスポンジ。長期間洗わずに放置するなど、ずさんに扱っていた形跡がわかる、それこそムラづきの物的証拠です。汚い道具ではキレイになれません。行いを見直し、改めましょう!」

触れたスポンジの足跡を残さない塗り方で、ムラなく自然な美肌に

Image title

VOCEST! GOLD 096 八木夏穂

◆BASE MAKE

ザ ファンデーション

使うのはコレ!
軽やかな感触で塗った途端、肌になじむムラづき知らずの好質感。サラッとした仕上がりも◎。ザ ファンデーション 30ml¥4000/アディクション ビューティ

Image title

(1)ファンデをつけるのは肌の上。スポンジの上に直接のせると、広がらなくなるので危険です
スポンジにファンデを取ると最初にのせた部位だけに染み込み、肌に均等につかなくなる。

Image title

(2)スポンジの4つの側面に指を添える“印籠持ち”をして、肌に垂直にあててなじませて
肌との接触面が均等&スポンジ全体に同じ圧がかけられるので、なじませムラにならない。

◆CHEEK

ミネラルクリーミー チーク

使うのはコレ!
フレッシュで均一な発色をする、ミネラルで色づけた肌に優しい美容液バームタイプ。ミネラルクリーミー チーク 06 ¥3300/MiMC

Image title

(1)塗るときはファンデのついたスポンジを活用。肌に均一になじむ自然な発色に調整できます
手の甲にチークを取り、ファンデを塗るときに使ったスポンジにトントンと色を含ませる。

Image title

(2)スポンジは肌と垂直をキープしたまま、ポンポンと優しく置くように塗り広げましょう
こちらも“印籠持ち”でON。このメイクでは、小鼻脇から真横になじませて、ピュアっぽく。

完成!

Image title

ピタリとキレイにフィット!接近しても、まるで素肌!

Image title

長井「汚れたスポンジでは、こんな美肌になれませんよ。ツールは清潔にね」
八木「原因のある悩みは必ず解決するって長井鑑識のお言葉、身に沁みました!」

撮影/向山裕信(vale./人物)、金栄珠(静物) ヘアメイク/長井かおり スタイリング/程野祐子 イラスト/ちばあやか 取材・文/橋本日登美 構成/河津美咲