1. ピンクトーン肌にはあえての○○色シャドウ合わせで色気が出せる

2017.12.23

ピンクトーン肌にはあえての○○色シャドウ合わせで色気が出せる

吐息が白くなるほど空気が冷え切った真冬にこそ映えるメイクが、「微熱未満」の体温メイク。可愛さと色気、そしてヘルシーさすらも漂わせることのできる「36.6℃メイク」をヘア&メイクアップアーティストの岡田知子さんが指南。

ピンクトーン肌にはあえての○○色シャドウ合わせで色気が出せる
鬼木 朋子
VOCEエディター
by 鬼木 朋子

ぽわんと熱を持ったピンク色の肌に寒色シャドウを添えて

「真冬の微熱未満メイクに寒色シャドウをあえて使う。そんな逆転の発想から生まれたのがこのメイク。少しだけエッジを効かせたアイメイクでも、肌のトーンをピンクにすることで難なくこなせるんです。コツは、パールピンクのハイライトとピンクチークを使うこと。下まぶたに入れた水色シャドウのすぐ下の肌全体をピンクトーンにすることで、自然と目元が和らいでどこか都会的なムードが漂う表情に」

森絵梨佳

メイクのポイント♥

森絵梨佳

【1】サテンピンクで白い肌が体温上昇

NARS ハイライティング ブラッシュパウダー

NARS ハイライティング ブラッシュパウダー 5136 ¥3400(2/16発売・限定色)/NARS JAPAN
「発熱したときのような肌にするために2つのチークを使用。まずパールの効いたサテンピンクのハイライトを頰骨の高い位置に」

【2】質感違いのコーラルピンクで血色感をアップ

ケイト 3Dコントラスティング チークス

ケイト 3Dコントラスティング チークス RD-2 ¥1500(編集部調べ)/カネボウ化粧品
「次に頰中央にマットの血色をプラス。頰骨のパールピンクと、頰中央のマットのコーラルピンクで、極めて自然な体温チークが完成」

その他のアイテムはこちら

Image title

「冬だからといって、寒色シャドウの洗練されたアイメイクをあきらめたくない。まぶた全体に右上、二重幅に右下を。下まぶたに左下の水色を入れるとデカ目効果も望めます」デザイニング カラー アイズ 07 ¥6800/SUQQU

ディマンシオン ドゥ シャネル

「まつ毛は上げず、軽やかに仕上げて」
ディマンシオン ドゥ シャネル 50¥4200(1/5発売・限定色)/シャネル

ラプソリュ グロス S

「シアーピンクのグロスでピンクの肌色とトーンを揃えます」
ラプソリュ グロス S 317 ¥3600/ランコム

撮影/尾身沙紀(io/人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/岡田知子(TRON) スタイリング/高垣鮎美(LOVABLE) モデル/森絵梨佳 取材・文・構成/鬼木朋子

鬼木 朋子
鬼木 朋子
VOCEの美容班在籍。メイク記事のほか、ベストコスメ企画などを担当。「"朝型人間"目指してます」が、追い詰められると始発で出社することも。オイリードライ。ニキビができやすく、肌荒れ、毛穴……と悩み多き肌質です。