連載 VOCE特別インタビュー

【山田裕貴】『ハコヅメ』特別編ムロツヨシさんとのシーンの裏バナシ暴露&独占ショット大公開!

更新日:2021.09.16

山田裕貴

戸田恵梨香さん&永野芽郁さん演じる凸凹交番コンビが話題のドラマ『ハコヅメ 〜たたかう交番女子〜』。特別編の放送では“山田くん面白すぎる! “本気で笑っちゃってるんじゃない!?”とSNSで話題を呼んだ山田裕貴さんに、突撃インタビューをしました! VOCE特別ショットと共にご堪能ください♡

山田裕貴

戸田恵梨香さん&永野芽郁さん演じる凸凹交番コンビが話題のドラマ『ハコヅメ 〜たたかう交番女子〜』。特別編の放送では“山田くん面白すぎる! “本気で笑っちゃってるんじゃない!?”とSNSで話題を呼んだ山田裕貴さんに、突撃インタビューをしました! VOCE特別ショットと共にご堪能ください♡

「原作漫画のテンポの良さを、演じる難しさを感じています」

山田裕貴

―ドラマ『ハコヅメ』が後半戦に差し掛かりましたが、撮影前を振り返って役に対する考え方が変わったことはありますか?

「う〜ん、最初の頃と変わらず今も難しい部分だなと思うところはありますね。『ハコヅメ』は、もともと警察官として働いていた方が体験したことを、漫画として描いているんです。そのリアルな警察の物語が二次元になったことで、日常の会話を面白くしたり、すごくわかりやすく表現されていますが、それをもう一度三次元に戻して面白いものを作ろうとすると、とてつもなく難しいです。漫画だと吹き出しに入っている言葉をパッと見て笑えるけど、リアルで同じことをやろうとすると言葉を発する時間やテンポがどんどん落ちていってしまうから。その勢いや笑いを壊さずにどうやって面白いツッコミに持っていくか、どこに落とし込めば観てくださっている方が笑えるのかみたいなコミカルの難しさを今すごく感じているところです」

―セリフは結構決まっているものが多いんですか?

「決まっていることもあるし、こっちの方がいいのではないかと提案する場合もあります。でも、このドラマはすごく原作をリスペクトして作っているので、漫画の『ハコヅメ』に載っている言葉だから言ってもらいたい、という言葉が台本に書いてあると思うんです。だからそれを変えてしまうのは違うなという気持ちもあるし、でもお芝居となると戸田恵梨香さんが演じる藤先輩、永野芽郁ちゃんが演じる川合、三浦翔平さんが演じる源の中に、僕が演じる山田がいるので、それぞれの考えるキャラクターに合わせてどう例えツッコミを持っていくか、というのが色々と変わってきます。そこでのセッションが面白くもあり難しくもあり、という感じです。逆に真面目なシーンの方がやりやすいかも(笑)」

山田裕貴

―コミカルなシーンもとても面白いですが、確かに3話の山田が川合を諭すシーンは、普段のキャラクターとギャップがあってグッときた気がします。

「あ、それはもう完全に、ドラマにマインドコントロールされている状態ですね! 僕の力とかではなく、ドラマの作りがそうさせていると思います。1話目ではコミカルなシーンや雰囲気が多いけれど、最終話に向かうにつれてだんだん真面目なテーマや深い話の展開が多くなってくるじゃないですか。このドラマの流れもそうですが、日常をコミカルに切り取って描かれていく中で、いきなりメインキャラクターではない周りの人たちの想いがパッと出されると、“ん?”とひとつ前のめりになってしまうという。それが『ハコヅメ』の面白さなんだろうなと思いますね。ですから、まんまとドラマの術中にハマっていますよ(笑)」

次ページ
「ムロさんからの『解放しろ』に、僕の何かが外れました」

Serial Stories

連載・シリーズ