VOCE特別インタビュー

バド混合ダブルス銅メダリスト・東野&渡辺ペア「一緒にいてくれてありがとう」

公開日:2021.08.31

バド混合ダブルス銅メダリスト・東野&渡辺ペア「一緒にいてくれてありがとう」

【東京オリンピック2020 バドミントン混合ダブルス】で銅メダルを獲得した、東野有紗選手と渡辺勇大選手がVOCEに登場。息のあったプレイで、ポイントを重ねていく勇姿が印象的でした。男女ペアであることの難しさはないの? オリンピックでのエピソードや知られざる素顔、そして互いへの思いについて語っていただきました。競技中の凛々しいユニフォーム姿とは一転、優しい表情と清らかな美しさを見せてくれた“わたがしペア”の変身ぶりもお見逃しなく!

バド混合ダブルス銅メダリスト・東野&渡辺ペア「一緒にいてくれてありがとう」

【東京オリンピック2020 バドミントン混合ダブルス】で銅メダルを獲得した、東野有紗選手と渡辺勇大選手がVOCEに登場。息のあったプレイで、ポイントを重ねていく勇姿が印象的でした。男女ペアであることの難しさはないの? オリンピックでのエピソードや知られざる素顔、そして互いへの思いについて語っていただきました。競技中の凛々しいユニフォーム姿とは一転、優しい表情と清らかな美しさを見せてくれた“わたがしペア”の変身ぶりもお見逃しなく!

東野有紗選手・渡辺勇大選手
PROFILE
東野有紗選手・渡辺勇大選手

共に通っていた福島県富岡第一中学時代からペア歴10年。中学、高校時代を経て、現在は共に日本ユニシス実業団バドミントン部所属。ペアとして、全日本総合選手権大会 混合ダブルスを4連覇中。2021年は全英オープン 混合ダブルス 優勝。そして、東京オリンピック2020では、バドミントン混合ダブルスでは銅メダル! 躍進を続けている。

「諦めずに10年間、組んでくれてありがとう。勇大くんだから、この結果があると思います」(東野選手)

「他の誰にもわからないことも、先輩はわかってくれる。もう、家族より家族ですね」(渡辺選手)

撮影が行われたのは、オリンピックの興奮冷めやらぬ8月某日。晴れやかな表情でスタジオに現れた二人に、スタッフ一同大興奮! お互いを「勇大くん」、「先輩」と呼び合う、息ぴったりな二人に、まずはオリンピックの感想を聞いてみると……。

東野選手(以下、東野)
東野選手(以下、東野)

自分でも驚いたのですが、今回のオリンピックではこれまでの大会では経験したことないようなプレッシャーを感じました。やっぱりオリンピックは大きな夢の1つでしたし、周囲の期待もすごく大きい。今まではどんなに大きな大会でも、どんなに強い相手と戦う時でも、とにかく楽しくて、常にワクワクしてました。もっともっと戦いたい! 的な。だけど今回のオリンピックの試合では、全然楽しいって思えなくて……。明日、負けたらどうしようと、そんな不安のほうが大きかったです。


渡辺勇大選手
渡辺選手(以下、渡辺)

僕も普段は、緊張は全くしないタイプなんですが、オリンピックで人生初のプレッシャーを感じました。自国開催ということもあったんですかね、海外の大会よりも周囲の期待を感じました。普段出場している大会だって、手強い選手がたくさんいるし、勝ちたいという気持ちは変わらないはずなんですけど、これがオリンピックの特別感なんだなって思いましたね。


銅メダルを決めた3位決定戦。一度は劣勢になりながらも、声を掛け合い、お互いを支え合い勝利を手にする姿に日本中が感動をもらった。

東野
東野

2ゲーム目、5点の差がついてしまいました。でも5点差ならまだまだ挽回のチャンスはあるし、ここで引き離されたらもっと辛くなる。だからここが踏ん張りどころ。私から積極的に声をかけて、二人で絶対乗り越えようと思ってました。


東野有紗選手・渡辺勇大選手
渡辺勇大選手
渡辺

あのタイミングで、先輩が『大丈夫』って声をかけ続けてくれたからこそ、劣勢でも気持ちが折れなかったんだと思います。これは今回だけじゃなく、いつの試合でもそうなんです。僕一人だったら諦めちゃうような場面でも、先輩がいつも前向きだから頑張れる。


東野
東野

勇大くんはその前日にも男子ダブルスで試合をしていて、平気なふりをしてるけどものすごく消耗しているのがわかってました。それを見せずに頑張っくれているのも。だからこそ私が気持ちを切り替えて、ムードを保っていこうと思っていたんです。勇大くんのことも自分のことも信じてるから、そう強気で思えるんですよね。


確かに東野選手は、場を明るくさせてくれる天性のポジティブキャラ! 周囲からも「とにかく明るい」、「前向き」と言われることが多いそう。

東野
東野

確かに、前向きかも。オリンピックの3位決定戦では、プレッシャーは感じていましたが、楽しくも感じていて。昔から、余裕で勝っている時よりも、競ってる場面の方が燃えるタイプ。だって、追い詰められてから勝った方が、カッコいいじゃないですか(笑)。


渡辺勇大選手
渡辺

僕は感情があんまり顔に出ないんです。でも他の人には気づかれないことも、先輩にはすぐバレます(笑)。あの試合中も僕が消耗していることに気づいてくれて、ずっと声をかけてくれた。そういうところ、カッコいいっすよね。


東野有紗選手・渡辺勇大選手
渡辺
VOCE編集部

ペアを組んでもう10年。時には衝突することもある?


渡辺勇大選手
渡辺

ないですね。ケンカも一回もしたことがない。コミュニケーションがすごく大事な競技なので、練習する上でもいろんなことを意見し合うのですが、お互いが納得できないってことがないんです。感覚とか、バドミントンへの姿勢とかがすごく近いのだと思います。


東野
東野

1年300日くらいは一緒にいますが、ムカつく!とかないです(笑)。試合中、私が動揺すれば必ず察してくれて声もかけてくれる頼もしい存在。そもそも考えてることがたいてい一緒なので、意見自体がすれ違わないからストレスもありません。あと勇大くんはわかりやすいので、何を考えてるか大抵わかります。


渡辺勇大選手
渡辺

いや、それは先輩だけですよ! ほかの人にはわかんないことも、先輩には即バレます。家族より家族ですからね、もはや。


東野有紗選手・渡辺勇大選手

2020年の3月。オリンピック、パラリンピック史上初となる開催延期が決定した。アスリートとして、当時二人はそのことをどんな風に受け止めたのだろうか?

渡辺勇大選手
渡辺

命の方が大事だから、当然だって思ってました。動揺もしませんでしたね。それに僕らにとっては、東京オリンピックが最終ゴールじゃなかったので。どんな大会でも世界一であり続けること、そのために日々の練習で、ピークを保ち続ける。今年に入っても、ギリギリまで(開催されるか)わからなかったけど、僕らにできることは“ある”と想定して粛々とトレーニングするだけですから。


東野
東野

私も同じ気持ちでした。それに、1年開催が延びるってことは、備える時間が1年増えたったこと。だから『もっと練習できるなあ』と思ったほど。1日1日を大切にしようと。


東野有紗選手・渡辺勇大選手
渡辺
VOCE編集部

オリンピックが終了した今、どんなことをお互いに伝えたい?


東野
東野

10年間、諦めずに私と組んでくれてありがとう。それに尽きます!


渡辺勇大選手
渡辺

先輩じゃなければ、10年もペアを続けてこれなかったと思うし、メダルもとれなかった。だから僕が伝えたいことも“ありがとう”ですね。感謝してもしきれない。


東野
東野

でも10年って実感がないんですよね。こうやって取材とかで言われて初めて、え? もうそんなに経ったの?と驚いたほど。


渡辺勇大選手
渡辺

この前しみじみ、二人で『あっという間だったね』と話したんです。だけど、今はまだ、ゴールじゃなくて通過点。次のパリオリンピックでは絶対に世界一、つまり金メダルをとろうという気持ちを共有しています。


東野
東野

とりあえず、今の目標は9月にフィンランドで行われる世界大会。そこで1位を取ることを目指して、練習に励みます。


次ページ
次はいよいよ、お二人のプライベートにも迫ります!

Serial Stories

連載・シリーズ