人気ヘアメイクの美肌づくり術

吉崎沙世子さん発!毛穴ベース×ピンク下地でピュア肌に【透明美肌づくりテク】

公開日:2021.08.28

吉崎沙世子さん発!毛穴ベース×ピンク下地でピュア肌に【透明美肌づくりテク】

透明感のある美肌を手に入れるには、ベースメイクが鍵を握っている! アイテム選びからつけ方のコツをマスターすれば、誰でもすぐに美肌が叶う。今回は吉崎沙世子さん流のテクニックを余すことなくご紹介。

吉崎沙世子さん発!毛穴ベース×ピンク下地でピュア肌に【透明美肌づくりテク】

透明感のある美肌を手に入れるには、ベースメイクが鍵を握っている! アイテム選びからつけ方のコツをマスターすれば、誰でもすぐに美肌が叶う。今回は吉崎沙世子さん流のテクニックを余すことなくご紹介。

教えてくれたのは…
𠮷﨑沙世子さん

ヘア&メイクアップアーティスト

吉崎沙世子さん

美容のプロページはこちら

【STEP 1】なりたい肌はベースで仕込む

さまざまな色みや質感がそろうベース=下地を仕込むことで、なりたい肌は自由自在! ベース選びと塗り方のコツをマスターして、理想の肌を手に入れよう。

ベース(鈴木愛理さん)

毛穴ベース×ピンク下地でピュア肌に

吉崎沙世子さん
吉崎沙世子さん

私が理想とするのは、ほんのりピンクみを帯びたピュアな肌! そこでまず、肌のノイズとなる毛穴をフラットに整え、輝きのあるピンクの下地でツヤと血色感を。気になる色ムラもカバーできて、一気に透明感がアップします。


HOW TO MAKE

1. 毛穴ケア下地を4線のせ

1. 毛穴ケア下地を4線のせ(鈴木愛理さん)

まず、毛穴が気になる小鼻の横、額、鼻筋にのせる。小鼻の横はやや多めに、Tゾーンは透けるくらい薄めにオン。

2. 毛穴をしっかり埋めていく

2. 毛穴をしっかり埋めていく(鈴木愛理さん)

指先で下地を叩き込むようにのばした後、スポンジでなじませる。これでフィット感が高まり、毛穴がフラットに。

3. ピンク下地は顔の中央に

3. ピンク下地は顔の中央に(鈴木愛理さん)

ピンク下地をブラシにとり、顔の中央にのせて。スポンジでフェイスラインに薄ーくのばしたら、ファンデをオン。

【STEP 2】立体感はハイライトで仕込む

輝きと明るさで立体的な顔立ちを叶えるハイライトは、透明感づくりにも欠かせない。ではもっと美肌に、メリハリのある顔立ちになるには? その技がこちら。

ハイライト(鈴木愛理さん)

ポイント入れハイライトでイキイキとした表情に

吉崎沙世子さん
吉崎沙世子さん

ハイライトは入れ方次第で、表情がイキイキと、透明感もぐんと上がります! そのコツは、チャームポイントの笑いジワや、目頭、頰の高いところに、なるべく狭い範囲で入れること。横顔も可愛く見えますよ。


HOW TO MAKE

1. 笑いジワはあえて目立たせる

1. 笑いジワはあえて目立たせる(鈴木愛理さん)

笑ったときに出る目尻のシワにハイライトをのせ、ポンポンとなじませる。これで表情が豊かに、横顔も可愛くなる。

2. 目頭の下にもハイライトを

2. 目頭の下にもハイライトを(鈴木愛理さん)

少し涙袋にかかるように、目頭の下にハイライトを入れると、ツヤ感アップ! レフ板効果で白目がキレイに見える。

3. 頰の高いところに光を集めて

3. 頰の高いところに光を集めて(鈴木愛理さん)

頰の高い部分にハイライトをオン! 肌に光を集めて輝きを与えてくれるから、ツヤ感と立体感が際立ち、トーンアップ効果も。

【STEP 3】シェーディングでメリハリ顔

シェーディングは、顔に立体感をもたらすのはもちろん、骨格矯正も小顔効果まで叶える! 自然な影やラインをつくる三者三様のシェーディング技は必見。

シェーディング(鈴木愛理さん)

シェーディングで眉、まつげ、鼻、唇の影をつくる

吉崎沙世子さん
吉崎沙世子さん

眉や鼻、まつげ、唇の下など、シェーディングは骨格や毛の影になる部分に入れるのが鉄則! 肌になじんでくすまない色を選び、ブラシで細かく散らすように入れると、暗くならず自然に仕上がります。


HOW TO MAKE

1. 眉頭の下に影を仕込む

1. 眉頭の下に影を仕込む(鈴木愛理さん)

眉下にシェーディングを入れて影を仕込む。眉頭の下から黒目の上くらいを目安に、細いブラシでサッとのせていく。

2. 目尻のまつげ下にも!

2. 目尻のまつげ下にも!(鈴木愛理さん)

目尻のまつげの下に影をつくって目元に奥行きを。眉頭下に入れたシェーディングと斜め対称に入れるのがポイント。

3. 鼻下にも影をつくって

3. 鼻下にも影をつくって(鈴木愛理さん)

正面から見て、鼻の影になる部分にシェーディングを入れて。これで唇との距離が縮まり、顔のバランスがよくなる。

4. 唇下の影で、顔の縦幅を縮小

4. 唇下の影で、顔の縦幅を縮小(鈴木愛理さん)

唇の下にもシェーディングを。ここの影を強調すると、顔の縦幅がキュッと縮小して見え、ふっくら美唇効果も。

【STEP 4】チークでツヤと血色感

肌の質感や表情を印象づけるチークは、ツヤと自然な血色感を与えるものを選択! ベースメイクの仕上がりを左右するチーク技は絶対マスターしたい。

チーク(鈴木愛理さん)

とけ込みチークでピュアな表情を演出

吉崎沙世子さん
吉崎沙世子さん

チークは肌にとけ込むように、頰全体に広く入れて自然な血色感を! クリームタイプだけれどサラサラ&ツヤの出るチークがおすすめ。やや黄みを含んだピンクのカラーは、どんな肌色にもなじみます。


HOW TO MAKE

1. とる量は薬指の腹くらい

1. とる量は薬指の腹くらい

薬指の腹でチークをとり、手の甲で余分な量を落としてから頰にのせる。こうすると適量がとれ、ムラになりにくい。

2. 頰骨上から全体に広げる

2. 頰骨上から全体に広げる(鈴木愛理さん)

まず、頰の高い部分にチークをオン。そこから顔の中央、外側へ、指先で叩き込むように頰全体に広げて。

Finish!

鈴木愛理

撮影/岡本俊(まきうらオフィス/人物)、高橋一輝(近藤スタジオ/静物) ヘアメイク/𠮷﨑沙世子(io/鈴木さん) スタイリング/木下夏実(DRAGON FRUIT) モデル/鈴木愛理 取材・文・構成/寺田奈巳

Edited by 鬼木 朋子

公開日:2021.08.28