連載 VOCE特別インタビュー

【MEGUMI】俳優仕事のメイクは、セルフメイクです!

公開日:2021.10.23

MEGUMI

まもなく40歳を迎える、MEGUMIさん。年齢を重ねるごとに、美しさが増していくーー。そんな彼女の美の秘密とは??

MEGUMI

まもなく40歳を迎える、MEGUMIさん。年齢を重ねるごとに、美しさが増していくーー。そんな彼女の美の秘密とは??

前回の記事はこちらから▼
【MEGUMI】すべての原動力は、ずばり“ドM”だから!

2001年にデビュー。その後、タレント、俳優として躍進するMEGUMIさん。育児を経て再開した俳優業は絶好調で、2020年2月には『第62回ブルーリボン賞』助演女優賞を受賞。最近では、Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督 2」で、鬼才・村西とおる率いるサファイア映像の経理として働く大場ますみ役を熱演した。俳優業だけにとどまらず、カフェのオーナーやウェブメディアの制作、ドラマのプロデュースなど、次々と新しいプロジェクトにもチャレンジする。そんなMEGUMIさん、じつは大の美容好きだとか。彼女の美の秘密、についてお話をお伺いします。

MEGUMI
トップス ¥89100 ※参考価格(Co)/イーストランド 03・6231・2970 イヤカフ ¥22000(MARIA BLACK × CINOH for Demi-Luxe BEAMS)/モールド 03・6805・1449 インナー/スタイリスト私物

固定は老ける! 化粧品売場で“今年の顔”にアップデートします

ーー美容が大好きで、新しいプロダクトやケアの情報収集に余念がないと話すMEGUMIさん。美容にハマったきっかけは何ですか?

MEGUMIさん※以下MEGUMI:
グラビアの仕事を始めた頃、事務所がヘアメイクをつけてくれなかったんです。ならば自分でやるしかない、と必然的に始めたメイクですが、すっかりハマり、美容全般が大好きになりました。いまでも、俳優の仕事は基本セルフメイクです。コスメもスキンケアも、新しい情報を仕入れたらすぐにトライして、いろいろと試しています。

ーーセルフメイク中心だとメイクさんに話を聞く機会も少ないと思うのですが、最新情報はどこで仕入れるのですか?

MEGUMI:
コスメに関しては化粧品売り場に足を運びます。それが一番手っ取り早いですね。難しいテクニックを取り入れるよりも、新しいプロダクトを使うだけで自然と今年の顔になりますから。BAさんに旬の色や素材の組み合わせを教えてもらい、実践しています。私は毎年、シーズンのアイシャドウパレットを買うんですね。コスメも季節に合わせて、そのときのものを使うことが大事。同じものを長く使い続けると、なんとなく顔も古めかしくなりますから。この夏はオレンジをベースにブルーのアイシャドウの組み合わせにハマっていました。

ーー固定のヘアメイクにするタレントさんも多いなかで、あえて新しいメイクを取り入れる理由は何でしょうか?

MEGUMI:
老けますよ。固定は老ける! コスメはもちろんですが、考え方が固定すると古い人間になってしまいますよね。「私のときはそうだった〜」なんて、昔話を得意げに語る人になるのはイヤだなと。なるべく、すべてにおいて新しさを意識するようにしています。

ーーだから、いつまでもエネルギッシュなのですね。

MEGUMI:
好きなお店に頻繁に行ったり、運動したり。先輩の俳優さんや経営者さんを見ていても、新しいことに挑戦している人が私はステキだなと思いますね。いつもいろいろなことを年下の人に教えてもらいます。現場で「何がいま流行っているんですか?」「どういう音楽が人気なの?」と質問して、いろいろと情報収集していますね。

ーーアップデートを続けるなか、MEGUMIさんが長年のセルフメイクで培った、ここぞのときの鉄板メイクはありますか?

MEGUMI:
ある程度大人になったら、どんなシチュエーションでもリップはきちんと塗ったほうがいいですね。赤やピンクなどの濃い色だけでなく、薄いベージュでもきちんと唇を縁取ることは、顔が元気に見えるのでとてもおすすめです。

ーープライベートのメイクで大切にしていることは何でしょうか。

MEGUMI:
大人のメイクには“きちんと感”が大切ですね。30代になると、昔はステキだったナチュラルヘアがなんだかぼさぼさに見えてしまったりします。なので、どこかしらにきちんと手を加えている感を出すことが大事なのかなと。髪の表面にはアイロンをかける、ヘアプロダクトを使うなど、さっと何か一つ取り入れるだけでいい。仕上げにアイラインやリップできちんと感を仕込むことで、大人の“ナチュラルスタイル”が成立するんだなと感じます。

ーーちなみに俳優の仕事でのメイクでは?

MEGUMI:
ドラマや映画では、きれいに見られたいとメイクするのではなく、今回演じる役はどういうアイシャドウを塗り、どういう香水をつけるのか、と役をイメージしながら選ぶのが重要だし楽しいです。プライベートのメイクと仕事でのメイクはまた別で楽しんでいますね。

MEGUMI
トップス ¥76000(PALMA MARTIN)/CPR TOKYO 03・6438・0178  スカート ¥47300(UJOH)/エム 03・3498・6633 イヤカフ ¥115500、リング ¥44000(carat a)/イセタンサローネ 03・6434・7975  サンダル※参考商品(Sergio Rossi)/セルジオ ロッシ カスタマーサービス 0570・016600 シルバーピアス、インナー/スタイリスト私物

きれいになるだけじゃない。
「美容」は最大の癒やしの時間

ーーお肌のケアもかなりこだわっていると聞きました。クリニックにも行くけれど、基本的にはセルフケア重視だとか?

MEGUMI:
家でのケアはかなりこだわっていると思います。いろいろなことをしていますが、とくにおすすめなのは朝晩のシートパック。化粧水をつけるだけでは真皮まで成分が届かない。なので、安いものでいいので、3分から5分、シートパックを貼ります。これは、チズ(佐伯チズ)先生に教えていただきました。あと、口から人は老けるので、口の中に指を入れ、口内を揉んでいます。毎日、入浴中に必ず口内マッサージをしていて、ほうれい線が薄くなった一番の理由はこのマッサージですね。顔も揉まないと、凝り固まって、重くなり、どんどん下がっていきますから。セルフケアはもちろん、エステやクリニックにも行き、美容を楽しんでいますね。

ーースキンケアまわりの美容情報は何でチェックされているのですか?

MEGUMI:
ありがたいことに、ヘアメイクさんや美容ライターの友達を始め、情報が早い人が周りに多くいるんです。スキンケア情報を片っ端から聞き、気になったらサロンに行ってみたり、新作アイテムを買って家で試してみたり。ただただ、美容が好きなんです。美容へのアグレッシブさはかなりあると思います(笑)。

ーーお話ししていても美容が好きな気持ちが充分に伝わってきます。MEGUMIさんにとって「美容」とはどういうものですか?

MEGUMI:
私、20代後半で突然ほうれい線が出来て、ものすごく衝撃を受けたんです。長くグラビアをやっていたので日焼けもしていましたし、当時はケアも適当だった。それでも、肌が強いと思い込んでいたので、突然の“老いのサイン”に精神的にも相当ショックで……。容姿に対する自信がどんどんなくなっていったんです。ほうれい線があるから人前に出るのはイヤだ、この服はほうれい線があるから似合わない。そんな流れはよくないと思い、美容スイッチを入れて、ありとあらゆることを試しました。結果、ほうれい線は8年ぐらいかけて消えていきました

スキンケアにこだわって肌を触ったり、エステでケアをすることで、肌がキレイになりますよね。プラス、気持ちが整い、体調も良くなるんです。見た目の美しさもあるけれど、結局、美容は自分に意識を向ける行為なんだなと。家族もいますし、いつも外に意識が向かうことが多いですよね。でも、美容時間だけは、「明日の朝ご飯はどうしよう」といった日常から一度離れて、自分をかまってあげる時間になります。美容には“癒やし”があると思います。

ーー次回、いよいよ最終回。MEGUMIさんが考える、大人のファッションについて伺います!

MEGUMIさんのファッション記事は、10月27日(水)10:00公開予定

MEGUMI

MEGUMI
1981年生まれ、岡山県出身。2001年に20歳でデビュー後、タレントとしても活躍。27歳で結婚し、28歳で長男を出産後、本格的に俳優業にも進出。近年は金沢の古民家パンケーキカフェ『Cafe たもん』の経営や、MEGUMIさんが展開するウェブメディア「+COLLABORATE」を手がけるなどマルチに活動。初のドラマプロデュースを務めた、脱出ゲームが題材のクライムコメディーの連続Webドラマ「GOSSIP BOX」が9月24日からYouTubeで配信スタートした。

ドラマ「GOSSIP BOX」
MEGUMIさんプロデュースの配信ドラマ「GOSSIP BOX」https://youtube.com/playlist?list=PLZu7PQ7q_lo0NpV5qByfkOU-6-DTPKwQz)がついにスタート! 主演を務めるのはドラマ初主演のKing Gnu井口理さん。密室に閉じ込められた年齢も性格もまったく違う4人の男女が、脱出の鍵となる“全員の共通項”を見つけ出すためにプライベートな秘密を切り崩していくーー。

撮影/大野隼男(えるマネージメント) スタイリング/大浜瑛里那 ヘアメイク/エノモトマサノリ 取材・文/池城仁来

Edited by 渕 祐貴

公開日:2021.10.23

Serial Stories

連載・シリーズ