SHOCK EYEの神社習慣

SHOCK EYE推薦!伊勢神宮のおすすめスポット

公開日:2021.10.07

SHOCK EYE

「歩くパワースポット」と呼ばれるSHOCK EYEさん(湘南乃風)が、神社参拝を通して心をクリアにする方法を伝授する好評連載。伊勢神宮の20年に一度行われる「式年遷宮」。そこに秘められた意味から、今回改めて感銘を受けたというSHOCK EYEさん。これから始まる風の時代に、目に見えないものを大切にすることの大切さを教えてくれました。

SHOCK EYE

「歩くパワースポット」と呼ばれるSHOCK EYEさん(湘南乃風)が、神社参拝を通して心をクリアにする方法を伝授する好評連載。伊勢神宮の20年に一度行われる「式年遷宮」。そこに秘められた意味から、今回改めて感銘を受けたというSHOCK EYEさん。これから始まる風の時代に、目に見えないものを大切にすることの大切さを教えてくれました。

まっさらの美しい社殿が教えてくれるもの

伊勢神宮と他の神社の最も大きな違いは、式年遷宮によって20年に一度、すべての社殿が新しく造り替えられること。1300年間絶えることなく守られてきた、伊勢神宮で最も大切な祭事だ。

式年遷宮の20年という年数には、意味がある。一説には技術を伝承するための年数ということだ。人の寿命には限界があるから、これ以上年数をあけてしまうと職人さんが亡くなったりして貴重な技術が途絶えてしまうかもしれない。それを考えると20年というのは、社殿を造る技術や伝統を確実に後世へ伝承しながら、社殿の新しさも維持できるベストの間隔なのだそうだ。

神社というと、歴史や建物の古さばかりが有り難がられる。もちろんそれも素晴らしいけど、大切なのは古さじゃない。代々受け継がれてきたものを敬い大切にしてきた人々の想いであり、そしてそれは伊勢神宮も同じ。いつもまっさらで美しい社殿は、形のないものを守り続けていくことの大切さを教えてくれるんだ。

SHOCK EYE

今は「風の時代」の始まりと言われている。お金やモノが偏重された“地の時代”が終わって、これからは人との絆や情報といった目に見えないもの、形のないものの価値が高まっていく。僕はこういう時代にこそ、神社から学ぶことは多いと思っている。

伊勢神宮で行われている式年遷宮。これって簡単に言ってしまえば、“大きな約束”なんだと思う。守ろうが守るまいが相手が見てるわけでもない、それでもひたすらに昔の人々との約束を守り続けていく。約束という目に見えないものを守り、昔の人々が大切にしてきたものや考えをリスペクトする。これってすごく風の時代的な考え方だと思うんだ。

参拝は、自分との約束を結ぶこと

約束は時として、プレッシャーや束縛になることがある。その一方で、誰かとの約束が心の支えになったり、足りない隙間を満たしてくれることもある。ただどんな内容であれ、僕は約束を大事にする人間でありたいと思っている。

もちろん守れない時はある。でも大事なのは、守ろうとする姿勢。たとえ果たすことが難しくても、とにかく自分のやれることはやり尽くす。そういう姿勢が、人として一番大切なことじゃないかな。

自分との約束もそう。それはつまり、自分はこうありたい、という気持ちだ。これって何かに似ていると思わない? 神社へ参拝した時、みんな願いごとを唱えると思うけど、試験合格だったり恋愛成就だったり、だいたいは自分の理想の未来像を伝えるよね。神様にお願いをしている時、僕たちは知らないうちに「私はこういう人になりたい」と、自分とも約束しているんだ。

SHOCK EYE

今まではとにかく新しいもの、世の中的に良いとされてるものばかりが持てはやされてきたけど、これからは、それぞれが自分の価値観に合ったものを大切にしていくように変わっていくんだと思う。そんな時代には、神社のように自分と向き合える場所を持っていることがいっそう重要になっていくんじゃないかな。

神社参拝は、自分との約束の結びなおし

次ページ
伊勢神宮にはここだけのお願いができる別宮がある

Serial Stories

連載・シリーズ