1. おしりを鍛えれば疲れにくい身体が手に入る!今すぐできる超簡単メソッド

2018.01.24

おしりを鍛えれば疲れにくい身体が手に入る!今すぐできる超簡単メソッド

O脚、ダイエット、骨盤の歪みやゆるみなど、年間2000人もの悩める女性を救う、骨盤矯正パーソナルトレーナー・Naokoさんが提唱する、Naoko式メソッド。今回は日常生活の中でちょっと意識すればガラリと身体が変わる!おしりの筋肉を鍛える方法をお伝えします。

おしりを鍛えれば疲れにくい身体が手に入る!今すぐできる超簡単メソッド

身体を家に例えると
おしりは土台、背骨は柱、頭は屋根

私たちの身体を家にたとえてみると……土台となるのは「おしり」。背骨が柱で、頭が屋根と思ってください。頭(頭蓋骨)の重さは、女性でだいたい5〜6キロ。その重さを支える土台となるのはおしりです。おしりがしっかりしてないと、柱となる背骨もグラグラと不安定になり、屋根となる頭が前にもたげ、首や肩、腰に、負担が多くかかってしまいます。

Image title

おしりは、下半身と上半身をつなぐ、体の土台になるパーツ。おしりの筋肉が衰えていたり、うまく使えていないと、骨盤も歪みやすく、腰や、肩、太ももなど一部に負担をかけている状態に。つまり、おしりの筋力をうまく使えてない方は、全身の筋力をバランスよく使えず、一部の筋肉に余計な負荷がかかるため、疲労もしやすく、また疲労回復にも時間がかかってしまうんです。

生物の中で人間が一番!
ある筋肉を大きくもっている!

意外に思われるかもしれませんが、ライオンのような筋肉質な動物よりも、体重比較的に、人間がある筋肉を一番大きくもっています。
その大きな筋肉とは、おしりの大殿筋。
ちなみに、体重比率でみなくても、体重160-180㎏、人間よりも約3倍も全身の筋肉が発達したゴリラよりも、大殿筋だけは、人間の方が大きいんですよ!人間は進化の過程で、お尻の筋肉を発達させることで、2本足歩行が可能になりました。つまり、殿筋は、人間が人間らしくあるための「証拠」でもあるのですね。

Image title

しかし、文明の発達とともに、楽さを選ぶことができるようになった現代人は、不便な生活をしていた昔よりも、お尻の力が衰えるようになりました。特に、世界的にみても座っている時間が長い日本人は、殿筋がかなり弱っています。

おしりの筋力が弱くなると
疲れやすいだけでなくて……

おしりで脚をまっすぐに支えられず、膝が曲がり、その膝を保持するために太ももの前側が張ったり、膝や腰を痛めやすくなります。また、骨盤も垂直に支える力がないため、バランスを保つために、人によっては腰が反りやすくなったり、逆に猫背にも。

Image title

まるでおばあちゃんですね!疲労回復、慢性不調がとれないだけでなく、実際の体年齢が加速して老けやすくなるのです。そんなことは絶対に嫌ですよね。でも、簡単なことで、防ぐことができまるんです!

おしりを鍛えると疲れにくいし
疲労回復も抜群に早い!

この解決法を知った私は、20代の頃に抱えていた身体の不調が改善!疲労回復だけでなく、肩こり、腰痛、О脚、ダイエット、外反母趾の改善と、期待以上の大きな変化を得ることができました。

Image title

他にも、メリットはたくさんありますよ!
・全身の歪みも早く改善できる
・内臓の位置が整い、消化器系の働きが活発に
・生殖器の働きも改善し、女性特有の心の不調もバランスが整う

もうこれだけメリットがあるなら、やるっきゃないですよね。
やることは、簡単!日常の動作を、お尻を土台に動かしてあげる「ながらトレーニング」にしちゃいましょう!
良いも悪いも、小さな積み重ねが、あなたの体を作っています。日々のルーティーンワークに「おしりを鍛える」のエッセンスを加えて、健康的な身体をつくる、効果的な日常に!

1、階段の上り下り

Image title

おしりで脚をコントロールしていない方は、代わりに太ももの前側の筋肉を使って、コントロールしています。なので、すぐに太ももが疲れてしまい、膝を痛めやすくなるのです。おしりを使うことを意識して、上り下りしてみて下さい。頭を常に骨盤のまっすぐ上に来るように保つと、うまくおしりが使えますよ!

2、歩いているとき

Image title

おしりを使って大股で歩くことでおしりの筋力を使えるので、疲労回復につながります。大股で歩くだけでいいのです!実践してみて下さいね。

3、台所に立っているとき

Image title

足を大きく開いて立ち、おしりをキュッと締めてみて下さい。前かがみになる必要がなく、腰を痛めずに、お皿洗いが楽にできます。おしりの形もよくなり、ボディメイクにも効果が!


たったこれだけのシンプルな意識だけで、世界が変わります。土台となるおしりをしっかり鍛えて、疲れにくい体を手に入れましょう!