1. 【イエベ&ブルベ別にオススメ!】この春大注目のベージュレッドリップ一覧

2018.01.25

【イエベ&ブルベ別にオススメ!】この春大注目のベージュレッドリップ一覧

この春はイエローベースの得意カラー、べージュ系リップがザクザク。注目したいのは、大人の女らしさがほのかに漂うレッド寄りの色。

【イエベ&ブルベ別にオススメ!】この春大注目のベージュレッドリップ一覧

ベージュレッド

赤を受け継ぎながらベージュニュアンスで洗練ムードに。

透け感と光沢感のバランスよし!<モデル使用色>

Image title

アスタリフト フラロッソ ティラバーチ リップスティック OR01
見た目よりも薄づきで、軽やかな発色が春らしい。肌うつりのいい仕上がりに。¥3200/富士フイルム(2/21発売)

「指でポンポンとつけて薄く、軽く。素の唇が透けるぐらいが可愛い」From ヘアメイク 吉村純さん

ベストな塗り方をマークでチェック!

Image title

直接塗る→直、指に取って塗る→ポンポン、リップブラシに取って塗る→きちんと、とリップをつけこなすための塗り方マークつき。おすすめの塗り方をすれば失敗なし。

FOR イエベさん

落ち着きのあるナチュラルリップが手に入る!

Image title

ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム BE-10

Image title

血色感のあるなじみ色。指塗りでもムラにならないように均一にのせて。¥1000(編集部調べ)/コーセー(2/16発売)

なじみ色でもぷっくり。可愛い雰囲気が出せる

Image title

エスプリーク リッチクリーミー ルージュ BE371

Image title

どんな場面でも活躍するおすましベージュ。中央に重ねてぷっくりと。¥2300(編集部調べ)/コーセー(3/16発売)

ベージュでも可愛げをアピールできるカラー

Image title

シスレー フィト リップ ツイスト マット19

Image title

唇にのせるとピンク寄りに発色。マットな仕上がりで、可愛い印象に。¥4700/シスレージャパン(3/1発売)

セミマットな発色だからどんな場面でも活躍する

Image title

セザンヌ ライナー&リップ 10

Image title

ピタッと唇に密着して自然なセミマット仕上げに。唇のトーンアップも可能。¥600/セザンヌ化粧品(3/26発売)

クリーミーなベージュで大人っぽい華やかさ

Image title

ファンケル アクアセラムルージュ 42

Image title

うるおいのツヤが広がる仕上がり。薄めに色づくので何度か重ねて発色を調整するといい感じ。¥2900(2/20発売)

こっくり感触はブラシで丁寧に塗って上品仕上げ

Image title

ベアミネラル ジェン ヌード パテント リップラッカー ダーリン

Image title

唇の色に左右されずに発色。こっくり感触なので、ブラシで塗ることで色とツヤを均一に広げて。¥3000(2/21発売)

モカ色のニュアンスで落ち着きのあるムードに

Image title

ルナソル エアリーグロウリップス 05

Image title

薄膜でも色づく軽やかさが今年らしさの源に。ブラシ塗りで上品に仕上げるべきカラー。¥3000/カネボウ化粧品

シックな発色が目を奪うクラシカルな仕上がり

Image title

レ・メルヴェイユーズ ラデュレ スティック ルージュ 02

Image title

主張は控えめでも確かな女らしさが漂う。オーバーリップに仕上げて、クラシカルな可愛さを堪能したい。¥4000

FOR ブルベさん

どんな人にも似合うまろやかな発色

Image title

カネボウ モイスチャールージュ 07

Image title

しっくりと肌になじむ赤みがポイント。使いやすいトレンド色。¥3500/カネボウインターナショナルDiv.(2/9発売)

濡れツヤ発色だからこそ細部に気を配るのが正解

Image title

コスメデコルテ ザ ルージュ BR353

Image title

艶やかな雰囲気が手に入る。口角だけはブラシで整えるとぐっと清潔感がアップ。¥3500(2/16発売)

唇と一体化するようにフィットする仕上がり

Image title

B.A B.A カラーズ リップスティック RW

Image title

セミマットな質感ながら存在感あり。唇の中央に重ね塗りして、色と立体感の強調を。¥6000/ポーラ(3/1発売)

撮影/城健太(人物/vale.)、伊藤泰寛(人物唇カット)、藤本康介(静物) ヘアメイク/吉村純(LA DONNA) スタイリング/程野祐子 モデル/林田岬優 取材・文/穴沢玲子、丸岡彩子 構成/佐野桐子