1. 毛穴に効果テキメン!「かっさ」の意外と知らない効果って?

2018.02.12

毛穴に効果テキメン!「かっさ」の意外と知らない効果って?

顔やせ・ほうれい線対策などで人気の「かっさ」。私もシュッとした小顔になりたくて使い始めたのですが、顔やせよりも先に実感したのが「毛穴が見えなくなること」だったんです! なぜかっさが毛穴にも効くのか? 使用感から考察してみました。

毛穴に効果テキメン!「かっさ」の意外と知らない効果って?
中野 亜希
ライター
by 中野 亜希

たるまないから引っぱられない!
縦長毛穴が改善

かっさの効用として真っ先に思いつくのが「たるみが改善する」ことですが、これが毛穴にもいい影響を与えるようです。加齢や水分不足によって、毛穴がタテに伸びたように開き目立ってしまうという現象が起きますが、「皮膚そのものがたるんでのびている」というより、表情筋の衰えによって顔がたるみ、それに肌が引っ張られていることも。つまり、顔のたるみが解消されれば、毛穴の開きも改善する、というわけです。かっさは短期間でフェイスラインがシュッとするので、たるみ解消、ひいては縦長毛穴の解消にもつながります。かっさについて、「顔やせしにくい!」という意見もありますが、肉が減って痩せるというよりは、余計な水分と老廃物が流れて顔が若返る感じがします。小顔になりたくて始めたかっさですが、真っ先に効果を実感したのは毛穴の縮小でした。

スキンケアの吸収がよくなる!
乾燥で開いた毛穴が縮む

Image title

かっさを使うにあたって大事なのが「肌に摩擦や負担を与えないこと」。オイルや乳液など、滑りをよくするアイテムが必須です。スキンケアの後、その滑りの良さを活かしてかっさを使うのですが、マッサージしているうちにすぐに肌になじんでしまいます。保湿アイテムをつぎ足してもかっさを使っているとぐんぐん肌に浸透する感覚があり、ベタつきが残ることはほとんどありません。乾燥した肌は毛穴が開いて目立ちますが、かっさでマッサージした翌日の肌は潤いがしっかりチャージされたせいか、毛穴が見えない美肌に。スキンケア直後のベタつきが気になったり、パパっと肌になじませて終わりの人は、かっさを取り入れると毛穴にも嬉しい効果が表れるかもしれません。

顔冷えも改善♡
血行が良くなる

手でマッサージするより力がいらず、肌に摩擦を与えにくいかっさ。素手と比べて格段にマッサージがラクになり、顔やデコルテのコリをゴリゴリほぐせるのがいいんです。終わると顔が温かくなったり、透明感がアップしたように感じます。実際、かっさを脚に使うと、マッサージが終わった脚はそうでない方に比べて白くなります。血行がよくなり、老廃物が排出されることで透明感が増し、毛穴も気になりにくく。オイルや乳液などでマッサージすると、顔が温まるにつれて毛穴の汚れが奥から出てくることもあり、これもまた毛穴に効く理由と言えそうです。

いつでも使いたくなる!
オススメかっさはコチラ

アユーラ ビカッサプレート・プレミアム

アユーラ,ビカッサプレート・プレミアム

立体的な形のアユーラのかっさは、陶磁器製で手触りがよく、カーブが顔や首筋にフィットして力がいらないので、長く愛用している一品です。専用のセラムもあり、マッサージ手順も動画で公開されているのではじめてのかっさとして買いました。形が計算され尽くしていて、とにかく軽い力でも十分にマッサージできるのが魅力です。

コジット かっさリフトプレート

コジット,かっさリフトプレート

肌なじみがよく、小さいのに足などにも使えるので、ポーチに入れて持ち歩いている一品。アユーラと違い、フラットな形なのでかさばりません。顔以外にも、デスクワーク中に疲れた首や、デコルテのコリをほぐすのにも使っています。感触はなめらかですが冷たいので、ひんやり感が気になる人はお風呂で使うのもよいかもしれません。

ベクトラス かっさザウルス

ベクトラス,かっさザウルス

VOCEとソリデンテのコラボ付録。かっさといえば「流す」ことがメインですが、これは「押す」にも対応しているのが嬉しい。フェイスラインを流すのはもちろん、頭皮をプッシュしたり、二の腕やヒップをマッサージするのにも効果的なのでお風呂に置いています。私は付録で手に入れましたが、現在は遠赤外線パウダーが配合され、パワーアップしたものが販売されています。


使う前は「そんなにゴリゴリやって大丈夫?」と思っていた、かっさ美容。でも、摩擦にだけ注意すれば気持ちよくて即効性もあるのでやみつきに。小顔になりたい人はもちろん、毛穴に悩む人はひとつ手に入れてみては?

中野 亜希
中野 亜希
コスメ大好き!美人大好き!なライター。スキあらばコスメカウンターとドラッグストアを徘徊し、芸能人のメイク分析や美容にイイ食べ物&ギアを試すのが至福の時。365日違うメイクをするため、ポーチの中身は毎日総取替え!本誌で一番好きなのは「実験VOCE」。