1. 【河北裕介×川口春奈】苺色・蓬色・牡丹色で”女っぷり”メイク

2018.02.06

【河北裕介×川口春奈】苺色・蓬色・牡丹色で”女っぷり”メイク

一年で一番、心が浮き立つ春新色。それらを使って大人が美しくなる極意とは? 女っぷりを上げるメイクの達人、河北裕介氏が旬の美女とタッグを組んでお届けします。

【河北裕介×川口春奈】苺色・蓬色・牡丹色で”女っぷり”メイク

苺色◆大人の甘さって直球じゃダメ。可愛い色はツヤやフォルムで女らしさも匂わせて

「フレッシュな苺みたいなカラーのリップ。これを可愛いだけで終わらせない決め手は、色気を引き出すぽってりとしたフォルムと透明度の高い肉厚なツヤ。唇の存在感が強い分、他は引き算が正解」

苺色リップが主役の“女っぷり”メイク

Image title

上下の唇の比率が1:1になるように上唇の輪郭をオーバーぎみにリップのチップでなぞってから全体に色をのせる。口角と黒目をつなぐ頰のラインの真ん中にクリームチークを淡くぼかす。シャドウのパレットの左下をアイホール全体に指でふわりとぼかし、右下をチップで上まぶたのキワに細いラインでのせて締める。

使ったのはコレ!

Image title

ぽってりとした肉感的な唇に!
ツヤと鮮やか発色が魅力。8 番は春らしい“苺色”。乾燥から守るケア成分配合。
ヴォリュプテ ウォーターカラーバーム 8 ¥4000/イヴ・サンローラン・ボーテ(2/2発売)

デザイニング カラー アイズ

重ねても厚みの出ない透明度の高いテクスチャー。やや赤みを感じるブラウンのバリエでまなざしに深みと立体感を生み出す。
デザイニング カラー アイズ 08 ¥6800/SUQQU

マルチペイントカラーズ

チークとリップに使える2WAY。07は今回のメイクの唇ともリンクする赤みを帯びたピンク。クリームの発色が軽やか。
マルチペイントカラーズ 07 ¥3000/RMK Division

蓬色◆洒落感が過剰にならないくすみ色は、この春の大人メイクの大本命

Image title

「シャツの柄から色を拾った、深い森を思わせるグリーン。ポップじゃない色を主役に据えるメイクは大人だからこそカッコよくこなせるもの。地味にならないように、オレンジレッドの唇で華を添えて」

蓬色アイが主役の“女っぷり”メイク

Image title

苺色メイクで使用したSUQQUのベージュシャドウを薄く仕込んだら、深いグリーンシャドウを上まぶたにオン。目を開けたときに少しグリーンが見える幅で。リップは直塗りした後に指で叩いて色をなじませる。シャドウの洗練感を際立たせるため、今回はノーチークがベター。ただ、顔色が悪くなる場合はコーラルをごく淡く。

使ったのはコレ!

オンブル プルミエール クレーム

一気に目元が粋になるスモーキーなグリーン
硬質な光をたたえたグリーングレーのクリームシャドウ。絶妙に透ける発色で、深い色でも目元の印象が重くならない。
オンブル プルミエール クレーム 824 ¥3900/シャネル

Image title

花のように鮮やかなノンパールのオレンジレッドはグリーングレーの目元と相性抜群。なめらかテクスチャーが、唇を鮮烈に彩る。
ルージュ アリュール 182 ¥4200/シャネル

牡丹色◆可愛さに逃げずにカッコよさを摑む旬なパープルで冒険を

「このパープルのリップのように、パンチの効いたアイテムを使うときは可愛さに逃げちゃダメ。メイクだけでなくファッションやヘアもクールさと色気を意識して一筋縄ではいかない魅力を手に入れよう」

牡丹色リップが主役の“女っぷり”メイク

Image title

リップはブラシで丁寧に輪郭をとってから、全体に色を広げる。発色に軽さを出すため、指でポンポンと叩いてなじませて。シャドウの左端2色を混ぜて二重幅と下のまぶたのキワにのせて囲み目に。さらに上下のキワにブルーをごく細いライン状にオン。下まぶたのキワ、黒目から目尻までに赤のシャドウを重ねる。

使ったのはコレ!

Image title

遊び心をくすぐるマットなパープル
クリーミィかつマットなテクスチャー。個性的だけどどこか甘さのあるパープルは、唇にのせると意外なほど肌になじむ。
ラプソリュルージュ 401 ¥4000/ランコム(限定発売)

Image title

単色使い、ミックス使いだけでなく、白はハイライター、ブラウンはアイブロウとしても使える。
クチュール・アトリエ・パレット ¥8500/パルファム ジバンシイ(限定発売)

撮影/竹内裕二(BALLPARK /人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/河北裕介 スタイリング/木津明子 取材・文/中川知春