1. KATEがたどり着いたパウダーファンデーションの結論![PR]

2018.02.26

KATEがたどり着いたパウダーファンデーションの結論![PR]

ハイカバーでありながら、厚塗り感のない仕上がりという、高いハードルを軽々と越えた前作に続き、期待の2 作目のファンデーションが誕生。「液状なのにパウダー!?」そんな驚きをもたらすKATEの新作、注目です!

KATEがたどり着いたパウダーファンデーションの結論![PR]
鬼木 朋子
VOCEエディター
by 鬼木 朋子

Image title

液状からパウダーに変化する新感触の新作登場

"厚づき本格派リキッド"で大きな話題を呼んだKATEの新作。「THEBASE ZERO」シリーズならではのカバー力を備えた液状ファンデーションが、肌にのばすとサラサラパウダーに変化するという驚きの処方。この春の肌づくりが変わる予感! ケイト パウダリースキンメイカー全6 色 30ml 各¥1600(編集部調べ)

ビューティジャーナリスト齋藤薫さんも大絶賛!

ビューティジャーナリスト齋藤薫さん

ビューティジャーナリスト 齋藤薫さん

ここまで"相反する要素"を組み合わせることで美肌が叶った。本質を知るファンデ、ゼロって凄い!

このブランドは、化粧品の本質の本質を知っている。何をすべきか、明確に分かっている。ずっとそう思っていたけれど、このTHE BASE ZEROシリーズで尚更その確信を強くした。「カバー力があるのに素肌っぽい」的に、優れたベースは矛盾をはらんでいることが多いが、シリーズの1 作目は厚づきのはずがそうは見えず、だから高いカバー力と繊細なツヤ感が高レベルで融合する美肌が出来上がったし、2 作目となる新作は、リキッドのはずが仕上がるとパウダー、だから見事に均一でしとっと密着しているのにサラサラという、やはり矛盾による驚くべき美肌が実現した。どちらも不可能を可能にするための意図的なパラドックス。凄いと思う。正直言って、私たちが欲しい肌は突き詰めていくといつも一つ。ファンデのタイプを超えて、その理想形に近づくために、一番頭をひねっているのはこのKATEかもしれない。プチプラにしてこの実力、それもまた激しい矛盾。だから、果てしなくかっこいい。

厚づきなのに厚塗りに見えない!

パウダーに変化する液状パウダーファンデーションできめ細かいサラサラ肌に

Image title

ピアス(片耳分) 各¥10000/e.m. 表参道店(e.m.) リング¥8000/ルイールコーポレーション(レミュー) トップス/スタイリスト私物

ヘア&メイクアップアーティストKUBOKIさんが「液状パウダーファンデーション」のスゴさを解説!

肌づくりに妥協は許されない、真剣勝負の撮影現場を数多くこなすプロならではの目線で、KATEの新作の魅力を紹介。

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト K U B O K I さん

パウダリースキンメイカーができること

「薄づきファンデでは満足できない女子が多いと聞きます。最近はアプリ修整で自分史上最高の美肌を知っているから、中途半端な補整力では自分が満足できる肌になれないのかもしれませんね。そんな中、毛穴や色ムラの目立たない美肌を演出する„カバー力„にフォーカスしたKATEの着眼点は見事。新作のファンデーションも、しっかりとしたカバー力を持ちながら、サラサラのパウダーに変化するという目から鱗の処方です。油分、水分、パウダーの配合が絶妙なので、まさにリキッドとパウダーのいいとこどり。密着度が高く、スジムラもできないし、上品な肌に仕上がります。リキッドが苦手な人も簡単にメイクできるはず」

POINT

☑密着カバー×厚塗り感なし!
☑サラサラに仕上がり、上品な印象
☑きちんと感のあるきめ細かな肌になる

密着度と軽さの秘密

「液状なのにパウダーファンデーションのように仕上がるのはなぜ?」その秘密は塗布直後に揮発する油分にあり! 肌の上に残る少量の油分と、しっかり残る粉によって均一な化粧膜と密着感が生まれ、油っぽさのない軽やかな仕上がりになるのだ。

リキッド派さんには……ベストコスメを圧倒的支持で受賞した本格派リキッド!

Image title

2017VOCE上半期ベストコスメプチプラ部門ベースメイク編1位

第1作は薄づきファンデを何度も重ねて、結局厚塗りになってしまっている女子があまりにも多い……というリアルな現状を救うために、あえての"厚づき"に挑戦し、カバー力を実現。しかも厚塗りに見えない仕上がりに、プロも虜に。昨年のベストコスメでは多くの支持を集めて圧勝! ケイト シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド) 全6 色 30ml 各¥1600(編集部調べ)

VOCE編集部員がKATEで1分メイクにチャレンジ!

撮影/菊地泰久(vale./人物)、大原敏政(aosora/静物) ヘアメイク/KUBOK(I Three PEACE)スタイリング/川﨑加織 モデル/比留川游 デザイン/mashroom design 取材・文・構成/鬼木朋子

協力/カネボウ化粧品
0120・518520
www.nomorerules.net

鬼木 朋子
鬼木 朋子
VOCEの美容班在籍。メイク記事のほか、ベストコスメ企画などを担当。「"朝型人間"目指してます」が、追い詰められると始発で出社することも。オイリードライ。ニキビができやすく、肌荒れ、毛穴……と悩み多き肌質です。