1. この春手に入れるべきリップとアイカラーはコレ!【カラーメイクがグッとあか抜ける】

2018.02.21

この春手に入れるべきリップとアイカラーはコレ!【カラーメイクがグッとあか抜ける】

カラーメイクに挑戦したいけど、色のバランスが難しそう……。そんな悩めるメイク好きさんに春新色を使った最旬カラーコーデをヘアメイクGeorgeさんが伝授します!!

この春手に入れるべきリップとアイカラーはコレ!【カラーメイクがグッとあか抜ける】

春色を使いこなすための3つのコツ

3つのうち、どれかを取り入れるとうまくいきます!

【1】色のトーンを整える

「メインで使いたいアイカラーの色の彩度や、青み、黄みなどの色のトーンを近づけて。彩度の高いクリアな色ならリップを鮮やかに。彩度の低い色ならリップをくすみ系に。黄みや青みを揃えるだけでも、チグハグ感が解消できます」

【2】同系色でまとめる

「ポイントになるアイカラーと似通った色のリップを選べば、ワントーンメイクのように、顔に統一感が出てコンサバにまとまります。目元と口元のバランスが簡単にとれて、色の印象も強調されるのでトレンド感がより高まります」

【3】アイテムの質感を揃える

「つやめく目元とマットな口元など、かけ離れた質感が顔の中に混在すると、まとまりがなく散らかった印象に。目元と口元の質感を近づけると、洗練感がいっきに高まります。質感で遊ぶならチークで変化をつけるのがおすすめ!」

今季、手に入れるべきリップはこの5色!

Image title

アイカラーとリップカラーのベストバランスコーデはこちら!

1.【EYE】ネオンピンク×【LIP】ブラウン

Image title

ピンクの甘さを中和するクールなブラウンを投入
「アラサーがピンクを使うなら、ダークなブラウンリップで引き締め、スウィートではなく、オシャレな印象に仕上げるのが◎。リップのブラウンはピンクの青みに合わせて青み系のトーンにすると大人っぽくまとまります」

この組み合わせのメイクをチェック!

Image title

大人のピンクメイクにはどんなリップをあわせる?

2.【EYE】グレージュブルー×【LIP】ベージュ

Image title

エッジィになりがちな寒色は血色感で和らげる
「ブルーのアイカラーには、色が主張しすぎず、ほどよい血色感のあるベージュリップが最適。今季気になるくすみ感のあるグレージュブルーなら、スモーキーな赤みベージュで彩度を近づけると、さりげなく色遊びが楽しめます」

この組み合わせのメイクをチェック!

Image title

オフィスでもOK!あか抜けた印象になれる【ブルーのアイシャドウ】の使い方

3.【EYE】キャロットオレンジ×【LIP】レッド

Image title

彩度高めの色合わせは透け質感でヌケを出す
「オレンジは赤と組み合わせるのがおすすめ。鮮やかな色同士で、パッと見アラサーには派手すぎると思いがちだけど、今季っぽい透ける質感を選べば、自然に肌になじむので、やりすぎ感もなく、ジューシーで可愛い!!」

この組み合わせのメイクをチェック!

Image title

定番【赤リップ】メイクを春らしくリニューアル!【春メイク】

4.【EYE】ソフトボルドー×【LIP】ローズ

Image title

あえての同系色コンビでオシャレ上級者感を!
「深みのあるボルドーには、同系色コーデで、ローズを合わせるのが素敵。春夏には向かない? と思いがちな濃い色のペアだけど、今シーズンは、質感がグッとライトにシフトしているから、重すぎず、むしろオシャレに使えるんです!」

この組み合わせのメイクをチェック!

Image title

この春のカラーメイクはあえてのディープカラーがくる

5.【EYE】キャメルブラウン×【LIP】オレンジ

Image title

明るいトーンで揃えて新鮮なブラウンメイクに
「”やっぱりブラウンシャドウが好き〞”という人に、この春おすすめなのが明るいキャメルブラウン。鮮やかなオレンジリップと組み合わせることで、秋冬のブラウンとはひと味違う、彩度高め同士の春夏っぽいメイクに仕上がります」

この組み合わせのメイクをチェック!

Image title

定番のキャメルブラウンの目元は◯◯リップで春顔に!

影/押尾健太郎(人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/George スタイリング/程野祐子 モデル/野崎萌香、藤野有理、 取材・文/小池菜奈子 構成/河津美咲