1. 【NO肌トラブル・老けない・痩せない】マンガでわかる美腸=美肌のメカニズム

2018.02.25

【NO肌トラブル・老けない・痩せない】マンガでわかる美腸=美肌のメカニズム

“すべての美しさは腸に通ず!”何をやっても、美容や不調の悩みが解決しないなら、それは腸が原因かも! 究極の美を求め、美腸のつくりかたを教えます!

【NO肌トラブル・老けない・痩せない】マンガでわかる美腸=美肌のメカニズム
芦田 夏子
VOCE副編集長
by 芦田 夏子

Image title

知っておきたい腸用語

◆肌は腸の鏡(※1)

Image title

肌は内臓の調子がひと目でわかる腸の鏡。肌トラブルがあれば腸内環境が悪く、腸の働きが活発だと美肌に。腸は体の水分バランスも決めているので、乾燥肌は腸内環境に問題アリのサイン。

◆腸内細菌(※2)

Image title

腸壁にすみついた腸内細菌の数は100兆個以上。善玉菌、悪玉菌、日和見菌が共存し善玉菌が多い状態がいいと言われてきたが、最新の研究では、そのバランスも人それぞれで違うと言われている。

◆腸内フローラ(※3)

Image title

腸内には、さまざまな種類の細菌がグループをつくってすみついている。その様子がまるでお花畑のようなので、腸内フローラと呼ばれている。

◆汚腸(※4)

Image title

悪玉菌が増殖し、ストレスで自律神経のバランスが崩れて動きが悪くなった状態が“汚腸”。便の排出力が弱まり、腸には有害物質がたまる。

◆有害物質(※5)

Image title

腸にある役割を終えた菌の死がいや、体に不要な老廃物。本来なら便として排出されるが、便秘だとたまった有害物質が血液によって全身を巡ることに。

◆不調のデパート(※6)

Image title

すべての不調は腸次第。肌トラブル、太りやすい、免疫力低下、うつなど汚腸はあらゆる不調を引き起こす元凶なのだ。

教えてくれたのは……

小林メディカルクリニック東京 院長 小林暁子先生

小林メディカルクリニック東京 院長 小林暁子先生
医学博士。全身の不調に対応するクリニックを開業し、人気の便秘外来では延べ15万人以上の便秘患者の治療に携わる。著書は『今日からはじめる健美腸ルール 人生で最高の自分になる方法』(講談社エディトリアル)他。

撮影/恩田亮一 イラスト/ヤマサキミノリ 取材・文・構成/山本美和

芦田 夏子
芦田 夏子
毛穴やニキビ、テカリが気になる典型的オイリー肌。根本的なスキンケアやインナーケアの重要さに今更気付き始めました。趣味は読書とお酒と整理収納。