1. 肌のくすみの原因とは?洗顔や化粧水でくすませない肌にする秘訣

2018.03.10

肌のくすみの原因とは?洗顔や化粧水でくすませない肌にする秘訣

透明感のある肌に憧れるけど、現実は年々くすみが目立ちやすくなり、寝不足などをきっかけに肌色はどんよりしがち。そこで、日々くすませないためにできることをチェック!

肌のくすみの原因とは?洗顔や化粧水でくすませない肌にする秘訣
楢崎 裕美
美容ライター
by 楢崎 裕美

くすませない! くすみを消す! どちらにもOKなお手入れ方法とは?

くすみの原因はとても複雑!

まずは敵を知るということで、くすみの原因のおさらいから。

もっとも大きな原因といわれているのが血行不良。温め効果のある食材などを積極的にとり、湯船にきちんとつかる、体を動かすなどインナーからの働きかけが大事。もちろん血流アップ効果が期待できる炭酸コスメを使うのも有効です。

また、ご存じのとおり、メラニンも立派なくすみの原因。最近では、紫外線に加えて、大気汚染物質や精神的ストレスなども過剰なメラニン生成を促すことが判明。アンチポリューション効果のあるUVケアでブロックしながら、美白&抗炎症コスメを取り入れるのが◎。

さらに炎症が起こることで赤っぽくくすんだり、乾燥などでキメが乱れたり、角質が溜まって黒ずんだり。さらにエイジング減少のひとつ、糖化も黄ぐすみを発生させるため、糖化対応ケアも気になるところ、と要因はさまざまで、複数が複雑に絡むことも

誰にも起こりがちなくすみの原因が「寝不足」と「激しい乾燥」

とはいえ、一気にすべて解決というのは難しく、時間もかかるもの。そこでデイリーに心当たりのある要因に対するケアを盛り込みつつも、突発的にくすみがひどくなったときに有効なお手入れを、VOCEをはじめ、数多くの女性誌で活躍する人気美容ライター、橋本日登美さんが紹介!

Image title

◆教えてくれるのは……橋本日登美さん
インタビューからメイク、スキンケアまでジャンルを問わず活躍し、独自のユニークな切り口と、ポップ、かつ洗練された言葉選びで魅力を伝えるスペシャリスト! 憧れているのは「ピンク色のバラのような血色系透明感のある肌」

橋本流「くすみリカバリー法」のポイントは角質ケアとオイルケア!

「エアコンなどで空気が乾いたスペースに長時間いて肌がいつも以上に乾いたり、寝不足になると肌のターンオーバーは乱れがち。なので角質ケア効果のある製品を投入して、不要な角質は取り除きながら、ターンオーバーの正常化を図ります。
さらに、いつものケアにオイルをプラスして保湿力を高め、乾燥対策も万全に。これらは、くすませないためのケアとしてもオススメです!」

では、実際には……

①お手入れの始め、洗顔前に『スロン スキンエッセンス』を肌全体になじませて5分くらい置く。

スロン スキンエッセンス 145ml ¥3400/レノール販売

Image title

洗顔料やメイク落としから素肌を守るプレローション。天然の植物由来成分が肌の水分と油分のバランスを整え、柔らかく透き通る素肌へのリセットをサポート。

②次に、そのうえから『スロン クレンジング&ウォッシングローション』を重ね、①と混ぜるようになじませる。全体に行き渡ったら、水で濡らした手でやさしく円を描くようにマッサージして、液を乳化。肌の上から白い色がなくなるまで続けてから洗い流すのがポイント!

スロン クレンジング&ウォッシングローション 145ml ¥3100/レノール販売

Image title

泡が立たない乳液状の洗顔料でクレンジングも兼ねる1本。なめらかな肌あたりで指すべりがよく、やさしくメイクや汚れをオフ。
■お問合せ先…レノール販売:042-571-1111

「この2ステップで不要な角質ケアまでできて、驚くほど肌が明るく! 触れてももちもちです♡」

③洗顔後には、化粧水などの潤いを呼び込む導入を目的として、オイルをオン。その後、化粧水からいつものお手入れをし、最後にクリームを塗った上から、再びオイルをなじませる。クリームの効果を密封してダメ押しして、乾燥するのを徹底阻止!

顔用美容油KE 10ml ¥3800/濱田商店

Image title

化粧水前のブースターやケアの〆に活躍するほか、目元用美容液などマルチに使える多機能オイル。素肌力を高めて、ゆるがない肌へ。
■お問合せ先…濱田商店:03ー6427ー1551

「1回のケアで2回オイルを組み込むので、軽くてベタつきがないものが◎。濱田マサル氏プロデュースのオイルはベタベタしないうえ、選りすぐりの植物由来成分だけを配合していて、いずれも高濃度。しっとりなめらかになるので、乾燥トラブル予防はもちろん、アンチエイジングケアとしても秀逸。肌がピンとします。そして、オイルの挟み撃ち塗りをすると、乾燥でちょっとガサついた肌もしっとりなめらかに。私の大好きなツヤ感も復活!」

どんなに忙しくても、常につやんつやんの透明肌をキープする橋本日登美さんの、くすみ対策。ぜひお試しを!

モデル/甲斐まりか、取材・文/楢﨑裕美

楢崎 裕美
楢崎 裕美
VOCE本誌ほか、多くの女性誌で活躍する美容ライター。混合肌。多くのコスメのお試しや体験取材などをこなし、旬の美容情報に詳しい。プライベートでは、2児の母。