1. ポーラのベストコスメ受賞アイテム全部見せ!【POLAの“B.A神話”って!?】

2018.03.03

ポーラのベストコスメ受賞アイテム全部見せ!【POLAの“B.A神話”って!?】

いったい、どれほどの感動を私たちの肌に与えてくれたことか。美容の歴史を大胆に塗り替える握力を持ちながらも、常に謙虚であり続けるブレない姿勢。だからなのだろうか、これほどまでに強く惹きつけられてしまうのは。数々の“B.A神話”から紐解く「ポーラ」という奇跡。

ポーラのベストコスメ受賞アイテム全部見せ!【POLAの“B.A神話”って!?】

スキンケアブランドとして不動の地位を築き上げたポーラの製品は、実はその多くがベストコスメのタイトルホルダーだ。偉大なる功績とその魅力を検証しよう。

B.Aスキンケア

肌本来の可能性を追求する
「使い続けるごとに、美しくなろうとする肌の力が目覚めていくよう」プロの心を鷲づかみにしたのは、生命力あふれる肌を根本から育むパワフルなアプローチだ。期待を裏切らない完成度、これがB.Aの魅力。

Image title

A.【2015年下半期ベストコスメ クレンジング部門 第1位】
B.A クレンジングクリーム

とろけるようになめらかな使用感で、肌の潤いを守りながら瞬時にメイク汚れをオフ。まるで美容オイルでクレンジングしているかのような上質感で、プロたちを虜にした伝説の一品だ。130g ¥10000

B.【2015年下半期ベストコスメ 高額スキンケア部門 第3位】
B.A クリーム

こっくりリッチなテクスチャーで、美容成分を長時間届けながら、潤いの膜でしっかりホールド。内側からハリと弾力で満たし、生命力あふれる肌へと導くクリームはリピート率も抜群。30g ¥32000

C.【2011年年間ベストコスメ スキンケア部門 第1位】
B.A ザ マスク

驚くほどの弾力泡がぴたりと密着したまま、ぐんぐん浸透。独自の密閉浸透技術でクリーム一回使用量の10倍が肌に届く、「浸透する」マスク。使用後のハリ感で年間スキンケア部門1位獲得。60g ¥20000

D.【2017年下半期ベストコスメ 美容液・オイル部門 第2位】
B.A セラム プリズルミナ

内側から肌を照らす、ライトのような役割を持つルミカンに着目しながら、肌のハリ感も同時にケア。生命力に満たされ、明るい輝きを放つ肌へと育む美容液だ。〈医薬部外品〉40ml ¥20000

E.【2016年下半期ベストコスメ 美容液・オイル部門 第1位】
B.A セラム レブアップ

世界初、肌に備わる自浄サイクル停滞の要因を解明し、理論を応用した美容液は2016年下半期スキンケア部門の準グランプリも受賞。弾けるように浸透するテクスチャーも人気の秘密。40ml ¥13500

F.【2012年下半期ベストコスメ アイケア部門 第1位】
B.A ザ アイクリーム

薄く乾きやすいうえに、まばたき等によってダメージが蓄積しやすい目元を、土台から補強するリフォーム発想の目元用クリーム。コクがあるのにしなやかに浸透、長時間潤い続ける傑作。18g ¥20000

G.【2016年上半期ベストコスメ UVケア部門 第1位】
B.A プロテクター

B.A共通のスキンケア理論をベースに、紫外線はもちろん、近赤外線のダメージから肌を守るUVケアクリーム。ジェルとクリームの長所を併せ持つ処方でファンを虜に。SPF50/PA++++ 45g ¥11000

Image title

H.【2015年年間ベストコスメ 洗顔・クレンジング部門 第1位】
B.A ウォッシュ

まるで糸を引くようにもっちりとした濃密な泡に、プロをはじめ、多くの読者が感動。肌の潤いを守りながらウォッシュ、キメの整ったフレッシュな後肌感は病み付きになるほど。100g ¥10000

I.【2015年年間ベストコスメ 化粧水部門 第2位】
B.A ローション

なめらかな感触で肌と一体化するように浸透。後肌は、まるで内側からパンプアップするようなハリとボリューム感でふっくら。リッチで濃密なローションは、今なお絶大な人気だ。120ml ¥20000

J.【2015年年間ベストコスメ 乳液・クリーム部門 第2位】
B.A ミルク

肌のすみずみまで美容成分を届けるオイル処方を採用。肌を柔らかくほぐしながら、ふっくら弾力感のある肌に導くミルクは、クリーム並みの保湿力が秀逸。ロングセラーを誇る。80ml ¥20000

K.【2013年下半期ベストコスメ 高額コスメ部門 第2位】
B.A グランラグゼ II

独自の美容成分や美白有効成分ルシノールを贅沢に配合するなど、ブランドの叡智を注ぎ込んだ最高峰の美容液。ハリと弾力、輝く力が目覚めていく濃厚な一滴。〈医薬部外品〉50g ¥72000

L.【2015年年間ベストコスメ スペシャルケア部門 第2位】
B.A マッサージクリーム

肌への浸透感を追求した浸透とろみエキス水配合。こくのあるマッサージクリームはのびがよく、リフトアップやコリほぐし、血流促進など、スペシャルケアの新定番として人気。90g ¥12000

ショット

常に革新を起こし続ける
美容の歴史はもちろん、女性の意識さえ変えた、伝説の名品が揃う「ショットブランド」。手強いシワ、シミも。いざ、ポーラの先進技術とイノベーションの気高き世界へ!

Image title

A.【2017年上半期ベストコスメ スキンケア部門 最優秀賞】
リンクルショット メディカル セラム

史上初、シワの一因である好中球エラスターゼを抑制し、シワを改善する薬用美容液。溝に留まるようなこっくり感と、確かなシワ改善効果で快挙を成し遂げた傑作!〈医薬部外品〉 20g ¥13500

B.【2015年上半期ベストコスメ スキンケア部門 グランプリ】
ホワイトショット CX

自らが白く、美しくなろうとするセルフクリア機能に着目し、独自成分を配合。みずみずしいテクスチャーですみずみまで浸透、透明感あふれる冴えた肌に導く美容液。〈医薬部外品〉25ml ¥15000

ホワイトショット CXS

パワーアップした「ホワイトショット CXS」が2月から絶賛発売中!

C.【2016年下半期ベストコスメ クリーム部門 第2位】
ホワイトショット RX

紫外線ケアしているのにくすみやごわつきが気になる肌悩みにアプロ-チ。みずみずしいジェル感触が人気の秘密。シミやソバカスを防ぎ、透明美肌をめざすクリーム。〈医薬部外品〉 50g ¥12000

B.A ベース&カラーズ

自分らしい美しさを引き出す
ベストコスメ受賞のB.Aベースメイクラインに、ついにカラーアイテムが仲間入り。カラーディレクターにN.Y.で活躍するメイクアップアーティストAYAMI NISHIMURAを迎え、詩的なカラーを展開。心奪われる上質感を肌にまとって。

Image title

A.【2017年下半期ベストコスメ クリーム・ソリッドファンデーション部門 第1位】
B.A パウダリィバーム ファンデーションM

ふんわりさらさら感と、にじみ出るような奥深い艶を両立した画期的なパウダリィ。プロ&読者の支持を得てベースメイクではB.A初のベストコスメを獲得。SPF20/PA+++ 全6色 ¥11000

B.【2017年読者ベスコス ファンデーション部門 第3位】
B.A クリーミィファンデーションL

肌と一体化するようになじみ、表情にぴたりとフィットするクリーミィタイプ。B.A共通の美容成分配合で、つけている間中、生命力あふれるツヤ肌に。SPF30/PA+++ 全6色 25g ¥11000

C.熊野化粧筆(肌)B.A プレミアムL
広島県熊野の筆職人とのコラボレーションによって生まれた、ファンデーション専用のブラシ。ベルベットタッチで弾力感のある肌あたりと細部にフィットする三角形状が革新的。¥6800

D.【2017年上半期ベストコスメ フェイスパウダー部門 第2位】
B.A フィニッシング パウダー

きめ細かくシルキーな感触のフェイスパウダーは、透明感あふれる仕上がりでプロが絶賛。透明感を与えながら血色感を演出するルッキングライブリーパウダーに高評価が集まった。¥12000

E.熊野化粧筆(肌)B.A プレミアムM
手の平にすっぽり収まるサイズで、ころんと可愛いしずく形のファンデーション専用ブラシ。毛穴より小さい極細毛で、ベルベットタッチの心地よさできめ細かいツヤ肌仕上げ。¥6800

F.B.A カラーズ リップスティック
B.A共通美容成分配合、豊かな表情を彩り、存在美を際立たせるセミマットな質感のリップスティック。右からRE、BR、WR、DP、BP、RW、OR、CO 各¥6000(3/1発売)

G.(右)B.A カラーズ リップライナー ペンシル
  (左)B.A カラーズ リップライナー ペンシル ホルダー

(右)柔らかな感触で、繊細なラインもスムーズに描けるリップライナー。見た目どおりの鮮やかな発色。全4色 各¥2400(3/1発売)
(左)エッジの取りやすいブラシ付きホルダー。¥1000(3/1発売)

9年間のVOCEベストコスメ受賞歴

革新の「B.A」&「ショット」シリーズ
見よ、この受賞歴を!「もしや、全製品?」と見間違うほどの華々しい記録を、今なお更新中のポーラB.A&ショット。唯一無二のブランドの証明がここにある。

Image title

神がかり的なベストコスメ受賞歴。なぜ、B.Aはこんなにも愛されるのか

Image title

ビューティエディター 安倍佐和子さん

“唯一無二”の存在感に魅了されたプロたち

いつ頃からだろうか、編集者やジャーナリストの間で「ポーラは絶対、はずしたくないよね」と、ごく日常的に囁かれるようになったのは。どういう意味かというと、美容誌に欠かせないスキンケアや美白、ベースメイクなど、あらゆる編集企画で「いち早く、ポーラの製品を紹介するのは当然よね」と。つまりはそういう確認事項なのだが、ジャーナリストゆえの使命、あるいは編集者魂とでも言おうか。でも、それは紛れもない真実。なぜなら目の前にあるポーラの製品はどれも革新に満ち、それまでどこにもない“唯一無二”の存在感を放っているからだ。

エイジングケアの未来を拓く独創的な視点と、最新鋭の技術で完成した製品は、肌に感動を呼び覚ますものばかりで、上質なテクスチャーや香りなど、使い続けたくなる魅力がいっぱい。

また、リンクルショット メディカル セラムやホワイトショット、B.Aセラム レブアップなど、世界初の新知見を連発するも、どこか奥ゆかしく謙虚な姿勢に多くのプロが共感。評価を饒舌に語ることを嫌う、職人のようなモノ作りへのスタンスも、愛され続ける理由だ。

偉業を成し遂げながらも貫く謙虚な美の哲学

たとえば、ブランドの頭脳とも言える研究者を取材しても、桁外れの数字を動かす企画担当者に会っても、誰一人として傲ることなく、“あくまでも製品が主役”そんな控えめな立ち位置。常に凜とした“誇り”で満たされているのだ。

ポーラならではの優れた機能性と確かな肌効果はもちろんだが、肌にまとうたびに感じるのは、そんなモノ作りに関わる人々の熱く、真摯な想い。だからこそ、多くの美容のプロが心酔し、「この製品の素晴らしさをどうしても伝えなければ」と一票を投じるのだろう。世の中に優れた製品はいくらでもあるけれど、人の心に残るのは“唯一無二”の本物だけ。そう誰もが信じているからだ。

美の達人たちの偏愛B.Aスキンケア

数多のコスメを吟味し、高いプロ意識でジャッジ。優れた審美眼を持つ美容賢者たちが、心から愛する一品とは? 7人のプロが語るポーラB.A「私的偏愛物語」

◆美容ジャーナリスト 齋藤薫さん

「美人湯のような濃厚な水は化粧水の歴史的名品」

B.A ローション

B.A ローション
「水の如くサラサラなのにオイルに似た重量感、その不思議なバランスが、高速で浸透してすぐ、化粧水とは思えないほどの肌のボリュームアップを可能にする。とろみ系とは違う、美人湯のような濃厚な水は、荒れた肌さえたちまち落ち着かせる日常的なトラブルケアと位置づけられると思う。ともかく、奇をてらっていないのに他が真似できないほど独創的な化粧水は、歴史的名品と言っていいと思う」

◆ビューティエディター 松本千登世さん

「先進を肌で感じる『一生ついて行きたい』一滴」

B.A グランラグゼII

B.A グランラグゼII
「B.A グランラグゼIIに初めて触れた時、着目した『オートファジー』というキーワードに、美容がその枠を大きく超えていくのを感じて、胸ときめいたもの。重ねた時間を肌の輝きに変える、そんなコピーにも背中を押されて。その後、ノーベル賞のニュースが飛び込んできて、さらに感動。先進が肌に届く実感に夢中になっている」

◆美容家 山本未奈子さん

「くすんでどうしようもないお疲れ顔の救世主」

B.A セラム プリズルミナ

B.A セラム プリズルミナ
「内側から発光するような透明感のある肌に。さらに目もとのハリ感もサポート。継続して使用すると、肌の疲れが取れ、肌全体が澄んで明るく輝く。肌を土台から整えるので、トラブルが起きにくく見た目印象までも変えてしまう効果も確か。メイクのノリが格段に良くなる」

◆美容家 神崎恵さん

「出会うべきは肌を生まれ変わらせるクレンジング」

B.A クレンジングクリーム

B.A クレンジングクリーム
「クレンジング後の肌のやわらかさと透明感は感動モノ。それまで、美容液やクリーム、与えることでしか肌は美しくなれないと決めつけていたわたしのスキンケアへの向き合い方を新しく更新させてくれたクレンジング。もうこれ以上は綺麗になれない。そんな諦めを気持ちよく裏切ってくれる逸品。肌の美しさはクレンジングが握ってる」

◆ビューティエディター 安倍佐和子さん

「鉄壁の守りと攻めを両立!最強のお守りコスメ」

B.A プロテクター

B.A プロテクター
「B.A共通の美容成分を贅沢に配合しながら、紫外線や近赤外線防御まで軽々やってのける先進技術。加えて、ジェルとクリームのいいとこ取りをしたようなテクスチャーは、塗っているストレスを感じさせない極薄膜で一度で虜に! 海好きでアウトドア派の私の肌をダメージの要因から守り抜き、育んでくれるのは、間違いなくこのプロテクターです!」

◆美容家 石井美保さん

「自分史上最高な洗いあがりが欲しい時のお守りアイテムです」

B.A ウォッシュ

B.A ウォッシュ
「キメが細かくもこもこの濃密泡は、お肌にのせた時に極上の快感を与えてくれます。泡の弾力を使って押し洗いをして、洗い流した後は、つるんとしっとり。キメがぴしっと揃って、いつにない透明感あふれる自分の顔に出会えるので、お手入れのモチベーションもぐんと上がるんです。洗顔からこのウォッシュを使うと、今日はいつもより丁寧に優しくスキンケアをしてあげたいなと思えるんです。エステに行かなくても、このウォッシュがあれば、エステに行ったぐらいの満足感に浸れます」

◆美容家 水井真理子さん

「使うほどに濃密な肌に印象さえ変えるほどの絶品クリーム」

B.A クリーム

B.A クリーム
「初めて使った時に、こんなにも肌がなめらかになり調子が良くなるなんて! と感動しました。肌の内側からムクムクと押し上げられるように、ハリと弾力が高まりはじめ、顔立ちさえすっきりとした印象に変えてくれたほどの力強さ。肌を底上げしてくれるのでキレイになれる伸びしろを広げてくれるクリームだと思います」

POLA TRIVIA

製品を通じてうかがい知るブランドの魅力以外にも、じつは「へぇ~!」なエピソードを数多く持つポーラ。今よりもっとポーラが好きになる、6つのエピソードを大公開!

1. 10代後半から90代までBDパワーがすごい!

ポーラでは、BD(ビューティーディレクター)と呼ばれる女性、約4万6000人(※)が現役で活躍している。年齢・学歴不問、下は10代から上は90代まで! 有職者からの転職組も。ブランド愛に満ちたツルピカ肌の持ち主ばかりだ。(※2017年12月末時点)

Image title

ショップオーナーの活動をサポートする社内媒体「Avance」を隔月で発刊。年に二度、BDが一堂に会す、盛大な表彰式も行われている。

2. 新体操日本代表“フェアリー ジャパン POLA”の美を支えていた!

ご存じ、新体操日本代表「フェアリー ジャパン POLA」。彼女たちの競技用メイクアップやスキンケアを影で支えているのがポーラだ。美容コーチは8人。メイク開発に加え、遠征後のスキンチェックも欠かさない。

Image title

2007年ギリシャでの世界新体操選手権大会からスタートし、来たる2020年開催の東京オリンピックも全面サポート。選手たちの華やかで印象的なメイクも見ものだ。

3. ポーラの企業文化誌が豪華すぎる!

著名なアーティストたちが誌面を飾るモードなコーポーレートマガジン「WE/」。2カ月に一度発刊、ポーラのショップや一部書店などで配布されている。アートやカルチャーへの深い造詣を感じさせる誌面作りには高い評価が!

Image title

日本的感性を切り口に新しいものの見方を提案する「WE/」。アートやカルチャーへの情熱は、美術館を所有するポーラのこだわりだ。

4. サイエンスだけじゃない。世界的なデザインアワードを受賞!

過去には日本パッケージデザイン大賞を受賞するなど、プロダクトデザインでも注目を集めるポーラ。ホワイトショットは「レッドドット・デザイン賞」最高賞受賞。“見る人の心を揺さぶる”デザイン哲学が感動を呼ぶのだ。

Image title

今年2月にリニューアル発売。
(右)ホワイトショット CXS〈医薬部外品〉25ml ¥15000
(左)ホワイトショット SXS〈医薬部外品〉20g ¥12000

5. 社員の肌を育てる「美肌食堂」があった!

インナーケアの大切さをうたうポーラは社食も特別仕様。美肌のためのメニューに加え、ご当地メニューなども。また、壁には著名アーティストが手掛けた現代アートが。美と食へのこだわりが凝縮!

Image title

清潔感あふれる本社内の社員食堂。社食メニューが一冊にまとまった『POLAの美肌食堂』(ワニブックス)も発売されている。

6. 「肌のビッグデータ」は1750万件超え!“美肌県グランプリ”

2012年から始まった、11月12日(いい皮膚の日)にあわせて発表される「ニッポン美肌県グランプリ」。全国47都道府県を対象に、1年間の女性の肌データを分析して県別に集計。2017年度より、肌の潤いなど全8部門の合計から偏差値を算出するポーラ独自の企画。肌環境や意識の変化が読み取れる。(※1989年~2017年末までの分析完了件数)

Image title

一人ひとりの肌は各々異なるけれど、日本各地の気象環境や生活習慣の違いによりさまざまなエリア傾向があるのが面白い。

撮影/吉田健一(N°2)、金栄珠 スタイリング/池田直美 取材・文/安倍佐和子