1. 【40代以降を健やかに】 心と体の変化には、大豆イソフラボンよりエクオール![PR]

2018.03.19

【40代以降を健やかに】 心と体の変化には、大豆イソフラボンよりエクオール![PR]

40代女性の心と体のゆらぎに新提案、それが大豆由来のエクオール含有食品「EQUELLE(エクエル)」。ゆらぎ世代を健やかに乗り切るための強い味方だ!

【40代以降を健やかに】 心と体の変化には、大豆イソフラボンよりエクオール![PR]

40代以降のゆらぎを、エクオールがサポート!

40歳を過ぎてから、心も体も今までとちがうと感じることが多くなった、という声をよく聞く。今まで感じたことのなかった不安や体調変化に、戸惑いを感じる女性が急増するそう。そんな心身の変化(=ゆらぎ)をおだやかにしてくれる成分として、今、大注目の成分がエクオールだ!

大注目のエクオールって、何?

エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換されて作られる成分。大豆イソフラボンよりも、ゆらぎ世代の女性の健康と美容にメリットがあることが、様々な研究によって明らかとなり期待が高まっている。

でも、エクオールを産生するには特別な腸内細菌が必要で、この細菌は全ての女性の腸内に存在するワケではないそう(驚)! 日本や中国など大豆をよく食べる国では、エクオールを作ることができる人の割合が約50%、大豆食の習慣がない欧米では約30%と言われている。大豆食製品やイソフラボンのサプリメントを摂っても、その働きをあまり実感できない人がいるのは、体内でエクオールを作れないためだったのかーーー!!

エクオールが作れない人は、どうしたらいいの?

■エクオールが作れない人は…

納豆や豆腐などの大豆食品を毎日の食事に取り入れたり、オリゴ糖や食物繊維などを積極的に摂取して腸内環境を整えることが大切。エクオール含有食品を活用すれば、エクオールを直接摂取できるのでオススメ!

■エクオールが作れる人でも…

腸内環境の変化によっては、エクオールが作れなくなってしまうこともあるそう!また、エクオールは体内に蓄積されず、1~2日でほぼ体外に排出されてしまうから、エクオールを作れる人でも、毎日摂取する必要がある。

エクエルなら、エクオールを手軽に摂れる!

1996年から大豆イソフラボンの研究を行ってきた大塚製薬は、ゆらぎ世代の女性の健康に対するエクオールの有用性と安全性を探求し続けてきた。そして2014年に長年の研究を経て、エクオール含有食品を、世界で初めて製品化することに成功した。それが、「EQUELLE(エクエル)」だ!

1日の摂取目安量4粒で、エクオール10mgを手軽に摂取することができる。エクオールは体内に留まらず排出されてしまうから、毎日手軽に摂れることが、何よりも継続できる秘訣なのだ!

安心の大豆発酵食品が、ゆらぎ世代の味方に!

多くのサプリメントが合成・抽出・濃縮などの製法で作られている中、「EQUELLE」は合成・抽出・濃縮を一切行わず、大豆を乳酸菌で発酵させて作られている。製薬会社ならではの科学的根拠に基づいた画期的な食品は、安全性にもこだわっているのだ。

ゆらぎ世代を健やかに乗り切るために! 手軽にエクオールを摂取できる「EQUELLE」にぜひ頼ってみて!

Image title

<発売中>
EQUELLE(エクエル) 1箱112粒(1日4粒目安・28日分) ¥4000

協力/大塚製薬株式会社
「エクエル専用窓口」
0120・008018 受付時間9:00~17:00(土・日・祝日・休業日除く)
http://tr.webantenna.info/rd?waad=r4h9FKxf&ga=WAe4O9-1&ugad=r4h9FKxf