1. 今もっとも注目の女優【山本舞香】の魅力を全解剖!【写真集「サニー/ムーン」発売】

2018.03.19

今もっとも注目の女優【山本舞香】の魅力を全解剖!【写真集「サニー/ムーン」発売】

まっすぐな性格を映し出す、強く麗しい目元。美人であることはもちろんだけど、それ以上に惹きつける要素を持っている。知れば知るほど好きになる山本舞香の魅力を7つのキーワードから読み解く。

今もっとも注目の女優【山本舞香】の魅力を全解剖!【写真集「サニー/ムーン」発売】

Keyword1 #FACE

「自分の顔で好きなところは、ない。可愛いっていう言葉も、嫌いなの」
何に対しても、ほとんど口癖のように使われる"可愛い"は、ある意味、安直な言葉。時に気持ちがこもっていないように感じるとの理由に見える、常に人と本音で向き合う、見た目に頼らない性格がたまらなく小気味いい。

Keyword2 #20歳

「いちばんの喜びは、お酒が飲めること。未成年だと呼ばれなかった打ち上げにも参加できるし、人との係わりが増えるから」
会話を楽しみ、経験値を増やしていく。成人したての女優の、伸びしろは無限大。

Image title

Keyword3 #SKIN

「肌のタイプ? ……なにそれ?(笑)鼻の皮がむけることがあるから乾燥肌かな。でも、暑い夏はオイリーになるしなぁ……」
意外にも肌に無頓着。というのも、これといった肌悩みがないからだろう。なんでも子供の頃から保湿は徹底しているそうで、自覚はなくとも潜在的美容感度は高いようだ。

Keyword4 #白飯

「もともと和食が大好き。お味噌汁に合うおかずを作ってご飯2杯とか食べちゃう」
外出を楽しむタイプかと思いきや、基本的に家にこもっているのが好きで、食事も自炊。華奢なボディなのに、白飯をおかわりするなど、秘められた数多のギャップ、その魅力は未知数。

Keyword5 #黒帯

「小1から中3までやっていた空手は、黒帯。今は、キックボクシングをやっています。体を鍛える意味もあるけど、本音を言えばただのストレス発散(笑)」
その人柄とリンクする、男前なスポーツ経験。運動能力の高さに甘んじることなく、目標に向かって密かに燃える。頑張っている感を出さない、女性を惹きつけるスターの気質を間違いなく備えている人。

Image title

Keyword6 #気分屋

「プライベートで一人で行動するときは、けっこう気分屋。誰かと一緒なら封印できるけど、こうしたい、ああしたいって希望が多いので面倒臭い性格だなと自己分析」
ともすると、マイナスと捉えられかねない情報も躊躇なく話す。自分を偽る演出はしないし、どう思われるかなんて計算しない。心を装飾しない稀有な女優が繰り広げる世界から、目が離せない。

Keyword7 #宮沢りえさん

「自由な生き方、振る舞いが最高にカッコイイ! いろんな経験をして、結果的には私もあんな素敵な女性になりたい」
ただ美しいだけでなく、美しさを形成する一部となっている人柄。有無を言わせないような特別な佇まいへの憧れ。その気持ちをどう生かしていくのか、これからの変化に興味をそそられる。

山本舞香 ビューティトリップ in 星のや竹富島

Image title

20歳を迎えるにあたって山本さんが向かったのは「一度は訪れてみたかった」沖縄県の竹富島。蒼い海、白い砂浜。しばし時間の流れを忘れ、心ゆくまで旅を堪能した。

20歳のお祝いに向かった先は夢の「星のや竹富島」

地元の鳥取県・米子でスカウトされ、芸能界に入ったのは13歳。それから約7年間、駆け抜けるようにして女優としてのキャリアを積んできた。「正直、芝居のお仕事は、最初は『なんでこんなことしなくてはいけないんだろう……』とイヤで仕方なかったけれど、ここ最近、ようやく楽しいと思えるようになってきた」

そんな山本さんが、2017年10月に20歳の誕生日を迎えた。その記念に、お祝いとして向かった先は、沖縄県・竹富島。都会の喧騒から離れ、蒼い海を眺めて、ゆったりと流れる“島時間”に身を委ねたい。今回VOCEは、そんな山本さんの“ビューティトリップ”に同行させてもらい、みずみずしさが溢れる彼女の“今”をシャッターで捉えた。

石垣島から船で10分。「実は、船は苦手で……」という心配もなんのその、到着した瞬間、目の前に広がる一面の蒼い海にキラキラと表情を輝かせた山本さん。「せっかくだから、潜ってみたい」と、初めてのシュノーケリングにも挑戦し、「うまく潜れるか分からないですよ」と不安そうにしていたにもかかわらず、熱帯魚と戯れること、3時間超え。「そろそろ上がりましょうか?」という船長さんの呼びかけがなければ、そのまま海底の竜宮城に帰ってしまうのでは……とこちらが妄想してしまうほど、海の世界に溶け込んでいた。

その後は「ずっと憧れだった」宿へ。島民が守ってきた歴史や文化を感じさせる竹富スタイルの宿でくつろぎ、ゆったりと羽を伸ばした。

[ 星のや竹富島 ]

竹富港から車で約3㎞。竹富島の伝統を再現した一棟貸切タイプのラグジュアリーホテル。
住所:〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富/電話:0570-073-066/宿泊予約:8:00~21:00

Image title

竹富島の景色に溶け込むような造りの「星のや竹富島」。赤い屋根の客室は全部で48棟。

Image title

部屋からフロント、ダイニング、プールへの行き来はホテル専用の車で。

Image title

宿から徒歩圏内には美しいビーチが広がる。とくに夕日が沈む瞬間の美しさは格別。

Image title

敷地内の中央にあるのは一年中泳げる室外プール。

Image title

琉球スタイルの開放的な空間。ガラス戸を開ければ爽やかな風が。カップルはもちろん友人との宿泊もオススメ。

山本舞香ファースト写真集『サニー/ムーン』発売!

Image title

2018年、注目度No.1女優の山本舞香が素の自分をさらけ出した貴重なショットが満載!

撮影は山本さんが絶大なる信頼を置く写真家の鈴木心氏。「撮影中は、心さんに恋してた」と振り返り、こんなにも、素の山本舞香をさらけ出すことができた撮影は初めてなのだそう。心の奥がきゅんとなる、みずみずしく美しい作品が完成した。

山本舞香の19歳→20歳の素顔を独占した一冊! 大好評発売中!

Image title

山本舞香 1st 写真集『 サニー/ムーン』(講談社)¥1833
蒼い海が広がる竹富島で魅せた初の水着ショットに加え、故郷の鳥取県米子市の雪原での撮影も。巻末には鈴木心氏との対談を収録。
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online

山本 舞香

1997年生まれ。女優。現在TBS系『王様のブランチ』、NTV『漫画みたいにいかない。』にレギュラー出演中。8/31公開の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』出演。

撮影/鈴木心、ヘアメイク/久保雄司(SIX)、スタイリング/MAIKO、取材・文/橋本日登美、構成/鏡裕子