1. 【イエベ】ってそもそもなんのこと?【肌色の基本をおさらい】

2018.03.19

【イエベ】ってそもそもなんのこと?【肌色の基本をおさらい】

黄みの強い肌=通称・イエベさんから寄せられた素朴な疑問や悩みをプロに相談して徹底調査! 読めば、黄み肌のことがよくわかる!

【イエベ】ってそもそもなんのこと?【肌色の基本をおさらい】

何はともあれ、まずはイエベについて基本の知識を深めよう。スキンケア方法も含め、イエベの特長を調査しました!

教えてくれたのはコチラの皆様!!

ウォブ クリニック 中目黒 総院長 髙瀬聡子先生
豊富な経験に基づく丁寧でわかりやすい解説が人気。雑誌やTVなどメディアの取材依頼も多数。

資生堂リサーチセンター 主幹研究員 舛田勇二さん
研究員歴32年。キメやシミから、クマ、くすみ、ツヤ、透明感など幅広い肌の評価法の開発に携わる。

ピアスグループ 美容研究所 所長 中西由紀美さん
肌色をイエローベース、ブルーベースで分類するカバーマークの〈ジャスミーカラー〉の企画開発を担当。

Q. 膚の色はなにで決まるの?

A. ラニン、ヘモグロビン、カロチンのバランス
「肌の色要素は、基本的には茶色の色素・メラニン、血液中の赤い色素・ヘモグロビン、補助要素の黄色の色素・カロチンという3つの色素の量で決まります」(髙瀬先生)

Q. イエローベースとブルーベースはどう決まる?

A. 肌のスキンアンダートーンによります
「カバーマークの〈ジャスミーカラー〉理論では、表面的な色でなく、皮膚の下を流れる赤みの強い血流=動脈の影響を受ける肌をイエローベース、青みの強い血流=静脈の影響を受ける肌をブルーベースと呼びます」(中西さん)

A. メラニンの量や糖化の影響も
「茶色の色素・メラニンの量によっても変わります。糖化などが進行すると、肌の黄みが強くなることも考えられます」(髙瀬先生)

Q.イエベの特長を教えて

A. 健康的に見えやすい肌色です
「赤い血管、動脈の影響があるイエローベースは、ブルーベースに比べて血色を感じやすく、健康的に見えやすいのが特長です」(中西さん)

Q. イエベとブルベは、肌質も違うの?

A. 違いません!
「肌質そのものは同じです」(中西さん)

Q. どんな肌色が黄みのある肌?

A. 肌色チャートから!
「マキアージュのカラーチャート(下)と頰の色をあわせると、おおよそのイエベ、ブルベに合った肌色をご確認いただけます」(舛田さん)

Image title

Image title

◆まるでキレイな素肌に仕上がる

マキアージュ ドラマティック パウダリー UV レフィル

マキアージュ ドラマティック パウダリー UV レフィル ¥4000、ケース¥1000(ケースのみ限定・編集部調べ)/資生堂

Q. ほかに、イエベかブルべかを見分ける方法はある?

A. 腕の内側の血管の色を見て
「日焼けしにくい腕の内側で血管の色をチェック。緑っぽく見える人はイエベ、青っぽい人はブルベとざっくり分けられます」(髙瀬先生)

A. 確実に知りたい場合は店頭へGO!
「カバーマークでは、テストクリームを直接腕につけてベースカラーを確かめる、店頭での判定をおすすめしています」(中西さん)

Q.イエベ、ブルベ以外のベースカラーはある?

A. まれに、グリーンベースもいる!
「人種によってベースカラーが存在するわけではありませんが、〈ジャスミーカラー〉理論では、静脈と動脈の影響を同程度受ける人も。その肌をグリーンベースと言っています」(中西さん)

こちらもチェック!

Image title

【ヘアメイクAYAさん】直伝!イエベさんのベースメイクアイテムの選び方Q&A

Q. イエベの人とブルベの人の割合は?

A. ほぼ半々
「日本人などアジア人に限らず、イエローベースとブルーベースはすべての人種に存在し、その割合は半々と考えられます」(中西さん)

Q. 寒い地方と暖かい地方、出身地の気候によって肌色に影響はありますか?

A. あると考えられます
「暖かい地方では相対的に紫外線が強いので、メラニン生成の盛んな黄みの強い肌の方が多く、反対に寒い地方では色白で黄みの少ない肌色の方が多い傾向にあります」(舛田さん)

Q. 肌の透明感がアップするクリニックの施術を教えて!

A. ケミカルピーリング+フォトRFオーロラがおすすめ
「古い角質を剝がして肌の再生を促すケミカルピーリングと、メラニンの排出効果でシミやそばかすにも働きかけるフォトRFオーロラの合わせ技は、透明感が高まり、効果が長持ち。単体の施術でもグッと明るくなります」(髙瀬先生)

Image title

※ケミカルピーリング(顔)1回¥15000、フォトRFオーロラ(全顔)1回¥30000/ウォブ クリニック 中目黒

Q. 日焼けすると、イエベのほうが黒くなりやすいですか?

A. シミにも影響が
「黄みの強い肌は、メラニンを生成しやすいと考えられるので、日焼けすると、色が定着しやすく、シミもできやすい傾向に」(髙瀬先生)

Q. イエベはブルベに比べて、シワができやすいですか?

A. できにくいです!
「メラニンが多い黄みの強い肌はシミはできやすいのですが、メラニンの少ない肌に比べると、真皮まで影響が及ぶことは少ないので、シワはできにくい肌と考えられます」(髙瀬先生)

Q. 肌の黄みが強くなることはある?

A. あります
「表皮に茶色の色素・メラニンが多く存在すると、肌の黄みは強くなります。真皮の成分はカルボニル化や糖化でも黄色に。どちらも紫外線の影響が大きいです」(舛田さん)

Q. “糖化”や“酸化”も肌が黄色くなる原因?

A. 黄みだけでなく、黄ぐすみの原因にも
「真皮は、カルボニル化や糖化現象が起こると、黄色化が進行します。角層は、酸化で変性すると、透明度が低下するので、黄色いだけでなく黄ぐすんだ状態に」(舛田さん)

Q. 黄みが増す原因は、普段の生活習慣にもある?

A. 食生活でも予防できます
「紫外線対策はもちろんですが、カルボニル化には食生活も影響します」(舛田さん)

A. 間違ったお手入れも要注意
「毎日の食生活や肌のお手入れ方法にも原因があると考えられます」(髙瀬先生)

Q. どんな食生活で肌の黄みが増すの?

Image title

A. 糖質の多い食生活
「肌の糖化に関わる食生活なので、糖分が多いものの過剰摂取。甘いものや炭水化物過多、アルコールも要因になります」(髙瀬先生)

A. バランスの悪い食事や早食いも原因!
「ビタミンCやEなど抗酸化効果の高い栄養素をバランスよく摂取することで、紫外線で発生した活性酸素によるカルボニル化の防止に。腹八分目でゆっくり嚙むことで血糖値の急激な上昇を抑え、糖化の予防に」(舛田さん)

Q. 黄みが増しやすい、お手入れってどんなこと?

A. ずばり摩擦!
「摩擦の刺激によってメラニンが増えると、黄みが強くなることが。クレンジングや洗顔のあと、タオルで拭き取るときには、肌をゴシゴシこすらないよう注意してください」(髙瀬先生)

Q. イエベにはおすすめしないお手入れはある?

A. スクラブやあかすり
「イエベは色素沈着しやすい傾向があるので、その原因になりやすい摩擦の刺激に注意を。角質ケアをする場合はスクラブや強くこする系のアクションは控えるのがベター」(髙瀬先生)

Q. 肌の黄みが強いと、クマが茶色っぽく見えるって本当ですか?

A. 本当です
「茶色っぽいクマはメラニンの増加、青から灰色っぽいクマは血行不良が原因。黄みの強い肌はメラニンが増えやすいと考えられるので、クマは茶色っぽくなる傾向に」(舛田さん)

Q. みかんを食べすぎて、肌が黄色っぽくなることもありますか?

Image title

A. 一時的にはあり得ます
「肌色に影響を与えるのはメラニン、ヘモグロビン、カロチン。みかんの黄色はカロチンの色なので、食べすぎたら黄みが増すことも。ただし、カロチンは体内で消化されるので、根本的に肌色が変わるわけではありません」(髙瀬先生)
A. の裏や手のひらに影響が出やすい
「みかんの色素・βカロチンは多く摂取すると、血中から皮膚に蓄積・沈着します。角層に溜まりやすい成分なので、角層の厚い足の裏や手のひらは黄色くなりやすいですが、角層が薄い顔への影響は軽微です」(舛田さん)

Q. 疲れてくると、肌色にどんな影響がある?

A. 茶色っぽくくすみがち
「血流の赤みが弱まり、黄みと暗さが強まるため茶色っぽく見えます」(中西さん)

Q. イエベはブルベより、黄ぐすむの?

A. イエベだから、黄ぐすむわけではない!
「黄ぐすむのは糖化の問題。糖化が進めば、イエベ、ブルベに関わらず、黄ぐすみ、透明感が失われてしまいます」(髙瀬先生)
A. くすみを感じやすい可能性はある
「くすみがなく、透明感があるイエローベースの方も多くいます。もともと血色を感じる健康的な肌色なので、普段の肌との比較で、くすみを感じやすい傾向はあります」(中西さん)

Q. 肌の黄みが和らぐサプリはある?

A. ビタミンCやトラネキサム酸
「黄みの緩和には美白効果のあるビタミンCやトラネキサム酸がおすすめ」(髙瀬先生)

Q. 肌の黄みが増すのを防ぐスキンケアはありますか?

A. 美白やUVケアは有効
「日焼け止めを使うのはもちろん、美白ケアも効果的」(高瀬先生)
「くすみを和らげる美白効果のあるスキンケアを」(中西さん)
A. さらに、真皮のカルボニル化対策を
「表皮に存在するメラニンへの対応のみならず、真皮のカルボニル化を抑制するエキスを配合した製品がおすすめです」(舛田さん)

美白ケアで透明感アップ

Image title

カルボニル化を抑制するエキスを配合。
(右)エリクシール ホワイト クリアローション C II 170ml ¥4000
(左)エリクシール ホワイト クリアエマルジョン C II 130ml ¥4500(ともに医薬部外品・価格は編集部調べ)/資生堂

ラグジュアリーホワイト トリートメントマスクHQ

ハイドロキノンを始め、38種類の美容成分が。
ラグジュアリーホワイト トリートメントマスクHQ 25ml×5枚 ¥5980/アンプルール

プレシャスブライト セラム W

アルブチンなど透明感を守る成分入り。
プレシャスブライト セラム W 40ml ¥10000/カバーマーク

イエベさんのためにメイクテクはこちら!

【イエベメイクの鉄則】目元には暖色系!で美人度UP

撮影/向山裕信(vale./人物)、高橋一輝(静物) ヘアメイク/AYA(LADONNA) スタイリング/川﨑加織 モデル/田辺かほ(VOCEST!) 取材・文/小池菜奈子、中川知春 構成/大木光