1. 思い切って「線のメイク」を抜いてみて!【アラサーの春色メイク】

2018.03.31

思い切って「線のメイク」を抜いてみて!【アラサーの春色メイク】

ヘア&メイクアップアーティスト岡田知子さんが選んだ”春の色”で春の顔に! 『春色を使いたいけど似合うかな』と躊躇しているアラサー女子に、ヘルシーでハッピーな コンサバ顔をお届け。

思い切って「線のメイク」を抜いてみて!【アラサーの春色メイク】

ハッピーな春色は骨格チークの変化球を

「『春色を使いたいけど似合うかな』と躊躇しているアラサー女子に、ヘルシーでハッピーなコンサバ顔をお届け。オレンジやラズベリーというカラフルな春色を面で使いつつも、ライナーやマスカラなどの線のメイクを削ぎ落とすことで、ポジティブな華やぎとコンサバ感を両立させることができます」

メイクのポイント♡

Image title

濡れたようなツヤありオレンジを上下のまぶたにノーグラデでオン。
「目元に赤みときらめきをもたらすAは派手にならずに華やぎが! ノーライン、透明マスカラでヌケ感を」
鮮やかな色を楽しむときには黒の要素を思いきり抜くのも手。B①で骨格を、B②で血色を演出。
「鼻にもB①をのせ、顔のいろいろなところにわざと色ムラをつくることで、ヘルシーなハッピーコンサバ顔に」

使ったのはコレ!

プリズム クリームアイカラー

「クリーミーなツヤオレンジ、めちゃめちゃ可愛い! ワントーンでもオレンジなら簡単に立体感を出せます」
プリズム クリームアイカラー 009 ¥800/リンメル(4/6発売)

パウダー ブラッシュ

「目元と唇に鮮やかな春色を使いながらもヘルシーなコンサバ顔なのは、頰の骨格と血色を演出したから。2度美味しいチーク」
パウダー ブラッシュ 006 ¥2000、コンパクト リミテッド 002 ¥1000/ポール & ジョー ボーテ(5/1限定発売)

資生堂 ルージュルージュ ピコ

「マットなラズベリーピンクは直塗り」
資生堂 ルージュルージュ ピコ RS418 ¥1800(限定品)/資生堂インターナショナル

グロス・アンテルディ

「唇の中央にフランボワーズ色のツヤをプラスして」
グロス・アンテルディ 04 ¥3700/パルファム ジバンシイ

完成♡

Image title

撮影/菊地泰久(vale.)、伊藤泰寛(静物) スタイリング/川﨑加織 モデル/琉花 取材・文・構成/鬼木朋子

こちらもチェック!
【マットブラウン×ツヤブラウン】質感ミックスでホリ深美女に!