1. 彼と一緒にダイエット♡は危険! 同じダイエットをすると、男は女に、女は男に近くなる!?

2018.05.04

彼と一緒にダイエット♡は危険! 同じダイエットをすると、男は女に、女は男に近くなる!?

「2人で一緒ならキツイダイエットだって乗り越えられる!」だなんて思っていませんか? ソレ、ちょっと待って! 確かにモチベーションは上がるかもしれないけれど、体の構造が違う男と女は同じダイエットをしてはいけないんです。そのダイエット法を突き詰めると、女性は男性っぽい体に、男性は女性っぽい体になる危険が……。男女のダイエット法について、モデル、タレントをはじめ、数々の女性をダイエット成功に導いた、ソリデンテ南青山代表・小野晴康さんにお話しを聞きました。

彼と一緒にダイエット♡は危険! 同じダイエットをすると、男は女に、女は男に近くなる!?

男女で太り方が違うのはホルモンのせいだった

もともと男性と女性は骨格や筋肉のつくりが違います。その違いを生み出しているのが、ホルモンです。女性ホルモンも男性ホルモンも、女性だけ男性だけでなく、男女どちらにも多かれ少なかれ分泌されています。そして、男性ホルモンが多ければより男性らしく、女性ホルモンが多ければより女性らしい体になるのです。

Image title

そのホルモンによって太り方さえ変わります。例えば、太ると男性は内臓脂肪型肥満に。女性は皮下脂肪型で、おなかばかりが突き出た男性に比べ、脚や腕など全身にまんべんなくぜい肉がつきます。これもホルモンの違いによるものなのです。筋肉を発達させるのが男性ホルモン、適度な脂肪をつけて丸みのある体を作るのが女性ホルモンの働き。つまり、この男性ホルモンと女子ホルモンの特性を活かした男女に合わせた方法でなければ、ダイエット成功はありえません。

筋トレのしすぎで男性化!? しかも老化が早まる可能性も!

しかし、ほとんどのダイエットは、食事制限、糖質制限、筋トレ、マッサージ法まで、女性のダイエット法も男性のダイエット法も同じです。最近、筋トレ女子が流行っていますが、筋トレは男性向けダイエットのベースとなるもの。女性が強度の高い筋トレを続けると、男性ホルモンが優位になり男性化! 彼と一緒にハードな筋トレを続けていると彼と同じとはいかないまでも、バストやお尻の丸みが消え、少年のような細い体になります。

Image title

さらに、鍛えすぎた筋肉に骨が引っ張られることで細かった骨格も太くなります。その頃には細マッチョのような体になり、女性らしさが消えている可能性も! 逆に、彼と一緒に食事制限だけでダイエットを始めたとします。男性も女性も脂肪はとれますが、ハリツヤのないスカスカしたボディラインになり、男女二人の体型が似てくるのです。

さらにこのダイエットを続けると、老化が早まるという怖~い未来も! 年齢を重ねてくると、男性と女性は体型が似てきます。時々おじいさんだかおばあさんだかわからない人がいますよね。これはホルモンの分泌が減り、男性も女性も中性化してくるからなんです。間違ったダイエットをすると、この中性化を早める結果に。女性にとって肌や髪のツヤや潤いを左右するのが女性ホルモンです。そのホルモンの分泌を抑えられてしまうようなダイエットでは、老化も早まってしまいます。

女性の場合、ダイエットを始めて生理が止まったら、即そのダイエットはストップ! 生理が止まるということは、女性として体が生殖能力をストップさせるほど危機を感じている状態。だいたい女性の場合、体脂肪率が10%を切ると生理が止まる場合が多いので、やせても体脂肪は15~20%前後までが女性らしいボディラインを保てる数値と、頭に入れておきましょう。

では、女性おすすめVS男性おすすめダイエットを紹介します!

女性向け

糖質を少な目にした食事

Image title

女性は皮下脂肪がつきやすいので、まずは脂肪をある程度落とすために、糖質オフを意識した食事をしましょう。ごはんやパンなどの主食をいつもの半分量くらいに減らします。そのかわり、おかずはたっぷり食べてOK。野菜→汁物→おかず→最後に主食→デザートの食べ順を守れば自然に食事量が減ってきます。

筋トレより筋肉マッサージ

前述したように筋トレのし過ぎは、男性ホルモンの過剰な分泌を促し、体が男性化してくる可能性大。それよりも筋肉の走行に沿って「イタタッ」と声が出てしまうくらいの少し強めのマッサージがおすすめ。筋肉は刺激を受けると反応をするので、女性なら筋トレをしなくても筋肉マッサージで、ボディラインを引き締める程度の、ほどよい筋肉刺激を与えられます。特に、おなか、太もも、腕など、普段猫背や前かがみの姿勢で縮んでいる筋肉を強めのマッサージで刺激することが、メリハリボディラインづくりに役立ちます。

ジョギングよりウィンドウショッピング

Image title

脂肪を燃やす有酸素運動効果の高いジョギングですが、実は同じ筋肉ばかりに強い刺激を与えることで、脂肪は燃えても脚や腕にムキッとした筋肉がついてしまうことも! それよりは、体への負荷が低く、全身の筋肉をまんべんなく刺激するウォーキングを。さらに、階段を上り下りして、広い百貨店の中を見てまわったり、セレクトショップを一軒一軒見て回れば、時間もあっという間に過ぎるし、長い時間歩いても疲れないはず。ショッピングこそ女性にとって最高の有酸素運動です!

男性向け

1食につき1~2品は必ずたんぱく質を

Image title

食事は女性同様に炭水化物を少な目にしたメニューを心がけましょう。さらに女性よりも筋肉のもとになるたんぱく質をできるだけ多くとる意識を。肉や魚はもちろん、たまごや豆腐など、動物性、食物性を問わず、1食につき1~2品のタンパク質は必ずとりいれて。そして晩酌をするなら蒸留酒を中心に。食べるならたんぱく質または野菜系のつまみだけにして、〆のごはんはナシと決めて。

男性には筋トレが必須!

Image title

男性ホルモンを優位にすることで、男性らしい体をつくることができます。そのため、男性には筋トレが必須項目です。時間のない男性が短時間で筋トレを行うなら、大きな筋肉がある下半身を鍛えること。もし1つ筋トレを!と考えるならスクワットがおすすめです。

ジョギングをやるならトライアスロンに

前述の通り、ジョギングは同じ筋肉ばかりを刺激します。筋肉を鍛えるべき男性が有酸素運動をするなら、ジョギングよりトライアスロン。走る、泳ぐ、こぐ、3種類のスポーツを行えば、それぞれ鍛えられる筋肉が変わるので、全身の筋肉を刺激する運動になります。とはいえ、脂肪がつき過ぎて運動がつらい人はウォーキング+スクワットからはじめて。脂肪を落としてからガッツリ筋肉をつけましょう。

Image title

このようにダイエットは、女性は女性向け、男性は男性向けのほうが効果は出やすいんです。たとえ、彼と同じ時間にダイエットをしても、ダイエットの内容は彼用、あなた用のダイエットを! 結果、細マッチョな男とメリハリナイスバディの女、誰もが羨やむフォトジェニックなステキカップルの完成♡

教えてくれたのは

Image title

ソリデンテ南青山代表 小野晴康さん
理学療法士、柔道整復師。理学療法の理論をベースにした、筋肉をデトックスするマッサージ法「ミオドレナージ」を考案。その効果が評判を呼び、多くのタレント、モデルなど著名人に支持され、ボディメンテナンスを担当してメディアで話題となる。東京、大阪など、全国に「ミオドレサロン」をオープンし、2017年6月には筋トレを組み入れた初の男性向けサロン「ミオドレフィジオスタジオ」をオープン。http://www.sorridente.jp/

Image title

近著に『本気でやせたければ筋肉をほぐしなさい』(講談社)ほか多数。