VOCEおすすめ映画

悲しみを受け止められなかった父はヴィランに。『シャン・チー』で描かれる家父長制への問いかけ。

公開日:2021.10.14

映画『シャン・チー』がヒットした理由

本国アメリカだけでなく、日本でもヒットを記録しているマーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。同じくヒットを記録した映画『ドライブ・マイ・カー』との類似点を下に、ライター西森路代さんが時代の空気を紐解きます。

映画『シャン・チー』がヒットした理由

本国アメリカだけでなく、日本でもヒットを記録しているマーベル映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。同じくヒットを記録した映画『ドライブ・マイ・カー』との類似点を下に、ライター西森路代さんが時代の空気を紐解きます。

『シャン・チー/テン・リングスの伝説』は、マーベル・スタジオが制作するMCUの作品の中で初のアジア系ヒーローが主人公の物語だということでも話題となっている。

主人公のシャン・チーを演じるシム・リウは中国生まれカナダ育ちで、主にカナダのテレビシリーズで活躍し、今回の大抜擢となった。

シャン・チー
©️Marvel Studios 2021

トニー・レオン演じる、父親の悲しみ

テン・リングスという1000年にわたって歴史の裏で暗躍してきた組織のリーダーでもあり、その組織名の元になる10個の腕輪からなる武器(テン・リングス)を司るシャン・チーの父親、シュー・ウェンウーをトニー・レオンが演じている。トニー・レオンといえば、日本でも大ヒットした『インファナル・アフェア』の潜入捜査官が有名だろう。ウォン・カーウァイの『花様年華』ではカンヌ国際映画祭で男優賞を受賞するなど、香港を代表する俳優である。

ジョン・ウーの『レッドクリフ』など、アクション映画やエンターテインメント大作にも出演しているが、どんな作品に出演していても、孤独の影や悲しみがその瞳から漂うような俳優で、本作『シャン・チー』でも、そんなトニー・レオンの悲しみが映画に良い作用をもたらしている。ウェンウーは1000年も暗躍してきたヴィラン(悪役/悪党)であるから、年齢も1000歳を超えているが、見た目としては、実際のトニー・レオンと同様、50代くらいの役とみていいだろう。

シャン・チー
©️Marvel Studios 2021


ヒット作『ドライブ・マイ・カー』との共通点

そんな中年にさしかかったウェンウーの姿が、なぜか前回、VOCEのコラム(映画『ドライブ・マイ・カー』で描かれる、「正しく傷つく」までの物語)で書いた『ドライブ・マイ・カー』で西島秀俊の演じた主人公の家福と重なった。なんでも見たものを重ねてしまうのはよくないが、こじつけとも言い切れないのである。『ドライブ・マイ・カー』の家福は、妻を失い、「正しく傷つく」までが描かれているのだが、『シャン・チー』のウェンウーも最愛の妻を失い、その傷を負ったことで悲劇が始まるのである。

ウェンウーが率いるテン・リングスは、マーベルの『アイアンマン』などにもエピソードが出てくる悪の組織。ウェンウーも、各地でさまざまな戦いをしてきた冷酷な男であったが、妻のイン・リーに出会い、シャン・チーとシャーリンという一男一女を儲けてからは、平穏な暮らしを営もうとしていた。しかし、彼自身の過去の因縁によって、妻が犠牲となると、その悲しみを怒りに変え、またもとの非道な姿に戻ってしまっていた。そのため、息子のシャン・チーにも武力を身に付けさせようと、厳しい訓練を強いるのだった。それもこれも、妻の無念を晴らす復讐のために。

次ページ
「正しく傷つく」ことができなかった父、ウェンウー