1. ロングヘアでも超簡単【ゴム1本でヘアアレンジ5連発】と【乾かすときの時短テク】

2018.05.15

ロングヘアでも超簡単【ゴム1本でヘアアレンジ5連発】と【乾かすときの時短テク】

髪が長いとヘアアレンジも乾かすのも大変! そんなあなたに、ゴム1本で簡単に楽しめるまとめ髪とドライヤーで乾かすときの時短テクをご紹介。毎日を心地よく、素敵な自分になれる簡単ヘアアレンジと、乾かす時の時短テクを知ればロングヘアもより楽しめます!

ロングヘアでも超簡単【ゴム1本でヘアアレンジ5連発】と【乾かすときの時短テク】

教えてくれるのは…

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
日常的に即、実践できるメソッドが多くの女性に支持されている、今最も勢いのあるアーティスト。誰もが知りたいビューティ情報を凝縮した最新著書『美しくなる判断がどんな時もできる』(ダイヤモンド社)が好評発売中!

《長井かおりさんの!ヘアアレンジテクニック基本のきはこちら!》
【長井かおりが伝授】ゴムひとつで超簡単! ヘアアレンジ基本のき

【寝グセがひどかった日は】うまく活かしてルーズなまとめ髪に!

VOCE2017年12月号 野崎智子

“ロング感が残るゆるアレンジでこなれた可愛さが”
「ニュアンスに使えるから、寝グセがついたらラッキーだと思いましょう!」と長井かおりさん。そのアイデアは、寝グセが激しくつきやすい顔まわりの髪だけ後ろで結び、キレイな髪はおろしてつくる、ゆるくおしゃれなまとめ髪。

《HOWTOを動画でチェック♪》

《HOWTOを画像でチェック☆》
【ゴム1本の簡単ヘアアレンジ】寝グセがひどかった時……ロングさんはルーズなまとめ髪に!

【どうしようもなくむくんでいた朝は】高い位置のシニヨンでスーパーリフトアップ

Image title

“センスのいい女のシニヨン、ほどけばゆるウエーブヘアに”
むくんで重く下がった顔には、吊り上げハーフアップ!「ポイントは、顔の皮膚を持ち上げるようにきつく結ぶこと。すっきり見えるうえ、頭のツボが刺激されることで血行が良くなり、時間とともにむくみ自体も解消されます」

《HOWTOを動画でチェック♪》

《HOWTOを画像でチェック☆》
【むくんでる!日のヘアアレンジ】ゴム1本で高めシニヨン=リフトアップ

【夜、予定がある日の仕込み用オフィスヘアは】三つ編みシニヨンで上品ウェーブをクセづけ

VOCE2017年12月号 野崎智子

“きちんと感のあるピュアで清楚な好感度スタイル”
ハーフアップにした髪を三つ編みにする仕込みヘアは「ストレートの髪にウェーブが重なる形になるのでボリュームが出すぎず、まとまり感が。また、三つ編みはほどくと束感が生まれるので、上品なウェーブが完成」。

《HOWTOを動画でチェック♪》

《HOWTOを画像でチェック☆》
【長井かおりが教える】今夜デート!な時のヘアアレンジ術【ゴム1本で簡単ですよ♡】

【タートルネックを着た日は】厚め前髪×高めのゆるアップでイイ女バランスに

Image title

“首が詰まって大きく見えがちな顔もシャープに♪”
「女らしさを感じさせるタートルネックに合わせて、髪も女っぽさを意識」前髪は8:2分けのヘビーバングにし、ボトムの髪をゴールデンポイントでまとめれば、タートルネック部分に髪がぶつからず、全方位どこから見てもすっきり。

《HOWTOを動画でチェック♪》

《HOWTOを画像でチェック☆》
【ゴム1本ヘアアレンジ】タートルネックを着た日のヘアアレンジの正解は……高めゆるアップ♡

【とにかく毎日小顔に見せたい人は】顔まわりのヘアトリックで、顔幅を縮小

VOCE2017年12月号 野崎智子

“見える顔の面積がきゅっ!となって目鼻立ちもくっきり”
小顔を叶えるのは、まず顔まわりに垂らす後れ毛。さらに「両サイドの髪を耳にゆるくかぶせると顔はミニマムに、可愛さもぐっと上昇!」。髪の結び目を若干横にずらせば、正面からも見える髪の引き締め効果で、もっと小顔に!

《HOWTOを動画でチェック♪》

《HOWTOを画像でチェック☆》
【絶対小顔に見えるひとつ結び】後れ毛と結び目の位置を変えるだけでいいんです!

ヘアメイク/長井かおり 撮影/永谷知也(will creative/人物)、伊藤泰寛(静物) スタイリング/川﨑加織 モデル/野崎智子 取材・文/橋本日登美 構成/河津美咲

ロングヘアをドライヤーで乾かすときの時短テクってありますか?【ビューティQ&A】

Q:ロングヘアのケアが大変。ケアしながら、ドライヤーをあてる時間が短くなるような、時短テクってありませんか?

A:あります!  ただし、ドライヤーの前に「髪の毛を乾かす前」にやってほしいことがあります。

「髪の毛を乾かす前」にやっておくとベストなことが3つ

①タオルドライの前に水気をしっかり絞ります。
タオルの上から指の腹で頭皮をマッサージするように水気を拭き取る

Image title

②しっかりタオルドライする
タオルの上から指の腹で頭皮をマッサージするように水気を拭き取ります。写真下のように、髪の毛はタオルでこすり合わせないで、タオルで挟んで押さえるようにして水気を吸い取りましょう。Image title

また、ロングで毛量が多い方は、タオルを巻いて少し時間を置くのもよいでしょう。ドライヤーの前にしっかりタオルドライをすると、ドライヤーをかける時間短縮になり髪も傷ませません。

③アウトバストリートメントをつける

アウトバストリートメントはムラなくきれいにつけましょう!ポイントは、両手をこすり合わせて“指の間にまでしっかりと”トリートメントをつけること。こうやってから髪に付けることで、全体にムラなくゆき渡らせることができます。

Image title

髪が広がりやすいかたは髪の毛全体(地肌付近以外)、髪の毛がペシャッとなりやすいかたは毛先中心に。手ぐしをするように、髪の毛につけて下さい。つける量は、短く毛量少な目なら1プッシュ、長く毛量多めなら3プッシュ以上が目安です。

ロングヘアをドライヤーで乾かすときの時短テク

①ロングヘアは下を向いてドライヤーを……根元を乾かします

Image title

ロングヘアは下を向いてドライヤーで乾かすことにより根元が乾かしやすくなります! 次に、普段は一番髪が集まっている所を乾かしていきます。
この時に、ドライヤーを持っていないもう片方の手で、軽く髪の毛を揺らして持ち上げながら乾かすと内側を早く髪の毛を乾かすことができます。

②頭を元の位置に戻して、頭頂部を乾かす

Image title

髪の毛の中ほどから先にかけての部分が全体的に乾いてきたら、頭を元の位置に戻します。そして次は頭頂部を中心に乾かしていきます。意外と乾きにくいのがつむじの両脇の部分です。この部分を、ドライヤーを持っていないもう片方の手を上手く使いながら、まんべんなく乾かしていきます。

③最後に全体的にブラシを通し冷風をあてる

Image title

ざっくりパネルを取りデンマンブラシでブローしていきます(だいたい6パネルくらいでやると丁度良いです)。その後上から冷風をあてます。

Image title


大体ロングヘアでも12分くらいの速さで乾かすことが出来ます。

今の様な手順でケアしながら効率よく乾かすことで、時間短縮にもなり髪の毛もつるつるになります♪

教えてくれたのは…

KOMAKIさん
女性ならではの感性で、「自然体の可愛さ」に少しのおしゃれをプラスしたスタイルを提案する。ボブディーやミディアムの柔らかい質感 と透明感のあるヘアスタイルを得意とする。 http://www.garden-hair.jp/garden_tokyo/index.html