1. 【寝ている間に豆腐を一丁?!】マル珍!みんなの睡眠行動

2018.05.10

【寝ている間に豆腐を一丁?!】マル珍!みんなの睡眠行動

ヌクヌクとよい気候になってくると悩ましいのが眠気。絶対に寝てはいけないシーンほど眠くなり、寝なければならない時には、目がギンギン……。そんな睡眠にまつわる1000人のエトセトラ。

【寝ている間に豆腐を一丁?!】マル珍!みんなの睡眠行動

朝起きたら、お腹がいっぱい。枕元には身に覚えのない袋が。どうやら寝ている間に牛丼屋に行ってテイクアウトし、きっちり完食した模様。(24歳・事務)

金曜の夜に寝て、目覚めたのが日曜の昼! どうやらトイレと水分補給はした模様。(27歳・イラストレーター)

朝起きると、テーブルの上に記憶にないルーズリーフが一枚。「一身上の都合により退職したく、ここにお願い申し上げます」という退職願が! 寝ている間に心の叫びがだだ漏れに。(32歳・販売業)

Image title

新宿から代々木八幡まで4駅電車に乗ったつもりが、目覚めたら小田原だった。43駅も乗り過ごしって……。(39歳・電気通信業)

高校の時、遠くに引っ越す夢を見て、寝ぼけて「引っ越すので、もうお別れしなくちゃ」とカップル解消をメールで申し出ていた。(25歳・サービス業)

寝ている間に近所のコンビニに行き、豆腐を1丁買ってきていた。(31歳・主婦)

Image title

目が覚めると遅刻の時間! なんで目覚ましが鳴らなかったの!? と思ったが、どうやら自分で毛布と布団でぐるぐる巻きにしたようだった。(38歳・事務員)

朝起きると、上司への発信履歴があり、青ざめた。どうやら前日の会議で納得いかなかった件に対し、ハッキリとした口調で異論を唱えていたらしい。(30歳・営業)

友人は、朝起きたら手が血まみれで病院に駆け込み、何針も縫ったそうだ。寝ぼけていたとはいえ、か弱そうなあの子が枕元に置いておいたコップを握り潰したなんて!(25歳・介護)

彼が上に乗っかってきたので、寝込みを襲われるのかと思ったら、思い切りプロレスワザをかけられ、目潰し風なことまでされたので、死に物狂いで逃げた。(33歳・公務員)

Image title

二段ベッドのはしごを抱えてトイレに行き、ドアでひっかかり、「入れない~入れない~」と泣いていたらしい。(29歳・IT)

タクシーで爆睡し、目覚めたら焼き鳥を20本も持っていたという衝撃。運転手さんに途中で車を止めてもらい、買ってきたらしい。(32歳・看護師)

高校時代、デートのために徹夜状態でお弁当を仕込み、最後、詰めている最中に猛烈な睡魔に襲われた。結果、立ったまま寝落ちしてお弁当をぶちまけ終了。5時間の作業がすべてパ~に。(26歳・会社員)

イラスト/五月女ケイ子 取材・文/金子優子 協力/千田好美、岡崎邦子(マーケティングジャンクション) 構成/与儀昇平

《こちらも合わせてcheck!》
【1000人聞きました!】枕元にイケメンの写真?!【我流の快眠方法】