連載 VOCE特別インタビュー

【SWAY】背伸びをしていても仕方がない。自分にしかできないことを追求したい

公開日:2021.10.29

VOCE×SWAY

LDH所属のDOBERMAN INFINITYのラッパーであり、Def Jam Recordings所属ソロアーティストでもあり、劇団EXILEのメンバーでもあるSWAY。そんな多方面で活躍するSWAYに、「男“らしさ”」「自分“らしさ”」など、これからの「らしさ」とどう付き合っていくのかを聞いた。

VOCE×SWAY

LDH所属のDOBERMAN INFINITYのラッパーであり、Def Jam Recordings所属ソロアーティストでもあり、劇団EXILEのメンバーでもあるSWAY。そんな多方面で活躍するSWAYに、「男“らしさ”」「自分“らしさ”」など、これからの「らしさ」とどう付き合っていくのかを聞いた。

SHOKICHIに誘われ、HIROさんに俳優を勧められた

――SWAYさんが劇団EXILEやDOBERMAN INFINITYで活躍するようになったのはどんな経緯があったんですか?

SWAY「中学校のときにバスケをやっていて、NBA選手を見てたらそこからHIPHOPを知って。その頃、Dragon Ashもオリコンで1位になったりしていて、HIPHOPに触れることが多くなったんです。それが13歳の頃でした。その頃、ダンスを始めて、16歳でクラブでライブをやるようになって、17のときに一つ年上のEXILEのSHOKICHIに出会いました。SHOKICHIは上京してEXILEになって、僕は19から21歳までカナダのトロントにいたんです。その後、札幌で25歳までアパレル店員しながらクラブでライブしていて、25歳の時にSHOKICHIから電話があって。これから、ソロ活動をやってみようと思うんだけど、そのとき、SWAYともやりたいんだと言ってくれて。それがLDHと契約するきっかけでした」

VOCE×SWAY
ニット¥101200 パンツ¥86900 シューズ¥107800/すべてFENDI(フェンディ ジャパン)

――最初は劇団EXILEとして関わるようになったんですよね?

SWAY「SHOKICHIから電話があったとき、僕自身も上京したいという思いがあって、そこで初めてHIROさんと会って話したとき、ラッパーはたくさん先駆者はいるけれど、当時はまだラップがあまりメインストリームに行ききれていなかったので、ラッパーとして頑張り続ければいい。まずは役者からやってみたらいいじゃん、役者は死ぬまで表現者でいられるしって提案されて、『なんでもやります!』っていうことで、初めて舞台に出て、それをきっかけに劇団EXILEに入りました。先に役者として契約はしたけれど、音楽はずっと中心にありました」

――SHOKICHIさんからの電話は突然だったんですか?

SWAY「SHOKICHIがEXILEになった後も、札幌でイベントをするときなんかも連絡がきていたし、僕がカナダから帰国して東京に何週間か滞在したときもSHOKICHIの家に泊まらせてもらたりしていて、ずっと連絡はとっていたんです」

VOCE×SWAY

次ページ
「HIPHOPに対する思い込みがあった」

Serial Stories

連載・シリーズ