1. 紗栄子流“おいしそう肌”をつくるこだわりは?

2015.09.29

紗栄子流“おいしそう肌”をつくるこだわりは?

「おいしそう」という言葉が、これほど似合う肌にはなかなか出合えない。ふっくらと柔らかそうで、凹凸や毛穴の存在をまったく感じさせないなめらかさを持つ紗栄子さんの肌。それは、スキンケアだけでなく全身のバランスによって成り立っていた。

紗栄子流“おいしそう肌”をつくるこだわりは?
松尾 友妃
VOCEエディター
by 松尾 友妃

キレイな肌 × ナチュラルメイク × 無造作ヘア× オトナアイテムが私の方程式

紗栄子,voce11月号,

私が好きなスタイルは、ちょっとでもアラがあるとそれがすごく目立っちゃうの。

たとえば、髪。
最近は、毛先の色を抜いてその部分にアッシュを入れ、全体的にハイトーンに。外国人の女のコっぽくなって、すごく気に入ってます。
だけどこの良さは、髪が健康であってこそ活きるもの。パサついていると途端にだらしなく見えるから、日頃からメンテは可能な限り頑張る。

今はほんのり日焼けした肌が気分。
だから息子くんたちと一緒に、たくさん日差しを浴びてます。ただ日焼けするとすごく乾燥するので、保湿ケアはしっかり、いつもより頑張ってます。
毎晩お風呂上がりには、パリで見つけたローズオイルを肌がしっかりうるおうまで浸透させます。〝白さ〞にはこだわってないけど、なめらかな〝質感〞は絶対に死守したいから。

自分のことは精一杯褒めてあげようと思ってる

紗栄子,voce11月号,

忙しい日々の中、できないこともたくさん。でもそこで悲観的になるのではなく、ここまでできたね!と、自分を褒めてあげるんです。

ファッションは靴から考えます

紗栄子,voce11月号,

コーディネートの出発地点は靴。お気に入りはディオールやミュウミュウ、プラダ。子どもたちと一緒のときはペタンコだけど、撮影のときは高めヒールでスイッチを入れます。

来週6日(火)に
紗栄子のサプリとボディケアへのこだわりは?おいしそうな「全身美肌」へ
を公開!

撮影:吉田 崇/まきうらオフィス
ヘアメイク:菊地美香子/TRON
スタイリング:宮澤敬子/D-CORD
取材・文:中川知春
構成:松尾友妃

松尾 友妃
松尾 友妃
生来ズボラ気質なうえ、一男一女の子持ちなので美容にかける時間は限られていて、いかに効率よくケアをするかがテーマ。混合肌で、肌悩みは断然毛穴。毛穴を少しでも小さくするスキンケアと、カバーするベースメイクを研究しようと思ってます。趣味は映画と映画音楽。