1. 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 自然と美しい渓流に癒やされる週末旅/DAY1

2015.10.03

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 自然と美しい渓流に癒やされる週末旅/DAY1

日々パソコンやスマホをチェックし、ビルのなかでの打ち合わせ続きだと、ふと緑豊かな自然に癒やされたくなりますよね。青森県、十和田湖から流れ出る奥入瀬(おいらせ)は、そんな人に絶好の癒やしスポット。あふれんばかりの緑と苔、美しい水の流れが織りなす渓流ーー。圧倒的な大自然が人を包み込んでくれる奥入瀬での滞在をレポートします。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル 自然と美しい渓流に癒やされる週末旅/DAY1

東京から東北新幹線で3時間、さらに車で1時間半かけて到着した星野リゾート 奥入瀬渓流ホテルは、十和田八幡平国立公園内 奥入瀬渓流のほとりに建つ唯一のホテル。清らかな水の流れを眼下に望み、東館、西館ふたつの棟からなり、和室洋室を備えた全189室のホテルです。

Image title


自然に面した大きな窓と、岡本太郎作の暖炉がランドマーク

到着すると、岡本太郎作の大暖炉と背景に美しい自然が演出するロビーが出迎えてくれます。ラウンジ「森の神話」は森に面した大きな窓があり、座っているだけで大自然に癒やされるような空間を演出。こちらでは香り高い軽井沢丸山珈琲から取り寄せたコーヒーや青森の自然の恵みを活かした地ビール、サングリア、ワインなどをいただけます。非日常の空間のなか、ほっと落ちけるひとときです。

Image title

Image title


おいしい空気と美しい水の流れ。渓流のそばで食事をいただく贅沢

ひと息ついた後は渓流ぞいのテラスでランチ。渓流の美しい流れと水の音、おいしい空気を感じながら食事ができるなんてこちらだけの贅沢! いただいたサンドウィッチやりんごジュースもとてもおいしく、ところどころに顔を出しているキノコが秋の訪れを感じさせてくれます。

Image title

Image title

↑リンゴのドレッシングなど奥入瀬ならではの食材を使ったメニュー。セットメニューで¥2160〜。(宿泊の方は20%off)

今回は、部屋からも緑が望めるお部屋に宿泊させていただきました。今年全室リノベーションしてキレイになった客室は居心地もよく、ホテルなのに畳が敷かれているおもてなしに心が和みます。

Image title


お風呂は東の湯、西の湯とそれぞれの棟にひとつ、さらに今回は行けなかったのだけどバスで数分のところに八重九重の湯という露天風呂も。どちらのお風呂も配置された岩に、自然のダイナミズムを感じながらゆっくりくつろげます。
秋ならではの楽しみが季節の湯。私がおとずれた日は「リンゴの湯」でした。露天風呂のなかに100コちかくのりんごが浮かんでいて、フレッシュな香りと美肌効果を堪能できます。青森らしい楽しみにウキウキしました。

Image title


夕食はレストラン「紅山」でのビュッフェスタイル。オススメされたのはレストラン自慢のビーフシチュー。サクサクのパイ生地に注ぎ、目の前で盛りつけてくれます。さらに”森のアシェットデセール”という名前がついたデザートの盛り合わせも必見。お米のアイスクリームを盛り合わせたヘルシーな一皿に満足です。

Image title

Image title


五感でりんごを味わえるスパメニュー「りんごづくし」

青森らしいおもてなしの一つがスパ。「りんごづくし」というコースでは、映画にもなった伝説の無農薬りんご「奇跡のリンゴ」から抽出したエキスが配合された化粧品を使ったメニューを楽しめます。りんご2コが入ったフットバスから始まって、ハンドマッサージからの全身オイルマッサージ、最後はリンゴ酢をいただくという、まさに五感すべてでリンゴを感じられる贅沢! 全身ほぐされたところで就寝です。

Image title

Image title

渓流と緑に癒されながら、ゆったりくつろぐ週末でした。
苔さんぽ、苔玉づくりなど自然を楽しむアクティビティは明日4日(日)公開。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル
〒034-0398青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231 電話番号:050-3786-0022
http://www.oirase-keiryuu.jp/